10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010-12-07 (Tue)
                      田んぼ横の斜面で・・

    こちらこの時期コバノタツナミソウが咲くのは特別不思議なことではないのですが。

                    ところが・・

                  (δ_δ?)ハテ??・

              この画像で気づくかしら・・ヾ(*'-'*)

                 右と左 様子が違う。

               右が毛の多い普通タイプ。
             それに比べると、雰囲気が違う左。。。

               usugekobanotatsunamisou1

      同じ場所 普通タイプに交じってこのタイプが何株かありました。
          ひと目見た時、、テカテカ光る葉は深い緑色。
     いつも見るコバノタツナミのはずがエライ”すっきり”して見えました。
               usugekobanotatsunamisou10  

                茎も脱毛したみたい(-^〇^-)
               usugekobanotatsunamisou8    

              葉にも 全く毛が見られません。
              触ったら ツルツルやさしい手触り。
    usugekobanotatsunamisou5  usugekobanotatsunamisou6

                一応 裏側も(笑)
             usugekobanotatsunamisou7

    花も ルーペで確認したけれど普通と比べるとポツ・・ポツ。
            数える程度しか生えていない。
            まるで 髭剃り後のフェイス(笑)
     usugekobanotatsunamisou2   usugekobanotatsunamisou3

              ついでに 後ろからも!
            usugekobanotatsunamisou4


           ノーマル・・・・・ (コバノタツナミソウ) 

     kobanotatsunamisou11  kobanotatsunamisou12

            kobanotatsunamisou13       
 
    コバノタツナミソウは、一年中あちこちで見かけます・・
          色の濃淡や、白い色、ピンク色、。
     それらはこんなふうに 全体に毛が生えているものばかり。

手持ち図鑑に”毛の多いものから少ないものまで変異が多い”と書かれていましたが、
 あまりに印象が違ったので別物だと思い、ネット検索しましたが見つかりません。

いつも指導して頂いている先生に伝えたところ、こういったタイプは比較的 海側に見られるが”やや稀”。
古い図鑑には掲載されていないけれど、最新図鑑には載っているかもしれない・・

              僕は 一品種とします。
     全草 まったく無毛なら 『ケナシコバノタツナミ』
  少しでも毛が見られたら『ウスゲコバノタツナミ』でいいでしょう~と言うことでしたので
      ケナシに近い ”ウスゲコバノタツナミ”としておきます。
            
     見慣れた花でも、時として”変わり種”に出会うこともあるんですね(#^.^#)
              なんだか 嬉しかった。
          来年 春の最盛期、もう一度見てきます♪

         ■コバノタツナミ(ウスゲ)■シソ科タツナミソウ属
| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する