08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2011-02-01 (Tue)
シモバシラ(シソ科)のこれが見たいと毎年この時期思うことですが
南紀の冬は 氷点下になることが少ないためなかなかチャンスに恵まれず。

しかしここ2日、この冬一番の冷え込み。 しめしめ・・もしかしたら・・
・・・・寒いけど雪国に比べれば(笑)ね・・
少し早起きして,,,,,,,,,,θヘ(* - -)ノ

”氷柱現象”とは・・・ 
 茎がすっかり枯れてしまっても根は休まず地中の水分を吸い上げる。
そして、気温が氷点下になると、茎内の水が凍って裂け氷柱ができる。

いくつかの条件が伴わなければ見れないものだそうです。


予感的中~°゜°。。ヾ( ~▽~)ツ 見れた~~♪
いつも花が咲く場所に、たったの2本ですが・・〃⌒ー⌒〃 ウレシイ~☆

でも、シモバシラの花がここに咲くことを知らなければ、いきなりこれ見ても
(「・・) ん??枯れ枝にティッシュ???かも知れません(^w^)
simobasira1 


でも、よ~く見るとワタ菓子にも似て・・(^m^ )
simobasira4

simobasira3

できていない茎の中央にも氷が見えます。
simobasira5 

氷の花・・ホントそんな感じ。
シモバシラの名前をつけた学者さんは 花よりも最初にこの姿を見て名前を
つけたのでしょうね。 
simobasira7 


simobasira6 

1時間後・・
冷え込みが長く残る場所だと もう少し楽しめるのかもしれないけれど・・
日の出とともにすぐ気温が上がってくるので溶け始めてきました。
シソ科である四角形の茎が 水分を吸い上げたために、裂けているのがよくわかります。
simobasira8


| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する