04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2009-09-30 (Wed)
なんとなく、この手の葉は、一瞬身を引いてしまいそうです。
ママコノシリヌグイとかイシミカワっぽい葉なので、棘があるんじゃないかって(苦笑)
川岸を覆うようにこんもり茂っていた『シャクチリソバ』

ミゾソバやタニソバ・・ツルソバ・・etc「ソバ」とみんな名前についているけど、それらは”イヌタデ属”でこの”シャクチリソバ”と”ソバ”だけがソバ属だということです。
そういえば、近くで”ソバ園”ができたらしいけど、まだ見てません(苦笑)
シャクチリソバと似ているのかな(・・?
syakuchirisoba1

葉柄が長く、8~10cmの三角形で大きな葉。
ややしわしわしていて先が尖っている。
syakuchirisoba4

葉の裏は 脈上には短い毛が生えている。
syakuchirisoba5

でも心配ご無用~ε-(´▽`) ホッ。茎に棘なし。
赤っぽい茎がよく目立ちます。
托葉は鞘状。
syakuchirisoba6

葉の脇から枝を出し、上のほうで白い穂状の花を咲かせています。
花は5~8mm前後。
タデ科の花は小さくて撮影するのに大変だけれど、この花は有難い事に大きい。
syakuchirisoba2
syakuchirisoba7

横から見ると花柱3本が長く飛び出している・・
syakuchirisoba8

5枚の白い花弁?かと思ったら・・『ガク』。
オシベ8本にピンク色の葯が可愛い。
少し見難いですが、、(苦笑)花の奥にある丸く黄色い蜜腺にアリが沢山集まっていました。
syakuchirisoba3

■シャクチリソバ(赤地利蕎麦)■タデ科ソバ属

インド北部・ヒマラヤから中国南部原産のつる性多年草
日本には薬用植物として昭和初期渡来し、各地に野生化している。
『赤地利』の名の由来は茎の根元が赤いことからだそうで、牧野富太郎が命名。
花期 9~10月
| つる性 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。