09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-10-01 (Sun)
里山の川岸 両がわ 無限に生えていた”ヒメジソ”
100m以上 いやもっとかな・・川が見えなくなるところまで生えています。

イヌコウジュと似ているので間違うことも多かった(≧ロ≦)
でもやっと イヌコウジュとヒメジソが自分なりに判断できるようになったような(苦笑)
ヒメジソはよほど水のそばが好きなのでしょうか。
himeziso1

田んぼ横の水路や 山水がしみ出しているような林の道沿いにも多く見かけます。
こんな環境でイヌコウジュは見たことがありません。
himeziso2

いっぽうよく似た”イヌコウジュ” どっちかと言えば乾いた所が好きなようです。
乾燥気味の我が家の庭。 山の土100%のためかいつからか生え続けている。
なのに ヒメジソとの区別を怠っていた私。
見ぬふりしていても 花のほうから”勉強しなさい”とばかりに今年も現れる(笑)
投げ出さないでもう一度 違いを整理してみました。

(イヌコウジュ)
inukouzyu1

イヌコウジュは真上から見ると 上に卵形で先の尖った葉がついている。
inukouzyu2

ヒメジソには見ません。
この特徴はルーペいらずの一番わかりやすい特徴かなと・・
(水路近くのヒメジソ)
大きい葉はヤノネグサ。
himeziso3


●葉の比較

葉の鋸歯も見るものによっていろいろで鋸歯数だけで決定はできないことがわかりました。
図鑑などでは
〇イヌコウジュ=低い鋸歯で6~13対
(葉の質はやや厚い)
〇ヒメジソ=粗い鋸歯で4~6対
(葉の質は薄く ほぼ無毛)
しいて言えば ヒメジソの葉は ややひし形っぽいかな。
inuhimeha

●ガクの比較

初めのころは 絶対これが識別ポイントだと思って出会うたび見ていたところ、どっちつかずのものが結構あり・・
(これが投げ出す原因になってしまったように思う)
ここにポイントありと説明されている所が多いようですが ここだけで判断するのは危険。

〇イヌコウジュ=ガクの切れ込みが深く 3裂片が同等に尖っている。
          
〇ヒメジソ   =ガクの切れ込みが浅く 真ん中が短い。
           裂片があまり尖らない。

inuhimegaku1


●花軸の比較

〇イヌコウジュ 花軸に細毛が沢山
〇ヒメジソ  花軸に目立つほどの毛は見られない
inuhimeziku

●茎の比較
イヌコウジュは毛が多い。
ヒメジソは稜線に少し毛がある。
inuhimekuki
全体的に毛が多いのがイヌコウジュ。

●花の比較
inuhimehana

花の色で判別できるのなら苦労しませんが、ヒメジソは白ばかりではなく時々薄いピンクや、白&ピンクのものもありました。
こうして見ると 花そのものそっくりだけど よくよく見ると違いますね・・
おそらくこの違いを忘れなければ もう間違うことはなさそう("▽")
あと 香りが少し違う・・と教えて頂いたこともありますが嗅覚は個人差あるので(苦笑)

*(・。・。でも時には 例外さんもなきにしもあらず・・ですのでご了承下さいね。

■イヌコウジュ■シソ科 イヌコウジュ属

  ・環境  乾いた山野の道端
  ・分布  日本全土
  ・花期  9~10月

■ヒメジソ■シソ科 イヌコウジュ属

 ・環境 水路のそばや湿り気のある草地
 •分布 日本全土 
 •花期 9~10月

| flower | COM(2) | | TB(-) |