-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2007-07-03 (Tue)
海沿いの歩道を歩いていると、フレッシュなベジタブル?!
のようにも見える青々とした葉。
周囲は つる性植物がたくさんなので、ちょっとこれだけ浮いて見えました。
yousyuyamagobou1


黄緑色の葉の間から 穂の長い白っぽい花が 垂れ加減に顔出しています・・
yousyuyamagobou2


たった1本だけ枝が倒れているものがあって、手で起こして見ると・・一番早く花が終わって 種に変化したのかな(?_?)
緑色の丸い種。 これからだんだんと黒く熟していくようです。
yousyuyamagobou3


■ヨウシュヤマゴボウ■ヤマゴボウ科
別名 アメリカヤマゴボウ

北アメリカ原産の帰化植物。明治初期に渡来。
人家のあき地、荒れ地、道ばたなどに生育。
草丈 1m以上
花期 6~9月

茎...赤褐色で無毛
葉...互生、大きな卵状楕円形で両端は細くとがる。
花...紅色を帯びた白色で枝先に房状の穂となって垂れる。
花は花弁がなく、がく片が5枚。
花が終わるとブドウ状の果実ができ黒く熟す。
赤紫色の液が出る。
毒植物に分類されており、下痢・嘔吐・ジンマシンなどの中毒症状が出るそうです。

ヨウシュヤマゴボウの名は、西洋からきた種類の山牛蒡であり、アメリカヤマゴボウとも呼ばれています。




山間の林の縁で、数少ないと言われる”ヤマゴボウ”発見v^^
ヨウシュヤマゴボウとよく似ている~
yamagobou1


似ているけれど、ヨウシュのように花が長くなく、まっすぐ直立。
こじんまり・・と言う言葉がぴったりのようでした。
奥深い山中だったので まだ果実は緑色。
どっちが好きと言えば、、、(^w^) こちらかな・・(笑)

ですが。
ヨウシュヤマゴウボウ・ヤマゴボウ・どちらも有毒。
”ゴボウ”と勘違いして食用にはしないで下さいね。

yamagobou2


■ヤマゴボウ■ヤマゴボウ科

中国原産で薬用として移入され野生化
花期 6~9月
分布 北海道・本州・四国・九州

茎...緑色
草丈 1m~
枝先に総状花序を出し、白色の花を多数つける。
果実は紫黒色に熟す 
花が垂れ下がらず、直立しています。

スポンサーサイト
| flower | COM(2) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。