04≪ 2009/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-05-14 (Thu)
いつもブログにお越し下さってありがとうございます。

(庭のバラ)
bara

4月後半から、諸事情があり時間に余裕のない日々が続いていてゆっくりパソコンに向うことができません・・

少し無理しつつ、頑張っていましたが、落ち着くまで暫らくの間お休みとることに致しました。

今からの季節は 海・・山・・川・・いろんな花に出会える一番の時期ですので、皆様のエントリーを楽しみにしていますし、又余裕のある時はご訪問させていただこうと思っておりますので、ご了承下さいませ・・<(_"_)>

一時お休み前のエントリー『ワレモコウ』です。
実家では夏ごろの花だと思っていたのに、5月1日にもう咲いていました。



ワレモコウって ずーーっと今の今まで、園芸だと思ってた(*´∀`)
理由は、実家の庭で何年も見ていたから・・(;・∀・)
それが、こんな一日陽のあたる草むらに咲いていたので、びっくりしました~。
そうか~あれは母がどこかで連れて帰ってきたものだったのか・・って感じです。
waremokou1

花にばかり目がいって、葉の画像はこれ1枚(*`▽´*)
奇数羽状複葉で、縁はギザギザ。
waremokou2

ドライチックなので、好きな花のひとつですが 昔ドライフラワーにチャレンジしたけど、ドライには向かない花だと実感(苦笑)
花穂は短いのやら長いのやら・あるのですね・
今までしっかり見た事がなかったけれど、花弁はなく、4つのガク+4本のオシベが見えていました。
waremokou3

こんな長いのも。
上から下へと順番に咲く様子。
waremokou4

■ワレモコウ■バラ科ワレモコウ属

分布 北海道、本州、四国、九州
日当りの良い山野の草地などに生える多年草
草丈 30~100cm
花期 7~10月
| その他 | COM(6) | | TB(0) | |
2009-05-11 (Mon)
通りかかった造成地に今まで見た事がない”ニューフェイス”

マメ科まではわかるけど・・(・_・)...ン?なんだろう???

帰宅して調べてみると・・なんと『ムラサキウマゴヤシ』

お友達から種子を沢山頂いて、庭に種まきしたのにちっとも芽が出なかった(((´・ω・`)ムラサキウマゴヤシ…

これが花だったのですね~。

草丈50cmぐらいかな・・この場所で2株ほどありました。
murasakiumagoyasi1

1cmほどの蝶型の花は薄い青紫。
黄色のウマゴヤシに比べると花の数が多い。
murasakiumagoyasi3

旗弁も後ろから見ると、フリルしていて(ノ´▽`)ノ・゜゜・。カワイィ。
murasakiumagoyasi4

murasakiumagoyasi5

3出複葉で葉柄があります。
葉の上半分がギザギザな所はウマゴヤシも同じ。
白っぽい毛が生えている。
murasakiumagoyasi2

萼は5深裂して裂片の先が長く尖っていることもウマゴヤシに共通してるんですね・・
murasakiumagoyasi6

托葉
murasakiumagoyasi7



▼3月撮影(ウマゴヤシ)
今年も道端や空き地でよく見かけました。
umagoyasi1

去年より増えているように思います。
umagoyasi2

ウマゴヤシと言えば、螺旋状の種子ですが、ムラサキウマゴヤシの種子もそうなのかしら???
umagoyasi3

■ムラサキウマゴヤシ■マメ科ウマゴヤシ属
別名アルファルファ

分布 日本全土
道端に生える多年草
花期 6~8月
草丈 30cm~1m

| flower | COM(4) | | TB(0) | |
2009-05-09 (Sat)
海に近い道路沿い。
つる性植物が大好きですので、初めてのものには敏感。
足が止ります。
oobaumanosuzukusa1

大きな木をつたい・・木から木へと高い所まで蔓が伸びています。
見覚えのある形の葉を発見・・がしかし・・
葉の形がいろいろだから・・ただただおもしろい葉をつける植物だなあとしばらくの間眺めていました。
oobaumanosuzukusa2

でも、やっぱり私の脳裏から、この形の葉だけが離れない・・
(゚△゚;)え?もしかして・・え~~~これが見たくて見たくてしょうがなかったオオバウマノスズクサなの~”・・でも後ろに花があるこさえこの段階で気がつかなかった(苦笑)
オオバと名がつくだけあってすべての葉は10cm以上。
oobaumanosuzukusa3

( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄) ・・。。確かにそっくり~。
林の中でよく見るちっちゃい葉。
山歩きで 初めて見た時は、なんておもしろい形した葉だろう・・
”ミッキーマウスの葉”と勝手に名付けて満足( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
あとからお友達に”ウマノスズクサだよ、、大型になると花も咲きますよ”と教えてもらいました。
葉だけでも充分おもしろいんですよね。
umanosuzukusa

葉の下に隠れるように咲いていた花の後姿・・
長い蔓なのに、花の数は何故かポツ。。ポツ。。
oobaumanosuzukusa4

横から・・
見れば見るほど変わった花ですね。
皆さんがサキソフォン型と言われるのも納得v(*'-^*)ゞ^;
oobaumanosuzukusa6

そして・・正面。
おもしろいを通り越して・・だんだんと不気味(;一_一)
脳の血管細胞見ているような感覚ト(_ー ||| )うう・・
oobaumanosuzukusa5

葉も、花も、おもしろい形のオオバウマノスズクサ”
聞く所では、果実も最高におもしろいそうなので、忘れずにチェックしなきゃ・・

■オオバウマノスズクサ(大葉馬の鈴草)■ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属

分布  関東以南、四国、九州
高さ2~3mになるつる性木本の多年草。
明るい林縁に多い
名前の由来はウマノスズクサよりも葉が大きいことや果実が馬の鈴に似ていることから。



| つる性 | COM(2) | | TB(0) | |
2009-05-06 (Wed)
海岸の入り江の草むらで見つけた”クララ”。
何年か前に山地で見かけたっきりでしたが、海の近くにもあるんですね。

クララと言えば・・アルプスの少女ハイジ・・
あと・・風邪薬でもありましたよね・・・
でも、名前の由来はそれらとは関係なく、根っこが目もくらむほど苦いということからだそうで”眩(くらら)草”が省略されたそうな。
kurara2
kurara1

25~30cmほどの花序。
にょきにょき生えた赤ん坊の指のような花・・(*`▽´*)
樹木?かと思えるぐらいしっかりした茎ですが、これだけの花がつくと、さすが重そうです。
kurara3

淡いクリームイエロー色は、やさしい色ですが、ガクがゴボゴボッとしていて変わった感じ。
kurara4

旗弁は先の方だけがちょこっと上を向いています。。
オシベ・メシベ・までは まだ開花していないので見えませんでした。
kurara5

うじ虫駆除に使えるという葉。
千切って嗅いでみたら、めちゃくちゃくちゃ臭かった( ̄●● ̄) !
山地では鹿も食べないはず┐(´∀`)┌
kurara6

奇数羽状複葉の葉は7~20対
kurara7

■クララ■マメ科クララ属

日当たりの良い野山や道端に生える多年草
花期 6~7月
草丈 60~150cm

| flower | COM(4) | | TB(0) | |
2009-05-02 (Sat)
肌寒さを感じた4月も過ぎ、今年もいよいよGWに突入ですね。
5月に入ったとたん初夏の風が吹き始め・・日中は少し暑さを感じることも・・

去年5月後半出会った”ケブカツルカコソウ”。
今年は少し早い目に出かけて来ました。
[壁]`∀´)ノ~'' ヤッター!!ナイスタイミング~。
潮風が吹くところで、今年は去年より はるかに株が増え、何箇所にも確認することができました。
kebukatsurukakosou1

お天気が良かったので空を入れてパシャ★
このアングルでは大きく見えてしまいますが(^^ゞ丈は10cm前後
もちろん腹這い撮影です。
kebukatsurukakosou7

こちら少し色が濃い目。
ますますジュウニヒトエにそっくり。
kebukatsurukakosou6

ケブカツルの『蔓』は、花の時は伸びず、花が終わってからランナー茎を伸ばすそうです。
今は1本1本・・と立っています。
kebukatsurukakosou4

横顔のアップ
kebukatsurukakosou5

▼ちょうど今 庭にジュウニヒトエが咲いているので比較してみました。▲

花色はどちらも濃いや薄いがあるので、問題外として・・
ジュウニヒトエはスラリとして西洋人っぽい(*´∀`)
ケブカツルカコソウはずんぐり型かな。
(全体の様子)
hikaku1

(゚△゚;)え?どこがちがうの~?というくらいうりふたつ(笑)
(花の比較)
hikaku2

両者の一番違う所は、やっぱりここですね!
ケブカツルカコソウに出会うまではジュウニヒトエだって毛が多いなあって気がしたのに(苦笑)
比較するとわかるように ケブカさんは半端じゃないくらい毛むくじゃら。
(茎と葉)
hikaku3

去年の和歌山県レッドデータにはなかったけれど、今年は登場していますv^^
関東方面の涼しい草原が分布地なのに、紀伊半島はここだけに存在することが不思議で不思議でしょうがないのですが、だからこそ、いつもいつも見守り続けたい大切な花となりました。

*諸事情があり 少し忙しくしています。
コメント頂いた方へのレスは少し遅れますのでご了承下さい。(*_ _)人

■ケブカツルカコソウ(毛深蔓夏枯草)■シソ科キランソウ属
ツルカコソウの変種
(和歌山県絶滅危惧1B類)

分布 関東・中部地方+紀伊半島南部
山地の草原・丘陵地に生える多年草
草丈 10~30cm
花期 5~7月




| flower | COM(4) | | TB(0) | |