05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2011-01-29 (Sat)

今シーズンお初!

やっとジョウビタキのオス発見。 

どこでも飛んでいたのかもしれないけれど、キャッチできなかったのかもしれません。 

黒とオレンジのツートンだからよく目立ちますね。

10m離れた所からなのでこれぐらい(笑)

zyoubitakiosu1

さらに近づこうとしたら 別の杭に・・

息を止めて 再び、抜き足・差し足・しのび足・・

1歩でも近づかなければと必死です。

5mほどのところまで来たと思ったのに・・またもや・・カメラの中から消える~~

zyoubitakiosu2 

畑の杭のあちこちに移動するので位置を確認してカメラを向けるうちに逃げられてしまったり・・

やっぱりオスのほうが何倍もすばしこい。

やっとの思いで3mまで近づけましたが(苦笑)後ろ向き・・・

zyoubitakiosu3 

・・お願いだから こっち向いて・・って心の中で何度唱えたことでしょう・・

なるべくなら真正面から撮りたいものね。

・・願いはかなうか????横((^m^ )

zyoubitakiosu4

次こそ、こっち向いてくれると思ったのに甘かった・・・

ヽ(__ __|||)…横向きじゃないの~~~

 zyoubitakiosu5

これでいい???(〃бーб) と聞いてでもくれたかのような?表情。

メスは1mぐらいでも平気ですがオスは3mが限度かな(汗)

 zyoubitakiosu6

再度(メス)
いつもここに行けば不思議と必ず居てくれる・・y(^ー^)yヒ

zyoubitakimesu4

優しい眼差し・・癒される瞬間。
 zyoubitakimesu5 zyoubitakimesu6

| 鳥類 | COM(2) | | TB(0) | |
2011-01-21 (Fri)
笹藪のメジロを写そうと思ってミカンで呼び寄せたいたところ・・
そこに現われた見慣れない ハデハデな鳥。 
こんな綺麗な鳥 はじめて~ 

名前すらわからず、調べてびっくり。
綺麗だけで喜んではいけないツワモノ((^m^ )
特定外来生物に指定され日本の侵略的外来種ワースト100にもなっているそうな・・
 sousityou8

藪でバサバサ音がするので 奥をのぞくと10羽ほどいました。
これはオスとメスかしら?
仲良く並んで身繕いなどしてましたが、模様が同じなのでよくわかりません。
(メスはオスよりも全体的に色が薄い傾向にあるらしいのですが)
sousityou10

とにかくメジロがみかんに近づくとメジロの首をめがけて嘴で突進して追っ払う凄まじさ。
 
 メジロよりひとまわり大きく体長15~20cm近くもある。
 3~4m離れた所でカメラを向けてもそれほど
敏感ではないようなのですが・・・
とにかく動作が早い、
    シャッターがついていかない・・ (_(ェ) ̄)ゞ 
一瞬たりともじっとせず、チャカチャカ首ふるし、ピンボケばかり・・・・
 sousityou2

メジロのようなほのぼのとした表情はなく、いかにもやんちゃ坊主でしょ(笑)
sousityou6 

sousityou9 

いろんな鳴き方できるようで、そのたび違って聞こえます・・
”相思鳥”の由来はツガイのオスとメスを分けてしまおう~とお互いに鳴き交わしをするためから
名付けられたそうです・・

しかしこの翼の配色がなんとも派手。
sousityou3 

幼いうちは嘴は黒いそうで、成長するにつれ 赤くなるそうです。
sousityou5 

お腹の黄色がよく目立ちます。
sousityou4 

見る角度によっては 愛らしくも見えるのですよ・・ね(苦笑)
でもそれはこの鳥の正体を知るまでのこと("⌒∇⌒") 
何度も見ていると、綺麗なものってちょっと疲れてしまう・・
sousityou7 

■ソウシチョウ(相思鳥)■スズメ目チメドリ科

| 鳥類 | COM(4) | | TB(0) | |
2011-01-11 (Tue)
"のんびり"・・今年もよろしくお願いいたします♪

暮れに マイフィールドに設置されたこの看板( ̄ー ̄; ヒヤリ
kanban1 

こちらマムシは一年中出るので要注意とは聞いていましたが
こんな看板があちこちに出るのは初めて・・
きっと出くわした方がいたのでしょう・・ね。
kanban2 

花はすっかりみかけなくなりましたが野山で木の実を啄ばむ鳥たちのさえずりが
にぎやかな季節。
meziro 
(メジロ)

捕らえた獲物を木の枝に突き刺したり はさんだり
「はやにえ」として知られているそうな”モズ”。
百舌鳥(モズ)の名の由来は 他の鳥の囀りなどまねすることからですって・・
結構 器用な鳥なんですね。
実際そんな所に遭遇したことがないので一度見てみたいものです。
mozu 
(モズ・・メス)

雄は背中や胸から上が明るいブルー、お腹から下は赤褐色なので、よく目立ち綺麗。
海岸に出ると必ず出会える鳥。
isohiyo2 

isohiyo1 
(イソヒヨ・・オス)

それに比べ・・メスは・・地味。
isohiyo3 

雌は全身グレー
お腹は ウロコ模様。
isohiyo5 

どうして オスとメスここまで違うんでしょう・・
isohiyo4 
(イソヒヨ・・・メス)

”ジョウビタキ”今年はまだ一度もオスを見かけません。
そばに居た叔父さんが言いました・・(^m^ )
”鳥は人間と逆でオスのほうが綺麗なんだよ・・ね?”って言いかけ私を見て・・
(_,,_;)う~んと頭をひねってそうな??・・ってなによ~ヽ(`O´*) ォィ!!
・・・・・・( ̄。 ̄;)例外もあるさ・・苦笑
でも鳥にそれはないんですね。
これはメスですがオスはもっと綺麗♪
zyoubitaki1 
人なつっこいのかしら・・
1m接近しても平気みたい♪
zyoubitaki2 
(ジョウビタキ・・・メス)

| 鳥類 | COM(8) | | TB(0) | |
2009-02-19 (Thu)
少し前にエントリーしたばっかりの”ひよどり”。
防波堤にて。
hiyodori5

ハゼの木にもよく見かけますが、実は啄ばむだけであまり好まないのかな~
食べている様子はなさそう・・
hiyodori6

前回は ほとんど近づけなかったけど、今回ポンカン&シマサルナシ作戦でキャッチしてみたら大成功(笑)
初日はシマサルナシのみで試したら完食・・

さてさて・・やってきましたが、とっても警戒して居る様子。
hiyodori12

どちらを先に?と見ていたら・・・・
シマサルナシは下に落としてポンカンのほうに突進(;^□^)
それもそのはず、シマサルナシは時期を過ぎていて落っこちていたものだったし・・苦笑
より美味しいものはよくわかるものですね。

いきなり、クチバシを突っ込む・・
hiyodori7

そして・・しばらく( ̄~ ̄) モグモグ...しているような・・
hiyodori8

・・と、思ったら、ポンカンのひとさやをクチバシで思いっきり引っ張り出した・・
この時の迫力の凄さにびっくり。
果汁を飛ばしながら無我無心・・
hiyodori11

食べ始めると、最初の警戒心は全くないようで、こちらが声を出してもそ知らぬ様子。
hiyodori9

そして、そそくさと、次の枝へ・・
hiyodori10

ヒヨドリはオスメス同色らしいので、区別がつきませんでした。
| 鳥類 | COM(2) | | TB(0) | |
2009-01-28 (Wed)
イソヒヨ(メス)は→こちら

山でも、海でも、町の中や庭でも、こちらでは1年中、どこにでも見られる”イソヒヨ”
特に オスはbodyカラーが 青×オレンジではっきりしているのですぐわかる鳥ですね。
isohiyo-o1

メタボなメスに比べると、オスは何故かスリムでかっこいい♪
前から狙っていましたが、見つけてもファインダーのぞく間に、逃げられる・・・・・(;´Д`)
やっとキャッチできました^^;
isohiyo-o2

今日もメスを見かけましたが・・おなかがぼってりで・・車庫短・・(^w^) なんで~?
isohiyo-m1

こちらは”ヒヨドリ”
山で一番の鳴き声を響かせています・・
ヒヨドリが飛ぶとすずめサイズの小鳥たちが、逃げるように飛び立つのをよく見ますが、襲われたりするのかしら???
hiyodori2

ありゃ~ゞ(+ヘ+)突然鳴き出しました(笑)
ピーヨ、ピーヨ・・
オスかメスかわからないけど、いつものけたたましさはなく、パートナーを呼び寄せるような、ちょっと不安定で小さな鳴き声でした。
hiyodori3

これも 間違っていなければ、多分ヒヨドリさん?かな。
hiyodori4

■ヒヨドリ■
スズメ目 ヒヨドリ科
| 鳥類 | COM(4) | | TB(0) | |
2009-01-27 (Tue)
近くのどぶ川。
最近いつも一羽のアオサギ君を目にする。
居る場所もだいたい決まっているので何かあるのだろうと思っていたら・・
aosagi-o1

ある雨の日・・
傘をさした叔父さんと叔母さんが居た。
アオサギに向けて食べ物を与えているようだったので、早速話しかけてみました。
”買ってきた鯵をね・・頭と内臓とぜいごをとって毎日5匹、一日2回あげているんだよ”って。
(゚△゚;)え?と覗いたら、綺麗に料ってるのだから(笑)
”でも、毎度電柱でトンビもそれを狙ってて・・”と。
aosagi-o3

電柱2本に一羽ずついるから、アオサギ君も気が気じゃない。
tonbi

二人がすぐ下に鯵を落としても、アオサギは見えてないのかしら?!
視線がついていってないようだった・・
二人が ”あそこだよー!”と叫んでも通じないんだもんね(苦笑)
そんな隙にトンビが サーーーーーッと舞い降りて咥えていってしまう・・
aosagi-o2

ホラ・・そこにあるだろう・・と見ている私までイライラ。。(-_-メ;)
aosagi-o4

鯵を投げているのは見ている感じですが、落ちた所に視線がいかない・・って不思議です。
aosagi-o5

オッーーーーー(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
投げた鯵をやっとひとつ口でキャッチできました。
(動画撮影すりゃ良かった┐(´∇`)┌
aosagi-o6

がしかし、アオサギ君が口の中にいれたものまでにも、奪いに降りるトンビ!!!
よほど、トンビを恐れているのか慌てて逃げるアオサギ君なのでした。
aosagi-o7

アオサギっておとなしいのかしら???
頭と胸に毛があるのはオスだそうですがアオサギがトンビを恐れるなんて思ってもいなかったので以外。
トンビってとっても凶暴だとつくづく感じましたよ。


| 鳥類 | COM(4) | | TB(0) | |
2009-01-08 (Thu)
海岸沿いを通ると、海辺の枯れた植物にすがっている小さな野鳥♪カワラヒワがいます。
(オオカワラヒワもあるので間違っていたらご免なさい)

とにかく人の気配を感じると、すぐさま飛び立ってしまうので、相当用心深いみたい。
近づけてもせいぜい10m離れたところ。
大きさはスズメぐらい。
kawarahiwa1

ほとんど団体行動で、30羽ぐらいがひとかたまり。
kawarahiwa2

■カワラヒワ■スズメ目アトリ科ヒワ属

分布 日本全土に分布する留鳥
体長約 14cm でスズメほど。
低地に広く生息し、公園や川原などでも見られる。
主食は植物の種子。太い嘴があるので大きな種でも食べる。
全体的に黄褐色。
太い嘴と、翼(初列風切と次列風切)に混じる黄色が特徴的。



('~';) うーん・・・・。これはイソヒヨのメス???
イソヒヨって、普通もっとスリムでは?
isohiyo1

”いそ”と言うから、海岸に多く見かけるけれど、山地の奥でもよく見ます。
そう言えば、冬の鳥って、何故かふっくら・・
私達が冬に上着を羽織るように鳥達も羽根に工夫をするのかな。
太った雀を”ふくら雀”と言うように 寒さに全身の羽毛をふくらませているのか”ふくらイソヒヨ”(笑)
我が家の旦那は1年中”ふくらトド”( ̄(QQ) ̄)/
isohiyo2


ここ最近 よく見かけます。ジョウビタキ(オス)。
こちらも”ふくらジョウビタキ”(●´艸`)フ゛ハッ
11月頃見た時と様子が違うんですね。
黒×オレンジのカラーでよく目立ち、物怖じしないので、可愛い。
zyoubitaki-o

メスは、オスよりすばしっこい~^^;・・
なかなかうまく撮れません(苦笑)
ジョウビタキ(メス)
zyoubitaki-m

今時期、花ネタがないので、いろんなもの追っています(笑)
この時期にこそ撮影のお勉強するにはいいかもしれませんね。
が・・しかし、野鳥撮影は ほんとムズカシイ・・

| 鳥類 | COM(4) | | TB(0) | |