04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2010-05-23 (Sun)
    ちょうど 去年の今頃でした・・出会った時の画像です・・ボケボケ(≡≡;)

       標高1200~1300mの山の尾根筋の斜面で。
  honagatatsunamisou1       honagatatsunamisou2 

                (゚◇゚)あ…葉の裏が紫!
      honagatatsunamisou4    honagatatsunamisou5

過去にシソバタツナミソウ と教えていただいた 画像と比べてみました。
当初まだ花が咲いていなく成長途中の段階でしたが、葉の裏が紫色がかったところ上と似ているでしょ・・
シソバはこんなふうに葉の裏が紫なんだとただそれだけをインプットしていた(苦笑) 
  sisobatatsunamisou1   sisobatatsunamisou2   
    
 で、去年はピンボケだったこともあって写しなおしに再度訪れてきました。
シソバであることを確認して頂くつもりでポイント画像をお友達に見てもらったら!!!

          ポイントは ここにあったんですね~。
  茎に下向きの毛が密生するのは ”ホナガタツナミソウ”ですよ・・って。
  まちがえそうになったシソバタツナミソウは茎の毛が上向きなんだそうです。
    上の画像からは残念ながらキャッチできません・・(^。^;; 
タツナミソウの識別はずっと『葉』だと思っていましたが、、茎の毛が大切だったのですね。
                                  honagatatsunamisou3  

      『穂長』・・は こんなところから名前がついたんでしょうね。
         花冠が2.5cmぐらいはあったかな~。
             やけにすらり~とスマート。
               西洋チックな雰囲気。
                                    honagatatsunamisou6 

      honagatatsunamisou8       honagatatsunamisou9

     ■ホナガタツナミソウ(穂長立浪草)■シソ科タツナミソウ属

         分布 福島県以南

    山地のやや湿り気のある林縁に生える多年草

         草丈 5~20cm

          花期  6月





| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。