09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-09-08 (Tue)
お元気ですか~(^O^)/
わたしは 元気です。
ここしばらくいろんな事で忙しくしていて、気になりながらなかなかブログ更新、皆様のところへお散歩・・できずにいます<(_"_)>
たびたび訪問して下さっている皆様ご心配おかけしてごめんなさい。
今月いっぱいは、ちょっとバタバタしそうです。



そんな日々、私がいつもお世話になっている植物先生から
”ミズアオイが咲いたから見においで!”とお電話をいただきました。

このミズアオイは先生が春頃、岡山県の先生が種撒きして発芽させた苗を送っていただいたもの。
で・・本当は私が植えることになっていたのですが・・(苦笑)
以前”ヒシ”を枯らせてしまったこともあってパス~。

岡山県でミズアオイと言えば『絶滅』。
ところがあるところにはあったんですね。見つけるなんて(〃・∇・)oすごい。
何しろ、和歌山県でも『情報不足』になっています。
昔は、こちらにも沢山あったとのことですが、このごろは農薬で汚染され見かける事もなくなったとのこと。

とりあえず、夕方だったけど・・イソゲ~~~~スタタタタタッ(((((((((((_´Д`)
勇んで行ったけど ミズアオイは一日花なので当然しぼんでいます。
mizuaoi10

翌日、朝からもう一度先生宅へ。
咲いてる・・咲いてる・・ヽ(・_^)ゝ・
朝の光を浴びた花の色の鮮やかなこと♪
草丈40~50cm。想像していたより大きかった・・(^w^)
同属の”コナギ”を大きくした感じもしないでもない・・
mizuaoi1

5~6cmほどの苗をプランターに放置してあった土に植え、水は自然に溜まった雨水だといいます。
そんな溜め水の環境でも、立派に育つものなんですね。
ホテイアオイに見る浮き袋がなく、茎はツルン。
mizuaoi2

ハート型の葉。古くは食用にしたそうな。
mizuaoi4

太陽に透かして撮ってみました。
葉の位置よりはるかに上に飛び出した青紫色の花は よく目立ちます。
mizuaoi9
mizuaoi7

花は3cm前後。
mizuaoi8

葯の先に穴があいてる・・
黒も黄色もオシベ。
特別大きい黒いオシベが印象的。
向って右に1本白く出ているのがメシベ。
mizuaoi6

■ミズアオイ■ミズアオイ科ミズアオイ属
(古名)ナギ

分布 日本全土
池、沼、放置水田などに生える一年草。
花期 9~10月
| 水生植物 | COM(10) | | TB(0) | |
2008-09-28 (Sun)
いつも植物のことで厳しく指導して下さる先生。
時々、私に操作辞令を出してくれます(汗・・)
”ミズマツバを探しなさい辞令”が出されたのは1年前・・(苦笑)
どんな所にあるの?どんなもの(?_?)
いつもノーヒントですから せっせとネット情報を集め、ずっと探していたのです・・
今年こそ見つけてやるぞ~・・という一心でルーペを持ち田んぼの畦道に座りこんだところ・・
これかな?と思うもの発見♪
mizumatsuba1

草の根分けてでも・・という言葉がありますが・・
全く状況はそんな感じ。
30度という太陽の下で 滝のような汗をかきながら探すわけですから・・大変。
田んぼとかその周囲というのは、歩いて上から見るより座りこむと、いろんなものが見えてくるものですね。
が・・しかし小さい事・・高さ4~5cm。
葉は幅1~2mmで長さ5~6mm。
mizumatsuba2

(右に写っているのがヒロハスズメノトウガラシ)
比較すると大きさが伝わりやすいですね~
何がなんだかわからないけど、ぷつぷつ1mmぐらいのムカゴのようなものが、ついていた・・
mizumatsuba3

プツプツしたものは 下部は黒くなっているから・・きっと果実?!
(゚◇゚)あ…・・上部のあれが花だったのかな???
白っぽいのでガクなんでしょうね。
mizumatsuba4

私のカメラではここまでが限度・・(苦笑)
3~4枚の輪生した葉を 松の葉に例え”ミズマツバ”の名がついたようですが
私が名付けるなら ♪ミリマツバ(^w^)
mizumatsuba5

こんな画像でエントリーするのは、辛いけど、とりあえずクリアしたよ。
┐(´∀`)┌
農薬が多い場所には生えない希少なミズマツバ。
年々減少しているのだそうですが、こちらではまだ健在のようです。

■ミズマツバ〈水松葉〉■ミソハギ科キカシグサ属
(和歌山県準絶滅危惧)

分布 本州(中部以南)、四国、九州
水田や畦、湿地に生える1年草
草丈 3~10cm
花期 8~10月



そして・・ぜんぜん違う場所で・・
ハシカグサやツユクサ、オオチドメ?などが群がる畑のそばの湿めった場所で・・
mizuyukinosita1

ムシロのように這って広がるので高さは10cm内外・・
葉の縁が赤い。
mizuyukinosita2

1本引っ張り出して見ると・・こんな感じで節から根をおろしている・・
mizuyukinosita6

歩いていて おや・・?と足を止めたのはこの黄色があったから・・(*´∀`)アハハ
ミズマツバをさんざん写したあとだったので、それに比べりゃ大きく見えるんですよね・・
それでも2mmほどだけど(苦笑)。
mizuyukinosita3

これはツボミ?果実?
mizuyukinosita5

そして・・”花”・・緑色しています。。。
花弁のない地味な花が葉の腋にひとつ咲きます。
雄しべが4本、雌しべ1本。
真っ赤な茎が印象的。
mizuyukinosita4

最初に花?と思い見つけた"黄色”は萼片だったのですね・・


ミズユキノシタ=葉が互生
アメリカミズユキノシタ=葉が対生(要注意外来生物)

■ミズユキノシタ■アカバナ科チョウジタデ属

分布 本州~九州
湿地に生える多年草
花期 7~10月

| 水生植物 | COM(6) | | TB(0) | |
2008-09-23 (Tue)
久しぶり里に帰ってきました・・
小さな頃からの懐かしい場所。
この奥に ため池があり、その淵でグミの実を採ったりヤマバトを追ったりして遊んだものですが・・苦笑
今ここに立ち、よく一人で怖くなかったものか?と小さな自分に問いかけてみるのです・・(笑)
時計なんか持っていない・・ただ日が暮れるまで遊んでいられたから不思議(^w^)
あの当時の解放感って 今も蘇ってくるもんですね。

7月に来た時はハンゲショウで白く彩られていたけど・・
そんな花が咲いていた事などぜんぜん記憶にないのですよね・・
hangesyou

そして今は ヒガンバナの赤が秋を教えてくれています。
ここ 風景画として最高なのでは???
懐かしい場所ではあるのに、その美しさに妙に感激してしまいました。
sitti

雨あがりの 湿地散策は大変(苦笑)
カメラも固定しようがないし、植物は小さいものや細長いものばかりだし・・
肝心の足はふらふら・・
皆さんは どんな工夫されてますか?

水に半分浸かって”キクモ”が群生していました。
地下茎が泥の中を這って根を張り 茎の先が水の上に出て広がっています。
kikumo1

(左上・・・ヒロハイヌノヒゲ)←ホシクサに似ているけれど葉が広い。
(*゚◇゚)ギョッ!!
そんなものはさておき((笑))偶然ですが 水面の光をキャッチ~~(⌒~⌒)ニンマリ。
単なる自己満足(苦笑)
kikumo2

4~8枚で輪生する葉。
菊のような形をしているのが名前の由来。
水中葉は細く裂けているけれど 水上の葉は幅広く裂けているんだそうです。
kikumo5

去年は蕾しか見れなかったので・・
kikumo3

ありました★~
前につんのめりそうな、尻モチつきそうな・・そんな姿勢でパチリ。(滝汗・・ダラダラ・・)
葉の腋から 淡い紅紫色の花がひとつ♪
2~3mmあるかな?の花でした。
kikumo4

■キクモ(菊藻)■ゴマノハグサ科シソクサ属

分布 本州(宮城県以南)~沖縄
水田や浅い池、湿地などに見られる多年草
草丈 15~30cm
花期 8~10月
| 水生植物 | COM(8) | | TB(0) | |
2008-09-19 (Fri)
台風の影響で今日は朝から雨・・
雨も結構降って 雷もゴロゴロピカピカ★~
散策にも出れないのでこんな日は自宅散策を・・

いつも植物の事でお世話になっている方から 沼地観察のお土産に・・といただきました『ヒシ』
どんなふうに育てていいのかわからず、とりあえず、田んぼの土を少し入れて浮かしていたら花が咲き始めました。
hisi1

可愛い花ですが、次の日咲かないと思ったら1日花です (_"_;)。。。
hisi2

直径1cmの白い花で花弁4枚、雄しべは4本に雌しべ1本。
hisi4

ギザギザでひし形の光沢ある葉・・
これだけ浮かしてでも充分綺麗な感じ。
hisi3

そして何気に裏を返して・・オオー!!w(゚o゚=)wこれは何???驚いた!!
hisi6

........廿TT~......廿TT~...........廿TT~..........・・モウモウ~ツノが二つあって牛に見える。
これ 花のあとに出来た”ヒシの実”で食用になるんですって。
一体どんなふうに調理してどんな味がするのでしょう。
hisi7

まん中のはなんだろう???
hisi8

浮き袋の役目(ふくらんだ部分に空気を溜めるので、水に浮くことができるようになっている。。)
hisi9

土に生えるものしか育てた事がないので(苦笑)うまく育てられるかな・・
頑張って来年はもっと株を増やして、花も沢山咲かせられればいいな♪
それには 池でも作らないと。。(^w^)

■ヒシ■ヒシ科ヒシ属

分布 日本全土
池沼に見られる1年草浮葉植物
花期 7~10月
| 水生植物 | COM(4) | | TB(0) | |