06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011-03-15 (Tue)
しばらくぶりの更新です。 
 
この度 東北地方太平洋沖地震で悲しくも犠牲になられた方々の
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

そして、支援活動をされている方々
心から感謝を申し上げます。

家族を失い 住む所を奪われ、暮らしを奪われ、どんなに苦しいことでしょう・・
 報道に見る悲惨な状況に本当に胸が締め付けられるような思いで言葉もみつかりません。
私のところでも連日大津波警報のサイレンが何度も鳴りました・・
幸い大きな津波を見ることもなく被害もありませんでしたが今でもその恐怖感は
体から離れてはいきません・・
被災地で心痛める方々が一刻でも早く”不安”から抜け出せる時が訪れますよう
ただただお祈りしています。

 
高さ1mほどのウラジロ(シダ)が茂っていて歩きづらく
かきわけていて出会った、、、背の低いスミレ!!!
ごくごく低地の竹林のそばです。

スミレは難しいから出会うと・・出会わなければ良かった・・(笑)とまず思う。
 
フモトスミレ?ヒメミヤマスミレ?迷いながらのエントリーです。
こんなふうに パラパラと散らばって生えていました。
fumotosumire1 

ニョイスミレもちらほら見かけるようにはなったけど、こんな場所でそれはない・・
でも咲く姿似てますよね?!
fumotosumire3 

花は7mm~1cmでとても小さい。
特に下唇が一番小さい。
fumotosumire9 


fumotosumire10 

スミレの識別に大切な部分・・距。
真ん丸くて、2mmほど。とても小さいです。
fumotosumire8 

地下茎がありません。
茎の色が赤っぽい。
fumotosumire2 

中央に白い筋が入っている。
大きさは2,5~3cm前後。
fumotosumire7 

やや粗めの鋸歯。
fumotosumire5 

葉の裏は 紫がかっていたのでフモトスミレにしましたが
よく似たヒメミヤマスミレも裏が紫色の固体もあるようで・・(汗)
そうなると、(。。;)ホヨ?・・ですが、・・
もしわかる方いらっしゃいましたらご教示よろしくお願いします。
fumotosumire6   

■フモトスミレ■スミレ科スミレ属

分布 本州・四国・九州
低山のやや乾燥気味の林内に生える多年草
草丈 7~8cm
花期 4~5月  
   
| flower | COM(8) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する