04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2015-10-11 (Sun)
薄暗い山道。
モミジガサの可愛い葉っぱだろうと決め込んでいました・・
tebakomomizigasa1

で・・しばらく歩いていくと 又もや群生。
ここを見なければ、モミジガサで終わっていたところです(´~`ヾ) ・・・
どこか様子が違う~似ているモミジガサよりは コンパクト。
モミジガサのようにテカリがなく、えらく脈が浮き出てて・・(*゚ω゚*)ん?。
調べて テバコモミジガサと判明♪
テバコとは高知県手箱山で発見されたことから名前がついたそうです。
tebakomomizigasa2

がっくり・・花が終わってる・・もう10月ですものね_| ̄|○
それでもひと花だけでも咲いていないか しぶとく探してみたけど、どれも終盤姿。残念。
tebakomomizigasa3

tebakomomizigasa4

●モミジガサとテバコモミジガサの葉を私なりに 比較してみました。

ホントよく似てますよね~この両者。

(テバコモミジガサの表)
モミジガサよりも小型で(15cm前後かな・・) 光沢がなく 葉脈が複雑。
tebakomomizigasa5

(モミジガサの表)
光沢があって 鋸歯が尖るような感じ。
大きい葉だと 傘のようなのもあったりします。
momizigasa1

(テバコモミジガサの裏)
葉脈が はっきりと裏側に飛び出して見えます。
裏から見ると網状模様が目立ちます。
tebakomomizigasa6

(モミジガサの裏)
上に比べると 主脈以外は  目立つ脈ではありません。
momizigasa2
来年は 忘れず 花を見てきたいと思います。

         ■テバコモミジガサ■キク科  コウモリソウ属

             山地の木陰に生える多年草
             草丈 25~80cm
     分布 本州(関東~近畿地方の太平洋側)、四国、九州 
             花期 8~9月
| flower | COM(2) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。