03≪ 2018/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2015-09-24 (Thu)
標高800mぐらいの道路沿い。
ちょうど峠あたりの岸壁に多く見られる”ホソバノヤマハハコ”
涼しくなると この辺りは霧がかかって少し寒く感じられる時もあるぐらい{{(>∇<)}}
hosobanoyamahahako1

カメラに入りきらない(苦笑)
上ばかり見上げていたら首が痛くなります~
こんなデコボコした岩に  線状にすくっと生えているのが魅力的。
ホソバノヤマハハコは 茎がほとんど分岐しないのが特徴。
hosobanoyamahahako2

岸壁に生える野草にであうといつも”岩石”を覚えたい・・と思うのですが、いまだ勉強にいたっていません・・
どうしてそこだけに生えるのか???と。
”地質”をわかるようになれば、おのずと植物もわかってくるよって聞いたけど・・

この岩盤、風雨が強かったりすると 崩れるのはいつものことのようで、あちこち防止ネットやスプレーが目立ちます。
撮影中にも 時々、どこからともなくジャラジャラ・・・音がするからひやひやものヽ(;´Д`)ノ
hosobanoyamahahako3

この仲間は雌雄異株。
これはまだ開花前だからどちらかわからないけど、全身白っぽい毛で覆われています。
hosobanoyamahahako6

ホソバ・・と名がつくのに カワラハハコより太いんだから(・m・ )
hosobanoyamahahako5

これ雄株だと思います・・
hosobanoyamahahako7

そしてこちらが雌株かしら・・
hosobanoyamahahako8

白いところ花弁ではなく総苞片。
カサカサしてて 大好きな花です。

(以下  カワラハハコです)
河原の砂地にこんもり。
kawarahahako1

”ホソバノヤマハハコ”に比べると うんと葉が細く1~2mm内
kawarahahako2

            ■ホソバノヤマハハコ■キク科 ヤマハハコ属 

          やや山地で日当たりの良い岩盤や乾いた草地に生える。
          草丈  20~30cm
          分布  本州(福井県・愛知県以西)、四国、九州
          花期 8~10月
           和歌山県 準絶滅危惧種 
| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。