10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010-06-13 (Sun)
                 近くの神社の半日陰斜面。
        通りすがりに 風にゆれて葉の下に チラッと花が・・・
        そうでもなければ 見ないふりしていたかも・・です。
     ganpi2    ganpi8  
   
       あたりを見回すと上の方にも沢山ありました。
       高さ20~30cmでも 花をつけています。
     何度も訪れるのに 今まで知らなかった~~(llllll・o・llllll)

     このほうが全体像としては わかりやすいですね。
ガンピって1mぐらいはあるそうなのに ここのはせいぜい大きくて50~60cm。 
まさか小さいから・・(--*)コガンピでもないよね?と疑ってみたけど、生える環境も姿も違うので。
                        ganpi1 
         淡黄色の花が数個ずつついている。
  ジンチョウゲ科なのに、花そのものには香りは感じられなかった・・
       キガンピとよく似たガク筒の長い花で 先は4裂。
              毛もびっしり。
      ganpi6    ganpi7 
            
           Point→ 葉が 互生
      (過去エントリーのキガンピは葉が 対生)
                       ganpi3
 
           葉の両面とも毛が多い。 
          触ると ふわふわした感触。
 樹皮は濃褐色で光沢あり・・らしいのですが・・これはまだ若いのかも。
     ganpi4    ganpi5 

          こちら 3年前の過去ファイル。
          渓流沿いでの『キガンピ』 。
          kigannpi t1
 
葉のつき方にちがいはありますが、ガンピ・キガンピはともに和紙の原料とされてきただけあって、
このように樹皮が千切れずスーッとむけました。(画像は常日頃お世話になる先生)
        とってもいい香りがしたこと今になって思い出しました(^m^ ) 
          kiganpi t2

          ■ガンピ■ジンチョウゲ科ガンピ属

              (別名 カミノキ) 

          分布 静岡県以西、四国、九州(佐賀県)
          樹高 1~2mの落葉低木

             
| 樹木 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する