05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-06-27 (Tue)
渓谷沿いの道で 綺麗な真っ赤な実が目にとまった。
高さ1メートルほど。
onisibari1

こんな実を見るとすぐ口に・・の私ですが この葉はちょっと・・ パスしたほうがいいかも・・・・
と自己判断。
名前も知らないうちから毒っぽい雰囲気がして。。。
onisibari2

うすっぺらなとても柔らかい手触りのいい葉です。
onisibari3

調べてみると”オニシバリ”。
こちらではまあまあ普通に見かける樹木のようです。
”オニシバリ”の名は 樹皮が丈夫で鬼でも縛れるくらい?とのことで「鬼縛り」(オニシバリ)とつけられたそうですが凄いネーミングですね。
そういえば小枝を少し折り曲げようとすると サクッといかずクネッとして折れなかったっけ。
onisibari4

onisibari5

まるで”グミ”の実を思わせるような楕円形で美味しそうな果実ですが 調べてみるとかなりの有毒とあり胸を撫で下ろしました(笑)。

又 夏に落葉するので、 ナツボウズ(夏坊主)ともいわれています。
onisibari6

   ■オニシバリ■ ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属
      別名 ナツボウズ(夏坊主)

     • 樹高 1~1.5mの落葉小低木 
     • 花 期  2~4月
     ・ 分布  福島県以西、九州  
   
| 樹木 | COM(2) | | TB(-) |
2017-06-24 (Sat)
ブログ休眠中に 新しくマイフィールドになりつつ場所。
四季折々散策して3年目。
今年になってやっと存在に気がつきました。

道沿いの片側を大きい岩盤が続いていてそんな場所に地面から1m高さのところ。

いわば一番目に届きそうな位置なのに何故気づかなかったんだろう。

この小さな黄緑っぽい花がなければうっかりスルーするところ。
ちょうどタイミングよく少し風が吹いてくれて・・チラリ・・目に入ったのでした。

”アオホオズキ”
aohoozuki1
aohoozuki2

以前出会ったイガホオズキにも似ているけれど、花がちがう・・。

それに すでに果実もぶら下がっていたり。。。

aohoozuki3

葉に細かい短毛。
aohoozuki4

葉は長楕円形。長さ10cm前後。

先端に向かっていくに従って細くとがっています。

aohoozuki5

aohoozuki6

この果実おもしろい形をしています。
釣鐘型の花だとこうなるのかしら???
aohoozuki7
大きさ1,2~1,3mmほどだったかな。
表面にかすかに細い毛が見られるけれどイガホオズキのようなトゲトゲしたものは見られない。
ほとんどが2個ずつぶら下がっています。
これからどんなふうに種子になっていくのかしばらく経過を楽しみに観察しようと思っています。

アオホオズキは全国的にもごくまれにしか見られないとのこと。
近畿地方でも個体数は多くはないそう・・
ここでも5~6株ほどしか確認できませんでした。
そんな希少なものに出会えて良かった!!!

■アオホオズキ■ ナス科 イガホオズキ属   

 ・草丈30~60cmの多年草。  

 ・環境 山地のやや湿り気のある林  

 ・花期  6~7月  

 ・分布  (温帯)本州、四国


| flower | COM(2) | | TB(-) |
2017-06-20 (Tue)
かれこれ一年半ぶりのエントリーになります。

林の中で”コクラン”の花が見られるこの季節。これは普通のコクラン。
kurozikukokuran1

ところが3年前、たまたま通りかけた谷間の道沿い。
ん???なんか違って見えたコクランの様子。
毎年確認していますが今年もやっぱり”黒軸”。
そんなに増えることもなさそう・・10株ほど・・パラパラと立っている。
kurozikukokuran3

ミヤマウズラもそばにあったりします。
kurozikukokuran2

”黒”というより、花と同色といったほうがいいかもしれない。
kurozikukokuran4

手持ちの図鑑にはなかったのでネット検索すると”黒軸コクラン”というネーミングが見つかりました。
kurozikukokuran5

この谷間 特にこの周辺は 谷川にシカがいたり、道沿いを小さなイノシシが駆け回ったり・・
そんなこんなでこのコクランたちの生える斜面も足跡が沢山。
動物たちの通り道となっている。
なんとか絶えてしまわないようにと祈るばかりです。
kurozikukokuran6


kurozikukokuran7

■コクラン(黒軸)■ラン科 クモキリソウ属

・草丈15~30cmの多年草。
・花は 通常暗紫紅色ですがこれは茎も暗紫紅色(クロジクコクランと呼ぶそうです)
・分布  茨城県以南~九州 
•花期   6~7月




| flower | COM(2) | | TB(-) |
2016-01-15 (Fri)
里山を歩くと どこからともく綿毛が舞い降りてきたり、落下しているのをよく見かけるこの頃。
ふと見上げると テイカカズラにイヌビワ?と思えるような丸い果実がぶらんこしています。
teikakazuram1

もう少し接近して見ると・・・こんな感じ。
色が色だけに テイカカズラだと知らなければ、なんだろう・・この実は?と悩んでしまう方もいるかもしれません。
このコブが”テイカカズラミサキフクレフシ”と呼ぶのだそうです。
teikakazuram2

ちゃんと結実して細長いサヤから 綿毛になったのもあるけれど、今年はやたら虫の侵入にあったものが目立ちます。
teikakazuram3

通常ならサヤは逆さV字形になるはずですが・・
teikakazuram4

一体 内部はどうなっているのだろうとドキドキしながら2分割。
こんな時いつも どう切れば中を傷つけないように切れるのか ・・とためらってしまう・・
けっこう固くてリンゴを切る固さ。
(「・・)ン?なにもないじゃない・・とじっと見ると、左下のところに黄緑色した丸いものがひとつ。
黒く点在しているのは 幼虫部屋だとか・・
teikakazuram5

さらに4分割・・・......え~~\( ><)~~。
さっき見えた黄緑色が もぞもぞ動きながら 伸び始めます・・(汗・・・)
ちょっと可愛そうなことしてしまったかな・・
これが テイカカズラミタマバエという幼虫なんだそうです。
teikakazuram6
| | COM(4) | | TB(-) |
2016-01-12 (Tue)
新年・・といえども もう12日も過ぎていました。

皆様 今年も”野の花ひとりごと”よろしくお願い申し上げます。

fuukei1

この1月2日 実父が89歳で他界しました。
2年前に自宅で脳出血。
その後は会話もでき、リハビリに頑張っていた時期もあったのですが、12月頃から少しずつ衰弱。
元旦 父に”あけましておめでとう・・お正月やで・・”と耳もとでささやいたその一瞬 目を開けてくれた・・それが最後でした。
そんなこんなで 12月~今年へと 慌しく時が過ぎていきました。
kareha

真面目で まっすぐで 厳しくて、頑固で、、娘の私は小さいころから怖くてちゃんと話もできなかったけど、何かあればすぐ飛んできてくれた父。
俳句、カラオケ、車の運転、大好き。

元気でいてくれた時は それが当たりまえだったのに・・
今 思い出せばひとつひとつが愛おしい。
suzuku

家族葬で そして”ゆうやけこやけ”の歌で送ってほしいと生前からの本人の希望でしたのでそのようにして送ってあげました。
居なくなって思うこと。。皆さんも同じかもしれませんが・・
もっと話をしたかった・・
話せなかったぶん 手紙を添えて入れましたが、最後に笑顔を見たかったな・・

毎日 この町の夕暮れ5時に流れる”ゆうやけこやけ”
亡き父に手を合わせ偲んでいます。
yuuyake

新年早々 しょっぱなからこんなエントリーになってしまい申し訳ありません。
花の少ない時期ですが 気持ちが落ち着いたら 又 野に出て散策も開始しようと思っています。
今年も皆様との交流を楽しんでいきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。
| その他 | COM(4) | | TB(-) |