05≪ 2010/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2010-06-30 (Wed)
   あまりにも そこらじゅうにありすぎてエントリーしていなかったことに気づきました(〃∇〃)

                ”アカメガシワ”
     こちらでは ”盆ガシワ”の名前で知られています。

お盆の3日間 仏壇にお供えするものを この葉をお皿代わりに使います。
       茹でたそう麺であったり白粥だったり・・(流れる~)
私も嫁いだ2~3年はご近所の方に教わる通りやっていましたが、こぼれてしまうので
しなくなりました(笑)
食器がない古い時代にやっていたのでしょう・・
ここだけかな?それとも各地でやっていたのかな??? 
みなさんの所では いかがですか?
    akamegasiwa1    akamegasiwa10 

           新葉が 赤いのでわかりやすいですね。
     表面は星状毛と呼ばれる毛が密に生えています。
                             akamagasiwa13
     葉の基部に アリさんがよく集まる腺点がふたつ。
       縁の葉脈と交わる所ににも 多数。
  akamegasiwa12   akamegasiwa11

      ほとんど樹木の花って目立つのは”雄株”
        雌株よりも数が多いような気がします。 
 
                 (雄花)
                          akamegasiwa2  

            黄色のオシベが 沢山
   akamegasiwa3   akamegasiwa4 

                                                (雌花) 
            圧倒的に雄株よりは少ない・・
今まで見ようともしなかったので雌花がこんな花だったともシラナカッタ・・(苦笑)

   akamegasiwa5   akamegasiwa6

              akamegasiwa7

              経過すると柱頭が3裂・・
           赤く色づいているものもありました。

               子房の表面はトゲ状。
            お盆すぎた頃に見る 黒い実。
           この部分が膨らんでできていくですね。
  akamegasiwa8    akamegasiwa9  

           ■アカメガシワ■トウダイグサ科 アカメガシワ属

              分布 本州・四国・九州
伐採地、荒地、コンクリートの隙間などいたるところに生える落葉低木 
              花期  6~7月
              果期  9~10月       
スポンサーサイト
| 樹木 | COM(4) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。