10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010-04-30 (Fri)
                            近くにある河川敷。

3日に一度、雨・雨・雨の繰り返しが長かったけどやっと気温も安定してきたようです。
   近くにあってもあまり歩くことのない土手をぶらり。

ニワゼキショウ、オオニワゼキショウ、マツバウンラン、・・
誰もに馴染み多い花ばかりですが、雨が多いと浸水してしまうので時々妙な帰化植物がいつ出るともわからないから(笑)
             たまにはチェック~。

ニワゼキショウの撮り直しのために座りこんだら・・・オヤオヤ・・( ∂_∂)ーーーー・・・・
     目に飛び込んだそのままの画像がこれ。
うまくピントが合わせられませんが(汗)、ニワゼキショウの近くに小さな白い花。
             わかるでしょうか~・・
                        
             kanabikisou1

どうすれば全体の様子が伝えられるかなあーーと思案し、生えてる斜面に寝転んで下から撮ってみました。
       でも~そばの芝生に同化~ヽ(llllll*□*lllll)ノ
道端はありふれたものばかり・・と高をくくっていましたが、まだ私の知らない花があったなんて``r(^^;)

       それにしても 地味~~~な花ですね(笑)
     絶対 帰化だと思ったの.・・・、立派な国産品なのでした。  

           その名は ”カナビキソウ”
      弱々しい姿に半寄生植物というのも驚きです。  
1株見つかると 目も慣れてきて (^w^) ここにも・・あそこにも・・とわかるんですがね。  
           kanabikisou2

         
     葉腋に2~3mmの小さな花を1個ずつ咲かせるようです。。
   この花が咲いていなければ 200%気がつかなかった~~!!
           kanabikisou5

        葉は互生・・細くて先が尖っている。
         月一度草刈りされる河川敷。
芝生の根っこから養分を吸い上げて生き続けているんでしょうけれど・・
咲いては枯られの繰り返しなのかもしれません・・根元のところでプツンプツン切れています。
   kanabikisou3    kanabikisou4

         花弁がなく 花に見えるには5枚のガク片。
             kanabikisou6
                    種子
             kanabikisou7

       ■カナビキソウ(鉄引草)■ビャクダン科 カナビキソウ属

          分布 北海道南部・本州・四国・九州
        日当たりの良い芝地などに生える半寄生多年草
              草丈  15~35cm
              花期   4~6月
| 寄生・半寄生植物 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する