07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-11-27 (Fri)

                akagasi3

           樹高20mほどの見上げるべく 大きな大きな”アカガシ”

もっと遠くから離れてワイドで撮れば良かったのですが(苦笑)木の真下だったので

全体画像を撮れなかったのが残念。足元は断崖絶壁・・の谷底で、木を見て谷底を見ると脚がガクガク。

    常日頃からお世話になっている先生と一緒だったので名前を教えてもらいました。

     いつもなら標本採取する先生ですが この日のお目当ては これ\(⌒▽⌒)/

 ”わ~大きなどんぐり!”といったら”どんぐりと言う名のものはありません”だって(A-ェ-:

          そういいながら黙々とアカガシの実を拾う先生。

  訳を聞いたら、”小児科病院の待合室に持っていってあげたいから・・”と。

  インフルエンザがブレイクしてロビーで長く待たされる子供たちのために。

             なんとも心優しい側面も持つ先生なのです。

            ”実の帽子をさわってごらん”と仰るので・・・

              akagasi10

     ひとつ拾い 手のひらにのせた瞬間、”うっそ~なんか違う~暖か~い~”

                 帽子のところがフッカフカです。

           ビロードっていうか、高級感があってびっくり。

                   画像で伝わるかな・・・

           こんなぬくぬくした”どんぐりさん”って始めて。

    akagasi9   akagasi8

           下は谷・・左手に枝、右手にカメラ・・・

           手も足も震えてピンボケ。。(苦笑)悪しからず。

   実を拾い集めながら説明してくれる先生のお話もどこの空・・..・ヾ(。><)

   akagasi2 (表面)akagasi11 (裏面)

   akagasi4 (冬芽) akagasi5 (樹皮)

■アカガシ(赤樫)■ブナ科アカガシ属

(別名 オオガシ・オオバガシ)

分布 宮城県以南・四国・九州

雌雄同株の常緑高木

花期  5~6月

果期  翌年10~11月

赤みがかった樹木で堅いことが名前の由来


 小さい頃から”どんぐり”のひとことで片付けていたけど、それぞれみんな違っているのでしょうね。

ふと”同じブナ科のウバメガシはどんな帽子をかぶっているのだろうと探してみました。

ウバメガシは和歌山県の県木。海岸線に多く備長炭の原料でも知られています

地では ”バベノキ”と呼んでいます。

アカガシの帽子みたいに高級感はなくカサカサですがニット帽の柄にありそうな配色でしょo(⌒▽⌒)ツ☆

いろんな帽子集めてみるのもおもしろそう・・

   "ウバメガシの堅果”

  ubamegasi 

| 樹木 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する