09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-10-10 (Tue)
たまたま立ち寄った”道の駅パーキングで。
足元に ¿ 見慣れないコニシキソウ・・・
(大きい葉は ヘクソカズラ)
真上から見ると 立ち上がるっぽいんだけど、、
調べると”シマニシキソウ”
simanisikisou1

これ見ると 赤っぽい茎はまばらに分岐して斜上。 下の部分では地面を這うようです。
 simanisikisou2

この仲間はみんな花が小さくて解りづらいけど これは一番てっぺんに花が集中。
ピンボケですがこの雰囲気なので目につきやすい。
残念なことに花は終わっていて果実になりつつある・・
simanisikisou3

葉は、長楕円状卵形~披針形で先端が少し尖っている。 対生。
大きいので2cmぐらい。
葉の形が特徴的なんですね・・左右対称ではない。
葉柄はあるかないかでごく短い。
simanisikisou7

他のコニシキソウに比べると葉に光沢があって質感が厚い。
脈がボコボコして見える感じ。
 simanisikisou4

触れただけでも 葉の裏や 茎に毛が沢山生えているのがわかります。
 simanisikisou5

まだ未熟な果実ですが表面に毛が見えます。
simanisikisou6

一年中咲くという花、そして種子・・ 
どこから運ばれてきたのでしょう・・困ったものが又ひとつ増えていきます。
経過観察しなきゃ。。

■シマニシキソウ(島錦草)■トウダイグサ科 ニシキソウ属

 熱帯アメリカ原産 帰化植物

・ 草丈30~50cmの1年草
・ 環境  道端、畑地、荒地
・ 分布 近畿南部、四国、九州、沖縄、台湾、中国(熱帯~亜熱帯域)
•  花期  1年中


| flower | COM(2) | | TB(-) |