06≪ 2018/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2017-10-25 (Wed)
21日、22日の2日間で900mm近くの雨量が観測されたわが町。
市内多くのお宅が浸水にあいました。
幸い我が家は  8cmのところでギリギリセーフ。

あと20~30分雨が降り続けば 浸るところでした。 
暗くて 見辛いかもしれませんが画像は 夜11時過ぎ 我が家の玄関から撮影した道路。
お向かいの玄関口まで水がきています。道は満タン川状態。
川の水位は 10時50分ごろには落ち着いたようですが水はすぐにはひいてはくれません。 
21日

最終的に我が家の庭も河原となっていました。
どこからか土の入ったプランターやタイヤまで浮いていて。
酒屋さんがリフトで使う大きなパレット、マンホールの蓋などなど・・
朝になって庭を見てびっくりしました。

熊野川という大きな川が危険な状態になり、その後 それが市を流れる川に逆流。
危険水域を越えています・・直ちに避難を・・と自治体の放送が頻繁に流れます。
マイクのすぐそばにある我が家でも そんな呼びかけは あれほど強い雨の音ではしっかり聞き取れません。
ケータイに入るエリアお知らせメールと、ネットで見る雨雲レーダー。
レーダーで見ればあと2時間ほどでおさまると判断したものの雨は止まず 水かさが増えていくばかり・・
怖かったです・・
我が家は後ろ 1mの所に どぶ川があり そちらも満タン溢れかえっていました。

こんなアタフタしているさなか夫は ボクシング観戦・・
”だいじょうぶや・・”と寝転がってる・・(`ヘ´) ありえん・・
とりあえず1階のものを2階へ運びつつ、外の様子を見つつ・・
トイレは 流れず逆流、、パニック状態。
床下浸水は過去に経験しその大変さを身をもってわかっているだけに そうあってはならない、と降り続く雨に祈るばかり。
これほど時間の経過が遅く感じたことはありませんでした。
なにはともあれ 庭までの水でほっとしています。

きのう久しぶりの太陽の下 町のあちこちで家じゅうのタタミや家具を干しているのが目に付きました。
皆さん眠れない夜をすごし疲労困惑の表情で片付けに追われている様子・・

そして道沿いの”災害ゴミ収集場”と書かれたところには溢れんばかりの家財の山。
今日 午前中通りかけたところの 災害ゴミ置き場。
gomi1

そして夕方・・結構増えています。
が・・ここでパトカーが一台止まっていました。
”ゴミ”は””ゴミ”でもあきらかに便乗ゴミ出しする人もいるらしい・・
何故、こんな時にそういった心理が働くのでしょうね・・情けない話です。
gomi2

そして新たに発生した 次の台風・・
進路通りなら 又心配しないといけないのだろうか・・( ̄ー ̄;

それでも全国の被害状況から比べると この状況は まだいいほうだったのかもしれませんね・・
自然災害だから どうしようもありませんが・・いつもいつも雨に脅かされるのは辛いものです。

土砂災害などで 道路状況も悪く 花散策もしばらくは思うようにはいかないかと思います。
少しずつもとの環境に戻り次第また 野草を語っていこうと思います。
いろいろとご心配して下さった皆様 本当にありがとうございます。
スポンサーサイト
| その他 | COM(2) | | TB(-) |
2017-08-16 (Wed)
みなさんは ご家庭や戸外で どんな虫避け使ってますか。

散策を始めたころは スプレータイプでしたが、かさばることや汗で流れてしまうのか少し時間が経つとあまり効き目がなかった。
それに何度も噴きなおしているとスプレー缶1本はすぐなくなってしまう。

その後 ジェルやクリームを試してみましたら スプレータイプよりはガードできる時間が長いように思いましたがベタベタ感が・・・残る( ̄  ̄;) 。

最近までは知人のオススメで”ムヒ ムシペール”
手ごろな大きさで そこそこガード力もあったので今現在も愛用。
「ムヒ ムシペールα 60ml」は、虫よけ成分ディートが12%配合。ノンガススプレータイプ。

ですが・・・ 新聞やTVで 最近 これが良いと紹介されています。
 早速買ってきました(笑)
というのも 自宅は 庭全体が地面に囲まれ、おまけに裏が幅広いドブ川、そのせいで半端じゃないくらい蚊が多い。
ガードしてなければ洗濯物干す間に10箇所はさされる始末。
人が来ても ドアを開けて話すなんてもってのほか・・・・
ムシペールもよく効きますが ひと夏に3本、4本必要。
それとは別に散策用に2個・・
ならば 濃度が濃いのであれば 何個も買わなくてすむのではないかと・・
ドラッグストアで798円。
musiyoke1

”ディート”の数字が多いほうが効果ありのようです。
musiyoke2

早速 今日 暗い林の中、湿っぽい蚊がブンブンいるような場所へ行くのに 顔と手足これつけて朝から5時間ほどいましたが、蚊が近寄ってこない。
やや濃密な液体なので  肌に適度にのびてくれるので少しですむ。
いつも体にはつけても 顔までつけるのは抵抗があって・・・顔の回りに集中して蚊がぶんぶん。
野草にカメラむけてる時だと集中できずにストレスたまるんですよね。
買って正解でしたv(・_・)
でもくれぐれも12歳以下のお子様には使用しないように・・。



今日 古道を歩いていた外国人さんカップルを見かけました。
往復4kmほどの道のりですが 害虫の多いこの季節にそれはないエエェェェq(・д・`)pェェェエエ

海外から歩きに来られる方々を 古道でよく見かけますが 日よけも虫除けもぜんぜんしてなさそう・・・
スカート+ランニングシャツ+ビーチサンダルで7~8kmコースを歩く方もいます。
真冬でも 半袖に短パン、・・なんで平気なんだろう???
そこにきて 水着で古道は仰天。
マダニやマムシ、ムカデ、ハチ、ヤブ蚊・・・海外の方は刺されないってことないよね?
いつか聞いてみたいとは思うのですが日本語しかしゃべれないから・・(´m`)
それとも もうすでに強力なものを使っているのでしょうか。
日本ではやっとディートの高いものが出たところですが、海外では早くから認可されていたそうですし。

cuple
| その他 | COM(2) | | TB(-) |
2017-08-16 (Wed)
11日息子ファミリーがお盆休みでやってきました。
今回は生後9ヶ月になる♂のポメパピ(かみそう・・・笑)もケージまるごと来場。
名前は クークー泣くので”クーちゃん”
ポメラニアン+パピヨンのミックスでポメパピ♡ でも言いにくいので”ポメヨン”
マゴッチたちが海や花火に出かけた間は散歩にも出ましたよ~。
ポメヨンはおとなしく無駄吠えひとつせず、人懐っこい性格なんですね。
ネコのtoraが亡くなり、その後飼ったヨモも行方不明になって動物に縁遠くなっていた我が家。
とっても癒されました。
kuu

これはマッゴッチ2からの お菓子のお土産。
こちらに来る前日にママと手作りしたというチーズベースのプチケーキ。
ママは保育士だから 何かと親子で楽しめることを仕向けるのが得意♡
ただただ関心させられます。とっても有難いことです。
cake

♥♡大きくなりました♡♥
8月生まれの二人は 長女が8歳、次女が5歳。
近所にある 機関車の公園で。
mago1
mago2
| その他 | COM(4) | | TB(-) |
2016-01-12 (Tue)
新年・・といえども もう12日も過ぎていました。

皆様 今年も”野の花ひとりごと”よろしくお願い申し上げます。

fuukei1

この1月2日 実父が89歳で他界しました。
2年前に自宅で脳出血。
その後は会話もでき、リハビリに頑張っていた時期もあったのですが、12月頃から少しずつ衰弱。
元旦 父に”あけましておめでとう・・お正月やで・・”と耳もとでささやいたその一瞬 目を開けてくれた・・それが最後でした。
そんなこんなで 12月~今年へと 慌しく時が過ぎていきました。
kareha

真面目で まっすぐで 厳しくて、頑固で、、娘の私は小さいころから怖くてちゃんと話もできなかったけど、何かあればすぐ飛んできてくれた父。
俳句、カラオケ、車の運転、大好き。

元気でいてくれた時は それが当たりまえだったのに・・
今 思い出せばひとつひとつが愛おしい。
suzuku

家族葬で そして”ゆうやけこやけ”の歌で送ってほしいと生前からの本人の希望でしたのでそのようにして送ってあげました。
居なくなって思うこと。。皆さんも同じかもしれませんが・・
もっと話をしたかった・・
話せなかったぶん 手紙を添えて入れましたが、最後に笑顔を見たかったな・・

毎日 この町の夕暮れ5時に流れる”ゆうやけこやけ”
亡き父に手を合わせ偲んでいます。
yuuyake

新年早々 しょっぱなからこんなエントリーになってしまい申し訳ありません。
花の少ない時期ですが 気持ちが落ち着いたら 又 野に出て散策も開始しようと思っています。
今年も皆様との交流を楽しんでいきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。
| その他 | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-24 (Thu)
12月に入ってから雨がよく降ること。
その雨で寒さも連れてくるかと思えば そう寒くなる訳でもなく、今年はなんとなく年末という感じがしない。

とはいえ、今日はクリスマス・イヴですね。

                  mxr

merikuri

皆さんも植物散策以外に いろんな趣味を持たれていると思いますが・・
私はこの時期 趣味のひとつであるハンドメイドのために海岸に出て散策も兼ねながら 恒例の流木探しをしていました。
↑このようなレース編みしたツリーの支柱に流木がどうしても必要。

大きな台風が来れば大量に打ち上げられるのですが今年は期待するほどの台風もなく(幸か不幸か・苦笑) 
浜辺であれもこれもと探しているうちに、いつのまにか夕暮れ・・冷たい風・・
kaigan

なんとか 今年もまとまった数の製作を終えました┐(´д`)┌
がしかし  暖冬のためか 入りが良くない・・・(*≧m≦*)
ひとつひとつ 一応作風を決めて 装飾していくのですが、ハンドメイドは時間ばかりを費やししんどいものですね(笑)
treec

日が沈む 海辺の道沿い・・
どこからともなく大きな綿毛がふわり・・。

見上げれば早くも シタキソウの果実が開いています。 今年は少し早いかな・・・・
sitakisou2

今 見かける綿毛たち。
しばしの疲れも 気持ちが和み 癒されます。

(ツワブキ)
tsuwabukim

(ボタンヅル)
kobotanndurum

(テイカカズラ)サヤのまま落下したのでしょうね。。
teikakazuram

(オニタビラコ)
onitabirako

| その他 | COM(4) | | TB(-) |
2015-11-12 (Thu)
山地の谷川に沿う道路を歩いていたら 視線外で何かが 跳んだ!ε=ε=ε=┳( ゜з゜)
そのあと もう一度道路わきの 溝へ飛びこむ物体に 慌ててシャッターきりました((o(*^^*)o))・・
hikigaeru1

しばらく待っても現われないので 駆け寄って 溝を覗き込むと~(▽o▽)ギョ・・でかい”カエル”。
hikigaeru2

大きさは20cmぐらい。
hikigaeru3

どこへ行くのだろうとジ~ (・_・|っと見てたのになかなか動こうとしない・・
このあたりは 標高400~500m 。この日は風も冷たく午前中・・なんと眠たそうな目・・
カエルは夜行性だし夜間の活動帰りの途中 日差しを求めていたのかしら?。

(♂♀どっち?)前肢が後肢よりも太いのはオス、細い場合はメス。
hikigaeru4

ジャンプ!ジャンプ!って言っても そのまんま(◆`゜∀´)q

(♂♀どっち?)イボが少ないのはオス、多いのはメス。
hikigaeru5

そしたらいきなり カエルの眼球が動いたのです~こっちみたの・・
始めに見た時は細目だったのに・・、
視線があってしまいました。(◎_◎;) ドキッ!!
”おはよう!!”笑

(♂♀どっち?)メスの鼻先はのびずに真っ直ぐ頬に直角に落ちるので丸く見える。
hikigaeru6

いつもの野草もこんなにリアルに撮影できるといいんですが((;´▽`A``
欲を言えば 正面から撮影したかったあ~
アマガエルなら 手のひらで遊ばせられるけどこれは ちょっといくら私でも(苦笑)
ホント o(゚Д゚)っ ムーリ!

(♂♀どっち?)オスは両手3本の指に黒っぽいタコがある?
(♂♀どっち?)メスの口は大きく裂けて耳の後ろまである?
hikigaeru7
* 目の後の方に円形で凹部分が鼓膜。 その鼓膜の上、黒線と白線が平行して隆起したあたりに耳腺があって毒液を分泌するそうです。
ほとんどのものは切り抜けられるヒキガエルですが、 ヤマカガシだけが 唯一の天敵なんだそうですよ。

さて オス?メス?どっちなんでしょう。
比較するものがなく 判断に困るのは野草でも常。一緒ですね~笑
でも 花調べのように長く画像を見ていられません・・。

散策中 いろいろな 生き物に出会いますが、、
この”ヒキガエル”についても 子どもの頃に見たものと同じものかどうか、はっきりしたく検索しかけたのですが、爬虫類に食べられてしまう画像とか沢山出てきて チキン肌になり・・(((n;‘Д‘))η 親しくしているお友達にお願いしてご教示していただきました。

ヒキガエル・・正式名は ニホンヒキガエルというそうで・・
こちらでは 通称 ”ゴトビキ”と呼ばれ小さい頃 見たものはこれでした。

子どもの頃のこと。
私の家は お母屋から10mぐらい向かいに手洗いがありました。
菜種梅雨~梅雨にかけての雨の続く夜。
カサをさして手洗いまでいこうと入り口の戸をあけると これがすわっている・・
子供心に とっても怖かった・・((´д`)) ブルブル…足に飛びかかってくるんじゃないかって(苦笑)
何度も振り返り振り返り手洗いまでいったことを思い出します。
手洗いからでてきて 周囲を見回すと 植木鉢の横とかにも座ってて、その時期は毎晩のように2~3匹・・
又庭の土間にも見た記憶もあります。
親に言うと、”ゴトビキぐらい おとなしいものはないよ・どこが怖いんや”って「(+。+)
”ゴトビキ”この名前はこちらだけの呼び名なのでしょうか・・
皆さんの地域では 違ったネーミングで呼ばれていたりするのでしょうか?

    ■ニホンヒキガエル■ ヒキガエル科
    (別名)ガマガエル、ガマ、シロクノガマ

     森林や民家に生息する陸生のカエル。
      分布   近畿以西~ 
( ニホンヒキガエルが西日本なのに対し、 アズマヒキガエルは東日本に分布。)
| その他 | COM(0) | | TB(-) |
2010-12-18 (Sat)
   先日までの”春”の暖かさは どこへやら!いきなり寒波(((p(>◇<)q)))
        とまどいながら 半袖から長袖に・・上着を羽織り、手袋はめる・・
   急な寒さはキツイけど、夏の暑さに比べれば寒いのは割と平気( *´∀`)ノ 
    こちら 寒いといっても、積雪などまずないのでまだまだ暖かいほうです。

             さて、この時期になると”柚子”
       とにかく”柚子”と名のつくものは全て好き(笑)
             
  今年も去年同様 高知県の公文農園様に『わけあり柚子』を注文しました( *´∀`)ノ
わけあり・・とは言え本当に立派な柚子で自宅用ならば上等すぎるほどの品。
今年は裏作で/限定販売との情報を見て 無理かな・・と思案しながら問い合わせすると、早速こころよく届けて
下さってε-(´▽`) ホッ。
いつもながらに 太陽の恵みをいっぱい受けて育てられたと見てとれる元気な柚子たち。
大きいの小さいの・・気にならない程度のキズ・・箱をあけるのが楽しい(^m^ )
            むしろ、その個々の表情にほっこりさせられる。
yuzu1 

   大きいもので直径9~10cmもあるけど、中身はだいじょうぶ?!の心配は一切御無用(*⌒―⌒*)
      この通り どれをとっても しっかり果肉が詰まってジューシー。
      二つに切った瞬間 ワーッ・・立派や~と声がでます(笑)
yuzu2 

去年は 全部”ゆず茶”にしましたが、今年はこの5kgを、余すことなくいろいろ楽しんでみようと
                 まず ”ジャム”に。
     甘すぎるのは苦手、少しゆるゆるが好きなのであっさり炊きあげました。
               コトコト1時間少しで出来上がり。
yuzuzyamu 

      そして柚子に同包されていた公文農園さんレシピより『ゆずポン酢』
              美味しそうだったので早速実践 ̄∀ ̄*

              おろしタマネギ----50グラム
              ゆず絞り汁-----100~150cc
              柚子皮------適宜
              しょうゆ-------150cc
              酢------80cc
              みりん----80cc
              
        これらをブレンドして柚子の皮をすりおろして出来あがり!
        作ってすぐよりも、2~3日置いたほうがまろやか。
               (その時は 要冷蔵)

              アツアツの湯豆腐にばっちりあいました。
yuzuponzu1 

            そして焼きギョウザにもかけて(llllll´▽)ノ
           新鮮な柚子果汁が生きて リッチな味わい! 
yuzuponzu2 

               そして ”柚子ダイコン”
    大根1本を薄くスライス・・チャックシール付きのビニール袋を使えば簡単。
          すべてを 全部袋にポイポイ(笑)
 
       柚子は絞ったあと、皮を細く切っていれます。
        あとは、シャカシャカよく振ってそのまま冷蔵庫へ。 

                大根・・・1本
                砂糖・・・120~200g(我が家は120g)
                塩・・・40g
                酢・・・45cc
                柚子・・・1個
                タカノツメ
yuzudaikon2 

      4時間ほどで食べられますが、半日おいたほうが 馴染んで美味しいです。
            ご飯のおともに・・というより おやつ代わりについついv^^
yuzudaikon1 

          いろいろ作るうちに出た切れ端は 流しのネットに詰めて
                        ”柚子湯”
yuzuburo 

             そして 取り出した柚子の種。
       去年 お友達から伝授した”柚子ローション”(笑)
               これも 至って簡単。
アルコールぜんぜんダメな私ですが、この時ばかりは颯爽と焼酎を買いに,,,,,,,,,,θヘ(* - -)ノ

             25度ぐらいのものが良いそうですよ。
     小さな焼酎の容器に1/3ほどの種を入れて 焼酎を注ぐだけ。
         今年は グリセリンも少し加えてみました。
        3週間ほど 放置で使えます。(保存は冷蔵庫で)
種の ヌルッ!の製油成分が焼酎に溶け出して、老若男女問わず 冬のお肌の乾燥にうってつけ。

一年間 洗顔のあとに化粧水として愛用してきましたが顔がツルツルしてきます。
高価なものはいくらでも出回っているけれど、添加物なし・・安心、安全に使えて安上がり。
                  
yuzurothion
 
    もうすぐ冬至ですがひと足早く 柚子を存分満喫している我が家です。
             みなさんも、是非 試してみてね。
| その他 | COM(2) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。