06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-07-31 (Mon)
何年ここを歩いただろう道・・・
少し前に草刈りが終わった古道で。

苔むした石の隙間から 見たことのないものが出ている。
なんとスリムなテンナンショウ属?(^w^) ・・・。
しかもたった1株。
調べて”カラスビシャク”だとわかり大喜び♪
3~4年前に見たくて探し回ったのに会えずじまい。”なんで今まで気づかなかったの~?”(笑)
karasubisyaku1

。。。と立ち上がれば横は畑。
karasubisyaku7

手前は まさにネットで見る カラスビシャクの生える草むら環境だ~きっとここにあるにちがいないと思いました。
古道の1株は 何かで種が落ちて成長したのだろう・・・。

。。。『+』*゜∀`)σ⌒発見。
あったーーー!!!!
こんなところに生えていても この畑の持ち主でさえ気づかないかもしれませんね・・
”どれが僕かわかる?!”的な存在。
「ウオーリーを探せ」の絵本思い出した(´m`)
一枚目の画像のものが目に入らなければ思わずスルーしてしまうところでした。
karasubisyaku2

蝉がミンミン、蚊はブンブン、頭から汗が流れ出す・・・┐(´д`)┌
さらに草むらを掻き分けて探すと、沢山の葉を見つけました。
karasubisyaku13

古道の一株とは違うこんな葉・・まるでカンアオイ。
karasubisyaku9

で・・こんな葉も。
karasubisyaku10

葉もいろいろなんですね・・おもしろい・・
そして一番気になる部分。 よほど大切なものが包まれているだろう内部。
外側を仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ぶそうです。サトイモ科の植物に見られる大きな”苞”。
カラスビシャクさんにちょっと御免なさい・・とのぞいてみました。
karasubisyaku5

そしてそして3枚の小葉のど真ん中・・
なんだろうと撮影してみたら”ムカゴ”(球芽)のようです。
1cm弱ほど。
変わった場所につくのですね・・ますます面白くなりました。
karasubisyaku6

(;゚д゚)ァ.... ここにも地面ぎりぎりのところに”ムカゴ”。
karasubisyaku8

この小さなお芋さんひと粒から苗が芽生えるんでしょうね。
果実は緑色になるそうなので 経過観察してみなきゃ・・。
最終的にはどんなふうになるのかしら・・とっても興味深くなります。


それから1週間過ぎて・・

雄花の部分は閉じられ、小さだった雌花が膨らんで 緑色の果実が顔を出していました。
karasubisyaku11

karasubisyaku12

wikiでは 中国から古くに帰化した史前帰化植物とありました。
そして畑の雑草扱い”カラスビシャク”

こんな草むらに生えるのは スリムなボディがスクッとまっすぐ立っていられるように・・
雨に打たれても 風にあおられても回りのものにささえをもらいながら・・・
とってもいじらしい・・
ムカゴもつき方、葉のいろいろ、不思議の多いカラスビシャク。
私のお気に入りになりましたヽ(´ー`)ノ


■カラスビシャク(烏柄杓)■ サトイモ科 ハンゲ属

  環境  畑、農地周辺の草地、土手
  草丈  20~40cmの多年草
  花期    5~8月
  分布   日本全土
| flower | COM(2) | | TB(-) |
2017-07-28 (Fri)
 山地の車道沿いで今一番多く見かける”キヨスミギボウシ”
ウスムラサキ色で大きめなので風にあおられ涼しげだけど 他の野草に囲まれすぎてあまり気づかれない存在。
この時期はどこも草刈り草刈りで 撮影もそれより早く行かなければ・・と気をもみます。
ここも もうすぐそこまで草刈り作業がせまってきているから これで見納め。
kiyosumigibousi1

側溝のそば・・草に覆われていますが後ろは岩盤でしょうか。
足を踏み入れるとマムシでも居そうなぐらい草が深く茂っている・・
数年前の私はこうゆうとこ平気だったのですが(苦笑)近頃はマダニのこともありちょっと臆病。
kiyosumigibousi2

下から咲き終わっていく様子。60~70cmはあるかしら。
kiyosumigibousi3


kiyosumigibousi4

光沢のある綺麗な葉ですが 昆虫が食べてしまうようで かじられているものが目立ちます
葉先はとがっていて基部は心形、縁は波打つ。
葉の片側に支脈が8本以下がめやす。
kiyosumigibousi5

漏斗状花は淡紫色で長さ4~5cm。 
kiyosumigibousi6

苞はボート状
kiyosumigibousi7
     
    
  このキヨスミギボウシは低地に多く見られるので全国分布だと思っていたら
      地域限定品だったのですね。

       ■キヨスミギボウシ■ ユリ科  ギボウシ属

       環境 山地の湿った岩場や林縁に生える多年草。
       草丈  30~60cm
       花期  6~7月
       分布 本州(関東、東海、近畿)
       千葉県清澄山で最初に発見されたことが名前の由来。
| flower | COM(4) | | TB(-) |
2017-07-26 (Wed)
トモエソウもカワラナデシコレベルです(笑)
こちらでは そうそうあちこちにあるものではない感じ。
2ヶ所で見つけていたけど 1ヶ所はなぜか消滅。。。なくなっていました。
やむなく少し遠出。ここ標高450mぐらいかな。
今年は 野草たちの進み具合が 半月ほどおくれている・・その計算で出向いたのに・・
あ~~あ 出遅れちゃった_| ̄|○
こんなに沢山咲いていたはずが~~~ホラッ・・
tomoesou1

トモエソウがある斜面の下はこんなふう。
まだ紀伊半島大水害の爪あとが残っています。
もしまた大雨で土砂崩れがあれば トモエソウも下まで流れてしまうのではないかと気になります。
tomoesou2

どれにしようか選ぶほども花がないので(苦笑)
tomoesou11

オトギリソウ科の仲間は識別困難ですが、トモエソウの花は直径5cmと大きく、照りつける太陽の下でレモンイエローの輝きをはなっています。
でも寂しいことに一日花。
tomoesou12

花びらが卍形なので巴草。わかりやすいネーミングですね。
tomoesou3

めしべの先端が 5つに分かれその周囲を沢山のおしべたちが取り囲んでいます。
tomoesou4

まだ ”つぼみ”
唯一の”つぼみ”・・でもこのひと花の開花のためにもう一度出向くのはちょっと・・
マタ 来年にしておこう。
tomoesou5

葉は対生。
tomoesou9
tomoesou10

オトギリソウ科によくある黒点はなく 葉に明点だけがあります。
tomoesou8

茎は無毛。4稜。
葉の基部は やや茎を抱いています。
tomoesou7

朔果になっても柱頭の5裂がしっかり残っているんですね。
この子たちが又 来年の花となってくれますように・・・
tomoesou6



     ■トモエソウ■オトギリソウ科 オトギリソウ属

        • 山地の草地や丘陵地に生える多年草
        ・ 草丈50~100cm
        ・ 分布 北海道~九州  
        •  花期   7~8月
| flower | COM(2) | | TB(-) |
2017-07-24 (Mon)
しばらくぶりのキノコエントリーです。
今年は雨が少なかったためかあまり見かけません。

今まで出会った中で いちばん大きな大きな”キノコ”です。
ファインダーをのぞいたら  =( ・_・;)⇒ アレ? 右後ろにも発見。
チャコールグレーのキノコって初めて。

ネット検索なので 自信はありませんが”ハイカグラテングタケ”ではないかと思います。

"ハイカグラ”とは「灰神楽」と書くようです。
(ことバンク参照)
=火の気のある灰の中に湯水をこぼしたとき、灰が吹き上がること。また、その灰けむり=
全身 灰パウダーに覆われたキノコだから ネーミングになったのでしょうね。

もし間違っていたらご教示よろしくお願いいたします。

周囲はシイやカシ・・・・クスノキなどで覆われている林内。
haikagura1

同じものだと思いますが こちらはまだ傘が開いていない。
2個とも高さ20cm強あります。
haikagura2

写し終えて 振り返ったら(*゚ω゚*)ん?ノラチャンが(テクテク・・
大きさの参考になるでしょうか・・とパチリ。
ニャンコの顔より 傘のほうが大きい。
haikagura3

てっぺんこげ茶色の部分は土が乗っかっていて、グレーの部分 灰をまぶしてかたまってしまった?みたいな・・
キノコも 専門用語あるんでしょうけど私にはわかりません。
haikagura4

さらにズームしてみました。
粉っぽいのでフーっとしてみましたが何も飛ぶ気配もなく。
haikagura5

柄の部分
haikagura6

そして気になって2日後。

ない!!!4分の1 欠けてる・・落ちてもいない・・
まさかニャンコが食べるわけないし、この付近 野うさぎがいるらしいからそっちかな?
haikagura8

傘は33cmにもデカくなっていまして・・再びオドロキ。
それにしてもこの断面見ると、食用になるのでは?とおもえそうに肉厚(゚0(;;:)
時間が経過しているのに真っ白ですもの・・
haikagura9

一番 不思議だったのは・・最初見た時ササクレだった柄の部分。
グレーのパウダーかかったみたい・・
一部 私が指でさわった部分 あとがついてます・・(-o-)/。
さらさらした感覚。
haikagura7

2日も経過しているのに 柄の部分も変色もせずに綺麗。
haikagura10

       ■ハイカグラテングタケ■テングタケ科 テングタケ属

           夏~秋に広葉樹林の地上に発生する大型キノコ。
            触れると、表面の灰褐色の粉が付着する。
| きのこ | COM(2) | | TB(-) |
2017-07-21 (Fri)
薄暗い山道の至る所に 真っ白な花が目についた。
もしかしたら今までどこかで出会っていたような???・・・・(´ヘ`;)
微妙に似ている仲間がいるから記憶もうつろ・・。 
過去を振り返ってみると 9年ぶりの再開Σ(・・;)゛ヤマトウバナです。

さほど小さい花でもないのに あいにくの曇り空、時おり小雨もぱらつくお天気(って言い訳か・・(〃∇〃)
画像がよくありません悪しからず・・


大きさは8~9mm 白色の花。
このように岩壁を覆うように・・・びっしり・・
yamatoubana1

歩く道にも・・・
yamatoubana2

地面に生えて伸びる姿。
やや斜上しながら伸びていくようです。
yamatoubana3

 葉は対生。長さ2~5cm。
yamatoubana4

先は少し尖っていて、粗い鋸歯があり、葉柄は5~10mm。
yamatoubana8

ガク、茎、 葉の裏脈に まばらに毛が生えている。
yamatoubana5


yamatoubana6

シソ科特有の唇形・・
上唇が浅く2裂、 下唇は3裂。
yamatoubana7

ヤマトウバナの変種でコケトウバナがあるようですが・・どこかで出会えるかな・・


             ■ヤマトウバナ■  シソ科 トウバナ属

           ・ 草丈10~30cmの多年草
           • 分布 本州(東北地方南部)~九州 山地の木陰
            •  花期  6~7月
| flower | COM(2) | | TB(-) |
2017-07-18 (Tue)
こちら沿岸にも、山側でも見かけない・・カワラナデシコ。

5~6年前 伊勢湾付近の 海に面した岸壁で見たのが初めて。
”カワラ”の名がつくから 河原で夏風に吹かれて咲く姿ばかりを想像していたのに 高い岸壁にトベラやハマカンゾウに混じって見たのは私にとって予想外でした。

普通にありそうなのに・・なぜなんでしょ(苦笑)。
ついこの頃まで 希少植物では?と思ったほど。
以来 出会えないので すっかり忘れていました。

(当時の伊勢湾にて)
kawaranadesiko6

ところが先日 県外の山地の道沿いで カワラナデシコに出会った。
海にも山にも対応できるんですね~。。。
そんなに多くなく20m範囲ほどで10株あったかしら。
kawaranadesiko1

濃い目のピンク色だから すぐ目に入ります。
kawaranadesiko2


この日もとっても暑い日でしたが この場所はサラっとした風が通り抜けていくようなところ。
ススキやホタルブクロにまじって心地よさそうに咲いています。
流れる汗も撮影している間に忘れてしまえるほど。
海岸部にもあり このような草原に近いような場所にもあり 幅広く生育できる植物だったんですね。
kawaranadesiko3

すんなりスリムな草姿、 細かく切れ込んだ花弁がすずやかな印象。
kawaranadesiko4

いつか河原風景をバックに咲いているところに 出会ってみたいものですが、ネットにも”草原”や”海岸”で・・
といったものがほとんどでした。
kawaranadesiko5

         ■カワラナデシコ■ナデシコ科 ナデシコ属

          ・ 草丈30~80cmの多年草。
          ・ 環境   日当たりのいい草原や河原
          •  花期   6~10月
          •  分布  本州~九州

| flower | COM(2) | | TB(-) |
2017-07-14 (Fri)
梅雨明けも間近かな?のじとじと湿っぽく薄暗い杉林。
こんなことに興味を持っていなければ この時期 この環境にまず来ないでしょうか(笑)
人の気配どころか 車は一日一台走るぐらい・・
しかもそれは郵便配達車だったり(='m')
sugibayasi1

道路下に広がる杉林を降りていくと小さな小川が流れていました。
sugibayasi2

ふと足元に見覚えのない小さな葉が点々と。
”ミヤマナミキ?・・うーん・・ちがう・・なんだろう・・でも・・ん~。。とひとりごと…( ̄。 ̄;)ブツブツ
miyamanamiki1

周囲気になって見回す・・
(散策していて こんな時 一番ワクワクしませんか。。)
結構広範囲に見られました。
なのに 川向こうにはぜんぜん見つかりませんでした。
miyamanamiki2

綺麗なんです・・・葉・・・とっても。
ベースが紫色で、脈が黄緑色。
でもミヤマナミキが脳裏からはなれない私・・似てる・・でも迷う ・・
以前覚えているものとは印象が違うので。
miyamanamiki10.jpg

開花したものがないか 薄暗い樹林の下をうろうろ。
苗はかなりあるけれど 陽ざしが入るような場所だけようやく咲き始めを見つけました。
あ~やっぱりミヤマナミキでいいのか・・と花を見て思いましたが 思えば思うほどこんな色変わりさんってあるのかな・・と。
miyamanamiki8

(茎の上部)
ルーペで確認したところ、ほとんど無毛。
少しまばらに毛がある程度。
miyamanamiki10


(葉の表)
葉は2.5cmほどで 薄い。
普通タイプのミヤマナミキの葉に比べると 丸みがなくて三角状の葉・・
そして紫っぽい色でなんだか違った印象。
miyamanamiki4

(葉の裏)ルーペで腺点も見えました。
miyamanamiki5

葉の色から シソバタツナミも検討しましたが これほとんど無毛だからやっぱり違う。
これ以上のことは素人なのでわかりません。
もしこのようなタイプのミヤマナミキに出会われたとか 何かご存知の方いらっしゃいましたらご意見お聞かせ下さい。

少し離れたところで 普通よく見られるミヤマナミキも花を咲かせていました。
(普通タイプ)
miyamanamiki9
miyamanamiki6



     ■ミヤマナミキ■シソ科 タツナミソウ属

   ・ 環境 山地の木陰に生える多年草
   ・ 草丈  5~15cm
   ・ 分布  (温帯、暖帯)関東地方以西、四国、九州


| flower | COM(2) | | TB(-) |
2017-07-11 (Tue)
古くからの漁港。目的の花を確認してきて、ひと休み・・と腰を下ろしたら(*゚ω゚*)ん?
”ハンゲショウ"が咲き始めています。
画像でもわかるように10mもない先は海・・
(6月24日撮影)
hangesyou1

まさか海水で成長した訳でもないだろうに・・こんなところに?とても不思議。
ハンゲショウの生えた上は海の岩盤で そこに一部海水ではない水が染み出していたのだろうか???
(確認しわすれ・・(→o←)ゞ)
 みなさんは こんな環境で出会うこともあるのかしら???
それにしても広範囲に陣取って群落モード。
hangesyou2

草丈も大きいし、葉の一部が白くなるから少し遠くからでもそれってわかるけど そのわりには地味な印象をもってしまう花です。
hangesyou3

これから夏へと白い葉も目だってくるのでしょうね・・・・
このときはまだ 半分もお化粧していなくて ベースクリームの段階でしょうか(='m')
大半が緑色。
hangesyou4

花穂もまだ小さく立ち上がるまではいかない。
hangesyou5

hangesyou6

半夏生(はんげしょう)とは季節の節目という説。
葉が名前通り 半分白くなって化粧しているようになる頃合という説。

この頃に降る雨を”半夏雨”(はんげあめ)と言って、大雨になることが多いんだそうです。
たしかに・・先日も各地でゲリラ豪雨・・しとしと通り越して長い間よく降りました。
九州北部の記録的豪雨に尊い命、大切なものを奪われた方々にお見舞い申し上げます。

ドクダミ科独特のあの臭いあったのかしら・・
あまり感じませんでした。

■ハンゲショウ(半夏生)■ドクダミ科  ハンゲショウ属
 別名 カタシログサ(片白草)

  ・草丈50~100cmの多年草
  ・環境 低湿地や水辺
  ・分布  本州、四国、九州
   •花期  6~8月
| flower | COM(2) | | TB(-) |
2017-07-07 (Fri)
お気に入りの”カギカズラ”の花が咲く季節になりました。

もう何年前になるのでしょう。
このブログを始めて間もないころです。
山歩きの途中このカギの古くなったものを拾って帰り お友達に画像を送って尋ねたこと。
まさか植物とは思わず釣り道具かなにか・・だと・・(//・_・//)恥・・・
”カギカズラですよ・・”と教えて頂きました。それ以来 まんまるお花の虜。

それぞれ植物はなんらかんら生きていくための独自の武器を持っているんですね。
より高く、より広く・・そのためにこの”カギ”は絶対的に必要なんでしょう。
時には自分同士で引っ掛けあいもするけれど よくできてる・・
そしてこの形がそのままネーミングに。
kagikazura10

谷あいの高木に絡まっているので カメラで捉えられそうな場所を何ヶ所も探し回って・・
これは道路沿いのガードレールぎりぎりの所。
下を見下ろせば 断崖絶壁でひやひや。
見つけたと思っても道路整備の時にいつバッサリ切られてしまうとも限らない・・(苦笑)

kagikazura1

自然の中でも ほとんど嫌われ者かもしれないけどお気に入り♪。
レンズを通さないで肉眼では こんな感じ。
ホワホワッとしてそれほど目に止まるでもない・・
kagikazura2

これは少し前に様子を見に行って撮影した画像。
まだ青い蕾の状態。
kagikazura3

1cmもないかな。
kagikazura4

少し日が経つと 一変。
kagikazura5

花冠は1cm弱ぐらいで漏斗形。
kagikazura6

筒の部分 ほんのり赤みがかかってくると よりいっそう綺麗。
薄緑色に突き出した花柱もアクセントになってて 素敵。
2cm~2,5mmほどの花です。
kagikazura11


kagikazura7

ひとつずつ花が落ちています。
kagikazura8

そしてガクだけに。
kagikazura12

あのちっちゃな蕾が まるで 花火のよう。
花画像は くもりのち雨・・のお天気だったので来年は青空の日に 撮影できたらいいな。。
kagikazura9

   ■カギカズラ■ アカネ科  カギカズラ属

   ・山地の林縁、谷あいなどに見られる常緑つる性
   ・分布 本州(千葉県以西)~九州
   ・花期  6~7月

| つる性 | COM(2) | | TB(-) |
2017-07-03 (Mon)
かなりエントリーが遅れました。ギンリョウソウ。
(2017  5月20日撮影)

今までギンリョウソウは”白色”しか見たことがなかったのでこれ見た時はちょっと驚きです。
あいにくの逆光でうまくキャッチできなくてごめんなさい。
ginryousoup1

幾度か散策に来ていた場所だけど、まさかここで珍?なギンリョウソウにお目にかかるとは・・
3m範囲に7~8ヶ所ほど生えていて、一緒にいた花友さんに
”来てみて~へんなのがあるよ~ギンリョウソウがピンク!!!”

かえってきた言葉が”目がおかしいんじゃないの~!”って右から左(-"-;)
ginryousoup2

少し上にも。これならピンク色がかってるの伝わるでしょうか。
ginryousoup3
ginryousoup4

ネット検索ではこういったものを”ベニバナギンリョウソウ””ベニギンリョウソウ””ウスベニギンリョウソウ”など呼び名が様々。
ん~・・困った。
これは”ベニバナ”というほど濃い色でもない・・

そしてお師匠さんにお尋ねしたところ、”ウスベニかボンボリ・・が妥当でしょう”と仰られて”ウスベニギンリョウソウ”に落ち着きました。”ぼんぼり”と言われたのもわかるような気がします。
ginryousoup5

こうしてアップで見ると普通のギンリョウソウとどこも違いませんがちょっと可愛く・・
そしてやさしく見えたギンリョウソウなのでした。
ginryousoup6


   ■ギンリョウソウ(銀竜草)■イチヤクソウ科ギンリョウソウ属

            別名 ユウレイタケ・マルミノギンリョウソウ

                    分布  日本全土
              腐植土の多い暗い林床に生える腐生植物
                    丈   5~20cm
                    花期  4~7月
| 腐生植物 | COM(2) | | TB(-) |