11≪ 2015/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015-12-26 (Sat)
      いつもご訪問下さりありがとうございます。

senninsou(センニンソウ)

  
 myブログは これで 今年のエントリー収めにしようと思います。
     今年8月 4年ぶりに再開した”野の花ひとりごと”
このわずかの間にも 植物との出会い、人との出会い、、いろいろな出来事がありました。
訪問して下さる方々との交流・・・ご意見・・ご指導・・・・
         いつも私の活力になっています。
          感謝の気持ちでいっぱいです。
            有難うございました。

長く見慣れた植物でも 沢山の側面があり気づかなかったことの多いこと・・・・・
            植物は奥深いものですね。
これからも紀伊半島の野の花、山の花を私なりに綴っていきたいと思っています。

 拙いブログですが引き続き 来年も”野の花ひとりごと”を よろしくお願い申し上げます。

          by stella


高い~~~!高すぎる~~~・・
山地の杉林。見たことのない蔓が杉の木に絡みついていました。
15~20mぐらいはあるでしょうか。 それはそれは天高く・・
simayukikazura1

太目の蔓で直径6~7cm。
この蔓にからまれているためなのか、杉も細め。
simayukikazura2

下からでは 葉の様子など見れないので、上から見れるところまで駆け上がってみました。
それでも近づくには困難で、かろうじて葉一枚すれすれに手が届く程度・・
simayukikazura3

杉の木に這い上がるものといえば・・
イワガラミ?でもなければ  ツルアジサイ?でもない・・

いろいろ調べた結果、鹿児島県と和歌山県のみにだけ自生するという”シマユキカズラ”だとわかって驚きました。
隔離分布ということですが・・
南のものが しかもどうしてこんな山あいにあるのだろう・・とても不思議な感じがします。。
葉の大きさはいろいろですが約20cm前後で大きい。
simayukikazura6

(葉の裏側)葉は対生。葉柄は2~3cmほど。
simayukikazura7

中脈がとてもくっきりしています。
simayukikazura8

simayukikazura9

テカリといい、肉厚・・というか革質といったほうが適している。
海岸にあってもいいだろうと思えるような葉です。
simayukikazura10

(蔓)葉柄が妙に くねっています。
simayukikazura5

節のところ、 かすかに毛が生えている。
simayukikazura4

以前 これによく似た葉で名前がわからなくて お友達に尋ねたら ”サカキカズラですよ~”って(笑)
そんな事もあったから、、(〃∇〃)
蔓性は 成長によって お決まりの葉とそれとはぜんぜん違う葉をつけることもあるから困ります・・
でもこんな花が咲いたのなら サカキカズラではありません。
simayukikazura11

調べてみると 花期は8~9月。
白い花が咲くようなので 来年が楽しみですが、花序の枯れた姿はあちこち見受けられたもののこの時期 果実が見当たらない。。。高すぎて全体が見れないこともありますが、結実しなかったのでしょうか。
simayukikazura12

■シマユキカズラ■ ユキノシタ科 イワガラミ属

岩や樹木に根をおろして生育する常緑性の蔓性植物
花期 8~9月
分布  和歌山県・鹿児島県・琉球列島

(和歌山県 絶滅危惧1B類)
| つる性 | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-24 (Thu)
12月に入ってから雨がよく降ること。
その雨で寒さも連れてくるかと思えば そう寒くなる訳でもなく、今年はなんとなく年末という感じがしない。

とはいえ、今日はクリスマス・イヴですね。

                  mxr

merikuri

皆さんも植物散策以外に いろんな趣味を持たれていると思いますが・・
私はこの時期 趣味のひとつであるハンドメイドのために海岸に出て散策も兼ねながら 恒例の流木探しをしていました。
↑このようなレース編みしたツリーの支柱に流木がどうしても必要。

大きな台風が来れば大量に打ち上げられるのですが今年は期待するほどの台風もなく(幸か不幸か・苦笑) 
浜辺であれもこれもと探しているうちに、いつのまにか夕暮れ・・冷たい風・・
kaigan

なんとか 今年もまとまった数の製作を終えました┐(´д`)┌
がしかし  暖冬のためか 入りが良くない・・・(*≧m≦*)
ひとつひとつ 一応作風を決めて 装飾していくのですが、ハンドメイドは時間ばかりを費やししんどいものですね(笑)
treec

日が沈む 海辺の道沿い・・
どこからともなく大きな綿毛がふわり・・。

見上げれば早くも シタキソウの果実が開いています。 今年は少し早いかな・・・・
sitakisou2

今 見かける綿毛たち。
しばしの疲れも 気持ちが和み 癒されます。

(ツワブキ)
tsuwabukim

(ボタンヅル)
kobotanndurum

(テイカカズラ)サヤのまま落下したのでしょうね。。
teikakazuram

(オニタビラコ)
onitabirako

| その他 | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-22 (Tue)
画像は11月末・・・農家のサツマイモ畑。
数年前は 結構 ここにラセンソウがあったのですが、今は あまり見かけない。。
やっと1本 花が終わったあとの種だけになったものを見つけました。
rasensou1

ラセンソウは いつからかシナノキ科からアオイ科になっているようです。
花は 小さいのに・・ラセンソウ花→こちら 。
このトゲといったら 半端じゃなく 先端のほうでひどく曲がっています。
このためスズメガの仲間が 着地したまま身動きとれず止まった姿のまま死んでいるところをよく見ます。
衣服に先がちょっとくっついただけでも 絶対離れないぐらい強力で、撮影中 髪の毛にからまって難儀しました。
rasensou5

(^・ω・^).....ン???このひと塊が種??ではなかったのね・・
rasensou6

割れた部分に 小さな種子 発見。
rasensou4

螺旋草・・・
名の由来は、毛が多い蒴果がラセン(羅氈)の手触りに似ている事からだそうです。
羅氈という織物は こんなにまでチクチクするのかしら(笑)
”釣り針草”がぴったりだと思うのですが。
rasensou3

数えませんでしたが ひとつの果実に かなり沢山種子がはいっていました。
それにしても あまり群落を見かけないのが不思議。
葉は パイナップルのような甘い香りがすると思うのですが・・私だけかしら。。。
ネット上には 見つかりません(苦笑)
rasensou2

■ラセンソウ(羅氈草)■アオイ科(旧シナノキ科) ラセンソウ属

路傍や畑周辺に生える暖地性植物
草丈 1m前後
花期  8~10月
分布 関東地方以西~四国、九州

| | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-20 (Sun)
11月初旬のアマチャヅルは まだ葉が青々・・
生葉を口にすると甘いことから”アマチャヅル”の名前があります。
子どものころ噛んだチガヤのあの甘さ♪
amatyazuru1

果実も まだ緑色。
amatyazuru2

今はすっかり葉を落とし 黒緑色の果実だけがよく目立つ。
この場所でこんなに果実がなることを知らず、あちこち雌花を探していたなんて(苦笑)
花はとても小さいけれど星型の花は私のお気に入り。
過去の”雄花”記事は→こちら
来年はここで雌花ゲットができる!!!!(忘れなければ・・・ですが・・)
amatyazuru3

黒緑色の果実にリングマーク入り。
萼や花冠の跡なんだそうです。
amatyazuru4

見た目 固いのかな・・という感じですが、潰してみると ブシュ!! 果汁がはじけ飛びます。
今まで花と果実を撮影したらおしまいで 中がどうなっているかなど考えたこともありませんでしたが、時にはこんなふうな所まで見ると外見ではわからない部分が知れて面白いものですね。
1個の果実に 黒っぽい2個のしっかりした種子がはいっていました。
意外にゴツゴツした種子。
私の母は アマチャヅル茶がブームだった頃、葉を陰干ししたり この種を採取してきては、畑やプランターに撒いていましたがどんな効果を求めていたんだろう???
薬本には 高麗人参を超える薬効成分が含まれていると書いています・・
amatyazuru5

■アマチャヅル■ウリ科 アマチャヅル属

林縁などの日陰に生える蔓性多年草
花期 8~9月
分布  日本全土

| | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-18 (Fri)
続報!(再び  イヨカズラです~)

ツワブキのそばで カウントダウン状態だったイヨカズラ。
少し離れたところで見たら、”えっ ツガボックリがぴったり入ってる・・凄い~ホールインワン?!
慌てて 近寄ってみて大笑いしました・・(んな訳ないですよね)
こんな場所にツガボックリなんかあるはずないし・・。

でも いつもなら その後はお決まりの綿毛姿なんですが。。このタイミングはお初♪
iyokazurak6

”綺麗~~~”この自然美といいますか、袋果の内部は2部屋あるようにも見えます。
例えて言うなら、雨上がりのマツボックリの 松かさの部分がしっかり閉じているのと似ていませんか。
iyokazurak7

白いところが綿毛。
でも綿毛になることを知らなければ、プラスチック製品の雰囲気(笑)

なにひとつ不必要なものはなく イヨカズラが生き残るための一番大切なものだけがしまわれている袋果・・
ただただこの美しさに感動。
そしてこんなふうに 家の中も 常日頃から 本当に必要なものだけにして 整理整頓しなきゃ・・とこの時期感じる私でした(苦笑)

無事に子孫を残せる場所に旅立てますように♪
そして又 これらが花となり 実となりますように・・
iyokazurak8

| | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-16 (Wed)
この夏 見つけた避暑地・・でも今は寒い(´m`)
といっても近場ですが あまり知られていない谷あい。
標高が高いでもないのに。。何故か涼しくて 暑さに弱い私の今年見つけたお気に入り。
マイフィールド2。
その谷沿いで 見かけたフユザンショウ。

名前の由来は 冬でも葉が枯れないで残ることからきているようです
割とどこにでもあるものかなと思っていたけど、こちらではそんなに多くはないみたい。

花も咲いていたでしょうが その頃はまだここを訪れてなかった(笑)
この頃は まだ実が緑。
(8月初旬 撮影)
fuyuzannsyou1

そして今 実が真っ赤。
サンショウの葉の佃煮や実山椒大好きですが、これはそんなふうにできるのかしら???
ひと粒 口にして見たところ 予想をはるかに超える~!!!
唇も口中も しびれはマックス(汗・・)このままどうなるんだろうと思いましたよ。
かれこれ20分ぐらい ・・取り乱しました。。冷や汗タラタラ。
完全に 麻痺状態(ノ´Д`)ノ
やはり調理しないと無理なのかしら??
そもそも 食べていいの??(コワカッタ・・)
fuyuzannsyou2

この光沢のある深い緑。  軸に翼がある葉・・見るたび”かっこいい~”。
常緑種らしいですが 夏の頃より葉が少なくなったり、黄緑の葉もあるので 半常緑?!
葉を揉んで見た所、サンショウの香りは かすか~にするけれど・・・・・程度かな。
(嗅覚も差があるので感じ方はさまざまでしょうけど)
fuyuzannsyou3

対生する鋭いトゲ・・
fuyuzannsyou4

うう・・・ピントが ずれてる<(_ _)>
真っ黒のツヤツヤした実。
赤と黒のコントラストは他の植物にもあるけれど 綺麗ですね。
5mmほど。
人間には刺激が強すぎるけど野鳥はオッケイなのかしら・・
fuyuzannsyou6

裂開して実が完全になるにつれて 凹凸した皮の表面は赤から 茶褐色へと変化していくようです。
来年は 花を見なきゃ。。
fuyuzannsyou5


■フユザンショウ■ ミカン科 サンショウ属

  樹高 2~4mの常緑低木
分布  関東以西, 四国、九州、沖縄
| 樹木 | COM(6) | | TB(-) |
2015-12-14 (Mon)
♪イヨカズラ・クロバナイヨカズラ ”花”は →こちら

海岸近くで 花が終わったツワブキの茎に絡まって イヨカズラの袋果が2つ揺れていました。
綿毛になるのはもう少しかかりそう・・・
iyokazurak1

こちらは 表面がしわしわ・・
iyokazurak4

ひっくり返すと・・・(ノ _ _)ノカウントダウンのようです。
iyokazurak5


そーだ (;゚д゚)ァ....・・クロバナイヨカズラの事を思い出し、過去に見つけていた2箇所へいってみると・・・
緑色と薄紅色が仲良く寄り添ってる♪なんで????色がちがうんだろ・・
iyokurobana1

そしてもう1箇所へ。花の時にクロバナイヨカズラに赤いリボンを結んでおいたの。
ということは、クロバナイヨカズラの袋果は緑じゃなくて 薄い紅色に。
不思議ですね・・花の色が違えば、こんなところにも色素が影響するなんて・・
kurobanak1

これはイヨカズラの種子ですが、もしかしてクロバナイヨズラは綿毛までも色が違ってたりしたら・・びっくりですね(笑)
タイミングが良くなければ見れないかなあ~・・・苦笑
iyokazurak2

整理整頓されたように並ぶ綿毛・・
冬の陽ざしの中で 風が吹くと ひとつ またひとつと ゆっくり旅立っていきます。
iyokazurak3
| | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-12 (Sat)
農道近くの川岸に真っ赤な実が見えたので、河原に降りていくと、♪クコの実です
すっかり葉がなくなると 何だろうって思います。
kuko1

しかし海辺の道端では まだ葉が青々。
kuko2

色落ちしたのもあるけれど、まだ咲いています。
kuko3

薄い紫色の5弁の花。
kuko4

完熟をひとつ口にすると最高に甘くて( ̄▽ ̄)b グッ!
赤色でこれだけ熟しているのに沢山残っているの 鳥たちは好まないのでしょうか。
2cmほどの大きさは目立つと思うけど・・
kuko5

クコは昔から 葉も実も樹皮も薬効成分が豊富のようです。
kuko6

薬草の本には クコ茶、クコ飯、クコ酒などいろいろ楽しめる薬草だとありました。
中は小さな種子が沢山。
kuko7


■クコ( 枸杞) ■ナス科クコ属

原野、川岸、道端など明るい場所に生える落葉低木
花期  7~9月頃
分布 日本全土
| | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-10 (Thu)
自宅周辺の道・・いつも通る道ですが こんなものが生えてたのは知らなかった(ノ_< ;)
ぱっと見 枯れた樹木の苗にも見えたし、色が色。
緑色の葉がある訳でもないし気がつかなかったのかも。

kintyou1

マダガスカル原産の帰化植物 その名は”キンチョウ”→錦蝶
(名前に辿り着くまでほとほと時間がかかりました)・・┐(´д`)┌
名前に辿りついたあと いつもの野草検索のようにカタカナでキンチョウと検索をかけると、金鳥やカトリセンコウばかり(笑)
チャウ(・_・ 三・_・)チャウ。

なんでも近畿地方以西、四国、九州方面で野生化していて沖縄地方では民家の石垣にはびこっているようです。
みなさんの地域ではいかがでしょうか。

人も行き来する道ゆえに カメラ撮影どうしようか迷いましたが、、恥ずかしがってなんていられない(苦笑)
すでに帰化植物として有名なヒメツルソバも仲良く混生していました。
よくこんな隙間に根をおろしたものですね・・
kintyou2

よほど乾燥したところが好きなようです。
kintyou3

この近くは土地が低いので 雨が多いと簡単にあふれ出す地域。
水の流れでどこからか運ばれてきたのでしょうか。
コンクリートに生える苔の中にも小さいですがあちこち苗が育っている様子。
緑色はオカタイトゴメ・・これも街の中でも大繁殖していますね。
どちらにしろ見ているだけでも どんどん広がっていく気配です。
kintyou6

kintyou7

模様はヒョウ柄っぽくて 少し気持ちが悪く不気味。
kintyou4

この吸盤のような部分は何???
大きな株ほど 下部分が木質化していて・・これからどんなふうにどこまで成長するのか見てみたいけれど・・
あっというまに大群落になってしまうのでしょうね。
kintyou5

■キンチョウ(錦蝶)■ベンケイソウ科 ブリオフィルム属(カランコエ属)


| flower | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-08 (Tue)
  ハマナタマメの花は→こちら

以前は 砂浜海岸の波打ち際から少し上がったような砂利浜に蔓を広げているのを見かけましたが、あの水害があってからなのか海岸よりの陸地に見かけます。
海岸にあったとしても ゴミや流木が集まるような海岸の縁の草地といえばいいのかな。
hamanatamame2

押し寄せられたままの位置で 育っているのかもしれません。
hamanatamame1

ミツバアケビやクズの葉と若干似ていますが、海岸植物なので 葉も厚く、テカリが違います。
hamanatamame4

3出複葉の葉。
hamanatamame5

hamanatamame6

初めて見た時は花から想像もつかない大きなサヤに驚きましたが、今見ても他のマメ科野草に比べれば一番大きいかも。
hamanatamame3

約10cm前後の豆果。
hamanatamame8

焚き火で サツマイモを焼くように ”ナタマメ焼き”かと思うほど真っ黒コゲコゲ。
hamanatamame7

この状態になると 指で簡単にサヤがつぶれて立派な種子ができている。
ソラマメに似ていますね。(笑)
発芽するまで時間がかかりそうな?とても固い種子です。
hamanatamame9

 ■ハマナタマメ■(マメ科・ナタマメ属)
| | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-06 (Sun)
北風に押し出されるかのように 私の好きな季節が去っていきます。
野山、海岸、道端にも だんだん花の色を見かけることも少なくなってきましたね。
黄色の花が一斉に咲き始めると 年内野草のフィナーレだよ・・って教わったけど確かにそうですね。

今は それぞれに変化していく姿の観察でしょうか・・(*'-'*)。

懐かしい色です。。

というのも ブログ初期のころ ノササゲの実に出会えないでいた頃、お友達が郵便で送ってくれたこと(笑)
こんな綺麗な色を 見つける力も探す力もなかった(///∇//)
今思えば 見上げる・・ということを知らなかったんだろう・・と思います。
nosasage1

違う場所でも。
熟しかたが違うのか色が微妙にちがうけど、これもいい色合い。
薄い黄色の花は目にとまりにくいけれど、この色は枯れ野を歩いていても結構目立ちます。
nosasage2
だんだんと薄い紫色から 濃い紫色へと変化していくのでしょうね。
nosasage3

ノササゲの種子はじけて飛ばないようなので、できるだけ子孫を残すために・・と独特のカラーで鳥たちを挑発するのでしょうか。
認識できるのかな?・・
nosasage4

nosasage5

果実も紫色?!と気になり ひとつ開けてみました。
ツヤツヤです。
ごめんなさい・・・まだ未成熟。
nosasage6

| | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-04 (Fri)
ホウライカズラの花は→こちら

真夏に花をつけるので、もうそろそろかなと立ち寄ったら まだ緑色でした。
(11月5日撮影)
houraikazuram1

そして 先日 念願の”オレンジ色の果実”かなり高い所に発見(*゚Д゚) !。
そもそもホウライカズラそのものが 少ないので他へ・・という訳にもいかず(苦笑)
他の蔓性植物と絡まって大変ですが オレンジ色が目立ちます。
地面から高さ2mまでは草刈りされていて、さらにその上2~3mの位置( ┰_┰)
houraikazuram2

思案しながら 後ろに回って木によじ登り、なんとか蔓を引っ張って撮影・・(汗・・)
対生する葉のわきに1つずつ花が咲くので、果実も同じくらい見れることを期待していましたが、・・上のほうでチラホラ。
葉は サカキカズラに少し似ています。
houraikazuram3


houraikazuram4

果実は直径1cm前後。
ほとんど虫食いが多く 綺麗な果実は数えるほど・・
houraikazuram5

気になる種子を取り出してみました・・とっても面白い形ですね。
お碗型しています。
houraikazuram6

ホウライカズラの名の由来は あまり目にすることがない植物なので 中国伝説の山 ”蓬莱山”にちなんで名付けられたそうです。

■ホウライカズラ■マチン科 ホウライカズラ属

分布 本州(千葉県以西)、四国、九州、沖縄
花期 6~7月  
果期11~12月
| | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-03 (Thu)
少し前に雨続きがあり暖かかったせいか マイ・フィールドでキクラゲとクリタケを見つけました。
下がクリタケ。上に上に・・とついているのがキクラゲ。

キクラゲは 同じ木に何年もはできませんが、クリタケはここでもう6~7年できています。
毎年 梅雨ごろと秋雨のころ 年2回できるけど梅雨の長雨のほうが沢山。
いつもいつも収穫させてもらっているので安心。
kuritake1

高木で朽ちかけのエノキとタブノキが交差した股の部分に クリタケ。
いつもは 手のひら大のものが沢山積み重なって大量になるのですが急に寒くなったので成長がストップしたみたい。
kuritake2

もう少しは大きくなりそうな 小さいのもあります。
kuritake4

収穫・・(笑)
クリタケ御飯やけんちん汁、炒め物、などコリコリな食感と香りは最高。
kuritake5

(キクラゲ)
何箇所か見て回りましたがここのが一番大きく大量~。
最近は スーパーとかでもよく見かけますね 生キクラゲ。
また中国産乾燥品なども 安価で出回っているけれど、ぜんぜん違います。
kikurage1

採りたて・・手のひら大の大きさ。
kikurage2

味も香りもないキクラゲですが、コラーゲンたっぷり♪
ご近所の方にお裾分けしたら 多すぎたらしく(苦笑)そこから知り合いのおすし屋さんへ。
そこの板前さんは 甘辛く煮て にぎり寿司のネタにされたそうです。
kikurage3
| きのこ | COM(4) | | TB(-) |
2015-12-01 (Tue)
少し寒くなったかな・・とは思いますが  それでも南紀の今は海岸線なら半袖一枚で散歩できる暖かさ。
散歩がてら歩いていると・・ヽ(*'0'*)ツ ワァ花だ!!!!
道の下に見慣れない白い花が沢山咲いている・・・・
海岸へ降りて下から写してみました。
haiawayukisendangusa1

コシロノセンダングサ?と一瞬思いましたが こんなに花が大きかったかなあ?
最近 この仲間ぜんぜん調べることもしなかったので・・
haiawayukisendangusa2

花弁が長くて・・垂れ下ったように見える・・
haiawayukisendangusa3

花の直径2,5~3cm。
haiawayukisendangusa4

花弁の数 これが一番多く8枚・・
だいたい4~6枚。
haiawayukisendangusa5

コシロノセンダングサと比較してみました。
上よりは 花弁が丸いです。

(コシロノセンダングサ)
kosironosendangusa

帰宅して調べると タチアワユキセンダングサというのがあり そちらは小葉が5枚複葉なのに対し、ハイアワユキセンダングサは3枚複葉とありました。
最初の画像で タチっぽい?雰囲気ですが 下部分が這う感じで 上半分からまっすぐ立ち上がっているように思えましたので”ハイアワユキセンダングサ”でいいのでは・・と思いましたが両者を分けないとするところもあるようです。
haiawayukisendangusa6

haiawayukisendangusa7


haiawayukisendangusa8

(ハイアワユキセンダングサ)
棘状の先端が 少し曲がっています。
haiawayukisendangusa9

(コシロノセンダングサ種子)
kosironosendangusa1

ハイアワユキセンダングサは1840年代に観賞用に日本に導入されたそうで九州南部、沖縄に増え続けているらしく要注意外来生物に指定されているそうです。

       ■ハイアワユキセンダングサ■キク科 センダングサ属

            道端、荒地、畑などに蔓延る。
            熱帯アメリカ原産の帰化植物  
              草丈  50cm~1m
               花期 1年中
| flower | COM(2) | | TB(-) |