06≪ 2009/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-07-30 (Thu)
梅雨入りまでに『コモチシダ』を探そう・・
どうしても”無性芽”を見たい。。。
探さなければ・・と言う思いはあっても、ついつい色花ばかりに目を奪われシダの事は忘れる事が多かった(苦笑)

2週間ほど前に山地の日あたりの良い林道に面する崖の斜面に発見!
komochisida1

葉柄もいれて、1.2m。
大きいものだと2mにもなるという。
ちょっと厚ぼったい葉で光沢があります。
でも、まだ無性芽がありません・・ヽ(__ __|||)…
(忘れずここへチェックしに来なきゃ!)
komochisida2

葉の表面のソーラス(胞子嚢群)はミシン目のよう。
komochisida3

そして今日!近くの海岸沿いの崖地でε=ε=(*ノ~▽~)ノもしや?!
葉の上にポツポツ。。赤ちゃん(無性芽)が!!!
komochisida4

1cm弱の小さな小さな無性芽にも、しっかり燐片もあるんですね。
感動しまくり(笑)
komochisida5

同じような画像ですが、嬉しさの余りパシャパシャ★
komochisida7

実は私事ですが、(*゚.゚)ゞ
どっちかな~?

今日30日。
長男夫婦のところの出産予定日。そんな日にコモチシダの無性芽(・ω・)……ン?
気になって先ほど、この画像とエピソードを送ったのですが・・未だ兆候なし(^^ゞ・・
初めてのお産。私達家族もドキドキ。
初孫との対面へと一刻一刻とカウントダウンしています。
komochisida6

■コモチシダ(子持ち羊歯)■シシガシラ科コモチシダ属

分布 宮城県以南・富山県以西の本州の暖帯・四国・九州
明るい斜面や崖地に生える常緑性大型シダ
| シダ類 | COM(4) | | TB(0) | |
2009-07-26 (Sun)
まだ梅雨明けしない蒸し暑い林道を歩いていると腐植した落葉の上に、ひょこっと出ていたキノコ。
5cmほどの塊り。
特に臭いは感じませんでした。
hanahoukitake1

大きいのはその3倍ぐらいはあったでしょうか。
黒ずんだオレンジ色ですが、海の中にあってもおかしくないような、まるでサンゴみたい。。
hanahoukitake2

あくる日見たら、、、( ̄o ̄??)茶褐色。
ちょうどカリフラワーやブロッコリーのように株元はひとつ。
hanahoukitake4

最初見た時と違って、触ると非常にもろくなってます。
もしもハナホウキタケなら『食用』になるとのことですが、本当にそれかどうかわからないので、今回はパス~(*`▽´*)
hanahoukitake3

■ハナホウキタケ■ホウキタケ科

発生時期 夏~秋
広葉樹林・針葉樹林などの地上に多い。


こちらは白いバージョン。
”シロヒメホウキタケ”?カレエダタケ?
この仲間、他のものでも似ているものもあるので私には判断しかねています。
解かる方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

到木の隙間に出ていました。
透明感のある白色は、ちょっと涼しげな?森のオブジェ(*´∀`)
sirohimehoukitake1

sirohimehoukitake2

sirohimehoukitake3
| きのこ | COM(2) | | TB(0) | |
2009-07-25 (Sat)
山地の車道沿いで、目についた大きな手のひら状の葉。
7裂しています。
momizikarasuuri1

頭上に 真っ白なモミジカラスウリの花。
まともに見たのは今回はじめて。
普通カラスウリの花って夜開くのに、この時は午前11時ごろのこと。
こんな時まで花は残っているんですね~。
雄花?雌花?
momizikarasuuri2

これは別の場所で・・時間はほぼ同じ頃・・
カラスウリの花の印象が頭に焼き付いているせいか?、花弁が小さい。
夜見れば、カラスウリのようなゴージャスな花がレース状になっているのかしら(・・?
momizikarasuuri4

上の葉と切れ込み方が違って6裂。
momizikarasuuri3

■モミジカラスウリ■ウリ科カラスウリ属

分布  本州(紀伊半島以南)~九州
山地の林縁などに見られるつる性多年草
花期  6~8月
果期  秋に赤く熟す
| つる性 | COM(8) | | TB(0) | |
2009-07-23 (Thu)
毎年花を見るタイミングを逃してしまう”ノギラン”。
この”葉”ショウジョウバカマにそっくりと思うのは私だけ?

山地の道沿いの斜面に 沢山張り付いています。
ネットでは草原(そうげん)に多い・・と書かれたところが多いのですが、こちら紀南にはそういった場所がないからかな(?_?)
どこで出会っても、同じような場所。

去年は出遅れ、そして今回は早すぎたのか?!・・
nogiran1

・・と思って少し移動した場所に、”花”発見♪(ε-(´▽`) ホッ)
花までの距離は どう見ても私の背には、苦しい高さ(苦笑)
背伸びすれば、ズルズル足がすべり、ストップがききません~。
シャッター押しながら・・ズルズル・・(苦)
何故こんな所に咲くの~~~(;´へ`;Ao
nogiran2

20cmほどの茎にさらに20cmの花穂。
名前はランですが、ユリ科。
nogiran3

飛び出たシベが、"芒(のぎ)”に見える事から名前がついたそうな。
(足場が悪いため、ピントがあっていません)(ρ_;)・・・・
nogiran4

■ノギラン■ユリ科ノギラン属

分布 北海道、本州、四国、九州
日あたりの良い山地の草原や乾燥した岸壁などに生える
草丈 20~40cm
花期 6~8月

| flower | COM(4) | | TB(0) | |
2009-07-21 (Tue)
山登りの途中、沢沿いに遭遇。
低山なのに、思いも寄らない急勾配でしたのできつかったのですが流れる水の音・・鳥の声が聞こえ吹く風の気持ち良かったこと~ヾ(●⌒∇⌒●)ノ
夏の山は敬遠されがちですが、私は海より”山派”((笑))

今日 ブログを下書きしていて気がついたのですが”野の花ひとりごと”も今回でエントリー1000(*゚◇゚)。
ということで、記念に(♯▽♯)ゞ
暑くて暑くて汗びっしょりですε-(´д`) ハァーハア・・
stella

この沢の登りつめたところに 岩に垂れ下がるように小さな花を咲かせていた”キガンピ”
1,5mぐらいでしょうか。
kiganpi1

よく見なければ、花に気づきにくいかも・・とっても地味です。
まだほとんど蕾のものが多かったので、よけい目立たなかったのでしょうけど・・
kiganpi2

”キガンピ(黄雁皮)”は黄色い花をつけることから名前がついたそうですが・・
これは”白色”web検索でも、白色は見つからない((;´~`A``)
去年、一昨年も別の場所で出会ったけど、黄色の花には出会えていません(苦笑)。
kiganpi7

萼筒は長さ約7~8mmで4裂。
kiganpi3

”ガンピ”の葉は互性ですが、”キガンピ”は”対生”。
両面ともに無毛なので手触りが優しくやわらかい。
褐色の樹皮は、和紙の原料になるそうです。
kiganpi5
kiganpi6

■キガンピ■ジンチョウゲ科ガンピ属
別名 キコガンピ

分布 近畿以西、四国、九州
低山の湿り気のある崖地に生える落葉低木 
樹高 1~2m 
花期 7~9月 
果期 秋
| 樹木 | COM(4) | | TB(0) | |
2009-07-16 (Thu)
2年前に見て以来です”ヤマジオウ”。
去年もう一度撮影したく探し回ったのですが会えず・・
もとあった場所も濁流で根こそぎ流されたようで、確認できませんでしたが、別の場所で発見。
少し湿っぽい林の縁。
地下茎を伸ばして増えるので一箇所にまとまって生えています。
何株もが押し合いへし合い!(/>ω<)/
葉の中ほどに花の終わったあとのガクが沢山残っていたので、ピークは過ぎたのかもしれませんね。。
草丈が低いので腹這い撮影((^^ゞ)
yamaziou5

初めて出会った時はこれが花?かと思いました…(/ω/) ))))
まん丸で可愛いつぼみ。
yamaziou2

横や後姿は やはりオドリコソウ属とうなずける姿をしていますね。
正面は どう見てもお行儀よくおすわりしたドールハウスのお姫さま♪
花は1,5cm前後。
yamaziou3

全草に毛が多く、葉のつき方とかキランソウとよく似ていますね。
yamaziou4

■ヤマジオウ(山地黄)■シソ科オドリコソウ属
別名(ミヤマキランソウ)

分布 神奈川県以西の太平洋側、四国、九州
山地の林床に生える多年草
草丈 5~10cm
| flower | COM(2) | | TB(0) | |
2009-07-13 (Mon)
庭にも、蝉の声を聞くようになりました・・アツ━━━━(´Д`υ)━━━━・・・
随分暑くなりました。梅雨明けも近いかな?
雨の日は、キノコや腐生植物を探しに、晴れの日は少し高く深山へと・・
最近は足のために『歩く』も目的に入れながら植物散策。

尾根道は、夏には涼しくて最適です~
行く道中ではまだササユリが咲いていました。
sasayuri

麓が30℃なら、尾根は20℃以下・・いや・・それ以上気温が低い気がしました。
20~30分すると、下から吹きあげる谷の風に、ひんやり(( >ε<)クシュ。
時折り、小さなリスがちょこちょこ出てきて走り回ったり、大木の陰から感じる視線に目をやれば・・
ヘビがこちらを見ています。
これは毒ヘビ?(名前がわかりません)
身近にちょろちょろするヘビとは違って、とても落ち着いている・・
hebi

その薄暗い樹林下に見つけた たった一輪の白い花!
見てすぐ”ミヤマトベラ”!ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノとわかったのは、3年前から”葉”だけを見ていたから・・( ^▽^))
高さ30cm前後ぐらい。
miyamatobera3

他の場所でもう何回出会ったことか・・┐(´∀`)┌
でも、いつも どの季節にも『葉』のみで空振り。
やっと出会えた花ですv^^
”トベラ”の葉に似ていることから名前がついたそうですが・・・いかがでしょう。

海岸線に多い”トベラ(トベラ科)の木。
(左の成長した葉より右の苗木のほうがどちらかというと、似ているかも知れません)
tobera

以下、”ミヤマトベラ”
miyamatobera1

濃いグリーンの艶々した丸っこい3枚の小葉だから覚えやすい。
miyamatobera2

上から撮影。
まだ完全に開いてなかった・・残念。
でもマメ科らしい蝶型の花であることぐらいは伝わるでしょうか(苦笑)
miyamatobera4

たったの1株なので、どう撮影しようにも 選ぶこともできず(*U_U*)。。。
再度撮影しなければ(^^ゞ
miyamatobera5

■ミヤマトベラ■マメ科ミヤマトベラ属
(和歌山県 絶滅危惧2類)

分布 本(関東地方以西)、四国、九州
暖地の原生林に生える常緑小低木
樹高 30~80cm
花期 6~7月
果期 秋に黒色の果実を数個つける。

| 樹木 | COM(2) | | TB(0) | |
2009-07-10 (Fri)
毎日、蒸し暑い日が続いていますが、この湿度で林のなか。
キノコで大賑わい。
パッと出てあっという間にドロン・・もう一度見たいと思っても、間に合わない。
そんな短い命のキノコたちですが・・
ちっちゃくて、カラフルで、何度出会っても可愛い”イボカサタケ”
ついつい足を止めてカメラ向けてしまいます。

過去に何度か見ていたけれど、うまく撮影できなかった・・”アカイボカサタケ”
しかもファミリー!!!
斜面に生える樹木の根っこの下に隠れるように立ってます。

■アカイボカサタケ■
akaibokasatake1

ポツンと1本でも、朱色だから見つけやすい。
この開き具合いが一番可愛らしい。
傘の上に出るチョボ、裾の白い縁取りがチャーミング♪
akaibokasatake2

だんだんと開いてキノコのパラソル。
akaibokasatake3

別の斜面で・・こちらもファミリー。
今年はみんな大家族(* ̄m ̄)o)))
■シロイボカサタケ■
siroibokasatake1

竹林にほのぼの3人・・(*・ ・*)
これ見て、息子たち夫婦と もうすぐ生まれるbabyに思いを重ねてしまったり((笑))
多分今月中?初孫誕生の予定♪
ドキドキ、ソワソワ・・予定日がだんだんと迫ってきます(大汗)
siroibokasatake2

やはり、場所は、木の根っこのすぐそば・・
siroibokasatake4
必ずといっていいくらい、そのような場所がお気に入りのようです。
siroibokasatake3

やっぱり崩れ落ちそうな斜面の木の根元にありました。
■キイボカサタケ■
kiibokasatake1

竹林で、これこそロマンチック; ; ; (* ̄ω ̄)Jo( ̄∇ ̄*) ; ; ; 相合傘。
kiibokasatake2

(/ー゚=)ちらっ
kiibokasatake3

そして、これも?
カサタケさんの仲間に入れていいのかしら?(自信ありません)(^^ゞ
ちょっとお色気のあるような うす~いピンク色。
pink?

イボカサタケの仲間であるかどうかは、”ハテナ”としておきます(汗)
もしわかる方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたしますね。
pink~?

■アカイボカサタケ■キイボカサタケ■シロイボカサタケ■
ハラタケ目イッポンシメジ科イッポンシメジ属

山林や竹林の地面に生える
発生時期  夏~秋
| きのこ | COM(4) | | TB(0) | |
2009-07-07 (Tue)
梅雨のわずかの晴れ間。
少し高い山へ初登り。
yamanami

尾根道を歩くのは初めて・・高所恐怖症なので、ハラハラです~(汗)
でも 尾根ならではの花に出会えるかも?それだけを楽しみに出かけましたが・・
ご覧の通り、頂上へいくほど、何もありませーーーん(^O^)/
onemiti

歩いていてやっと見つけた群落『ミヤマママコナ』。
初めて出会う花ですが 葉ばかり茂って花の数は少ないんですね。
miyamamamakona1

ミヤマママコナはイネ科の植物に半寄生するとあとから知って・・
なるほど・・この場所でイネ科といえば、矢竹が沢山生えていました。
miyamamamakona2

葉に隠れて咲く小さな花を探して写そうとするけれど、、なかなか難しいですね。
ちょっと指が触れただけでもポロリ。。。
miyamamamakona3

葉は日陰では緑色で、よく陽のあたるところではエンジ色のようです。
対生し先が尖っています。
miyamamamakona8

ピントがあわず、苦労しました。
花は1.8cmぐらい。下唇の突起が黄色がポイント。
miyamamamakona6

ガクの様子。
miyamamamakona5


miyamamamakona4

ママコナの仲間を区別するポイントは”苞葉”らしいのですが(苦笑)
あとでわかってもね~(*´∀`)、もう一度出かけるにはハードすぎ┐(´д`)┌
きつさを忘れたころなら行く気になるかしら・・(´(・)`)
それとも他で出会えるかな・・

ぜんぜん関係ないけど、根っこがどうしても見たかったので・・(苦笑)
竹から養分をもらえるからでしょうか(・・?根はとても浅いものでした。
miyamamamakona7

■ミヤマママコナ(深山飯子菜)■ゴマノハグサ科ママコナ属

分布 北海道・本州・四国・九州
深山の林縁、尾根の草地、笹の中に生える半寄生の1年草
花期 8~9月
草丈 20~50cm
| 寄生・半寄生植物 | COM(6) | | TB(0) | |
2009-07-04 (Sat)
2年前に渓流沿いを歩いていて出会いました。
・・・が、名前がはっきりせず「?ファイル」に放置。
(2007/9/9撮影)
miyamanamiki1

そして・・去年の夏、別の場所で┐(´∀`)┌。
上の写真と比べて、同じことに気づき、”ミヤマナミキ”と判明したのは、時期がすぎてから(苦笑)
(2008.9.3撮影)
miyamanamiki2

今年はちゃんと撮影したいと思い、先月末。
雨でしたがでかけて行ったらチラホラ・・と咲き始めていました。
でも、草丈も5cmほどでまだ小さい。
タツナミソウの仲間と見間違えやすいんですよね。
miyamanamiki3


miyamanamiki4

大きめの下唇に紅紫色の斑点が目立ちます。
こちらでは絶滅危惧2類とされていますが、ここには結構たくさんありました。
miyamanamiki5

■ミヤマナミキ■シソ科 タツナミソウ属

分布 関東地方以西・四国・九州
山地の木陰に生える多年草
草丈5~15cm
花期 7~8月
| flower | COM(6) | | TB(0) | |
2009-07-01 (Wed)
テングサで(6月27日)エントリーの続編「ところてん作り」。

梅雨真っ只中、カラッと晴れる日が少なく、実質7日間の”洗う+干す”を繰り返して一応テングサの準備ができましたので、早速スタート!

材料はこれだけ(  )ノ゛

テングサの乾燥100g
水 3リットル
酢 大さじ2

市販のように白くないのは、日光不足だったのかな?
でも、うっすらあめ色なのがナチュラル~
ネットでみると テングサも水の分量もそれぞれで、迷いましたが、大きなお鍋で作れる範囲3リットルにしました。
tengusa5

大きな鍋に テングサ・水・酢を入れて、沸騰までは強火で あと中火でコトコト。。。。煮ます。

蒸し暑い時です・・火のそばを離れることも出来ず、時々掻き混ぜながら汗だく(苦笑)
25分ぐらいすると、溶け出していることが実感してきました。
tengusa6

準備しておきます・・・
初めざっと濾すためのザル。
そして、最後にもう一度 漉すため、サラシの袋を用意しました。
実は、この”布袋”、コトコト煮ている間に、急遽思いついて縫ったのでした。
これが次の過程で大正解ヾ(●´▽`●)

んで。。。”てん突き”。
市内の売っていそうなお店を探しまくりましたがどこにもなく往生しましたよ~
これがなければ、始まらないもの・・ヽ(;´Д`)ノ
困っていたところ、お友達が教えてくれた進物店が取り寄せてくれました。
厚めのバルサ材で出来ていて 軽くしっかりしています(1300円なり~)
さもなければ自分でてん突きを作ろうとまで思ってたので助かりましたε-(´▽`) ホッ
dougu

これで一応 ”カタチ”は整いましたでしょうか~(笑)。

かれこれ、40分経過したので、漉します・・
ドロッとしているのでめちゃくちゃ熱い!!!!
ただの1枚布だと、ゼラチンはすぐに目詰まり、ところてん液が溢れ、作業がはかどりません(左写真)
布袋を使うと、ギュッと絞るのも簡単v^^(右写真)
(といっても、熱いので最終的には長箸2本で絞込み)
アチチ・・でした。
kosu

熱いうちバットに流します。(23cm×31cm)
このまま自然放置。
これで固まらなかったら・・・(・・?・・エントリーはボツになる・・
今までのことが ボツになる・・・
負けず嫌いだから(^w^) 出来るだけ失敗はしたくない。。。
待つ間、何度も何度も、手で押してみたり・・(((‥ )( ‥)))ソワソワ。

そしてーーーーーーーーーーーツンツン♪(*゚ー゚)σ"

1時間少しです!固まった~(*^^)v 凄い~とっても感動です。
私でもできたのだ・・鼻( ̄(エ) ̄”) ピクピク♪
tokoroten1

さて・・感激の瞬間。ゞ( ̄∇ ̄;)見てくださ~い~!!!
ところてん大好きな旦那。
一度はこれをやってみたかったらしく、ひと突きしてもらいました。
旦那の手が震えているのか?カメラマンの私が撮影下手なのかわかりませんがピンボケ。
グニュッ!!!!(このシーンだけでも動画にしておけば良かったね)
クッキングも大変だったけど、並行してポイント撮影し忘れのないように必死でした(苦笑)
tokoroten2

爽やか夏のテイスト~磯の香り。
みなさん、お箸をご用意くださーい♪
生まれて初めてトライした 「my ところてん」出来上がりです~リリ´∀`)リ
4パターンを用意してみましたよ。、(*´∀`)どうぞ、召し上がれ・・

この他にも食べ方は沢山あると思います。
みなさんは、どんなお味で頂きますか?お聞かせ下さいね。
我が家の好評は 断然 ”青ジソドレッシング”でした。
variation

ちなみにいろいろな方に”好きなところてんのタレは?”と聞いてみた結果 圧倒的に多かったのが”酢醤油派”。このカットは包丁です。
てん突きがなくても、サイコロ切りしたり、薄切りしたりと自由自在に楽しめます\(~o~)/
シンプルに酢醤油で?

失敗しなくてほんと、、ヨカッタ。。。。
無事エントリーできて凄く嬉しかったです(^^)v
これから暑い夏に 体を冷やしてくれたり、高血圧の予防や、お肌にも、ダイエットにもいい”ところてん”。
何より植物性の繊維質なので安心。
体に優しい夏のおすすめです。

| その他 | COM(8) | | TB(0) | |