08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009-10-25 (Sun)
葉の表面が上下に波打つように縮んでいて笹の葉に似ていること、新潟県の縮み織り(小千谷縮)に見立てて名がついた”チヂミザサ”

(9月撮影)
chizimizasa1

今まで、よく見たこともなかったのですがぁーー。
ある日 光が射したところに遭遇したとき、(/ ;゚ o゚)/ハッ!
chizimizasa2


chizimizasa3
chizimizasa4
 
茎に毛があるもの・・
茎(有毛)
chizimizasa5

毛がなく、ツルッとしたもの・・
茎(無毛)
chizimizasa6

お友達のお話では いろいろ変異があるようで特に分けなくても良いそうです。
しかし羽毛状に光る花の色の変化にウットリ♪・:*:・ ( ̄* )。
chizimizasa9

chizimizasa8

chizimizasa7

そろそろ綺麗だった花も終盤で、いよいよ人から嫌われる姿になっていくんですね~。
茎は枝分かれしながら地を這うので、たちまち群落を作って人や動物を待ち受けているかのよう(笑)
でもチジミザサが衣類にくっついて、手ではらおうとすると何故ヌルッとするんだろう・・ずっと気になってました。(⌒▽⌒)
chizimizasa10

くっつき虫と言われるものには、鍵状のもので引っ付くケースがあるけど、チヂミザサは小穂から出る3本のノギの部分から粘液を出すのでネバつくのでした。
chizimizasa11

chizimizasa12

■チヂミザサ■イネ科チヂミザサ属

分布 日本全土
山里や日陰の林内に生える一年草
草丈 10~30cm
花期8~10月
| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する