08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009-12-08 (Tue)

     松林を歩いていて見つけた”カンコノキ”

             高さ、3~4m 

            kankonoki1 

 名前がわからず、自分で調べるにも こと樹木となるとさっぱり(;´へ`;Ao

 ひと枝持ち帰り、~~┗─y( ̄◇ ̄[]ゝモシモーシ・先生・・・

 ”葉の形が しゃもじみたいなの・・”というやいなや、”カンコノキでしょう””と(さすが~)

 調べて見るとどんぴしゃ・・(って私が知らな過ぎなのか?!)汗・・・

こちら周辺では どこにでもある木のようですが30分ほど山手では見ることはなく、三重県尾鷲市あたりまでの海岸沿いが限度ということです。

 ね・・葉柄がほとんどないから どう見ても ”しゃもじ・・”(⌒▽⌒)

 こうゆうのってあまり見ないから忘れずにいられそう~。

   足を止めたのも この葉に誘われて・・でした。

この葉の形が かんこ舟(川舟)に似ることが名前の由来になった説もあるような?。

   互生して2列に並んぶ葉・・基部は くさび型。

  触るとカサカサっとした手触りがとってもいい~v^^

   kankonoki2   kankonoki3 

 樹皮は 縦に割れ目が入ってます。小枝は 少し赤っぽい。 

  kankonoki5   kankonoki4 

 そして 見つけた 葉の脇の7~8mmほどのちっちゃい”実。

   ”実”をつけるということは 花も咲いたはず。

   小さな小さな花が咲いたのでしょうか???

   又来年の宿題が増えました( ̄▽ ̄;A 

  kankonoki6   kankonoki7

    ちっちゃいけど パンプキン型ですね・・

この果実が ”かっこ”という名のお菓子に似ているため”カンコノキ”になったいう説も。

    ”かっこ”を調べましたが たどり着けませんでした。

            kankonoki8 

 

       ■カンコノキ■トウダイグサ科カンコノキ属

  分布 近畿地方以西
  暖地海岸近くに見られる落葉または半落葉低木
  高さ2~5m
  花期6~10月
  雌雄別株ときに同株 

| 樹木 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する