10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-10-15 (Thu)
これまで何度も 葉は見かけていたのですが、初めて花を見ることができました。
比較的 低山地の林縁や少しだけ標高のある所などにも見かけます。

この仲間は 蕾の期間が長く 何回も空振りしているとそのうちすっかり忘れてしまってて・・
そういえば・・・今年も見れなかったなあ・・なんて始末(苦笑)

テイショウソウはそんな私に気づいたのかしら・・いい加減にしろって(*'ー'*)
薄暗い林の中、ふっと目の前に立っていてくれたのです。
一株で しかもひとつしか咲いていなかったけど嬉しかったあ~。
シャッター切る前に思わず”ありがとう”と口から出ました。
teisyousou1

葉の色合いは 濃いグリーンで薄緑の斑紋があるけど、時々無い葉もあったり・・
同じ株から出ても けっして模様が同じでなかったり・・
それにしても個性的で 気品のある葉。
テイショソウの一番は”葉の美しさ”にあるのかな・・と思いました。
で、このように茎の下のほうだけに4~7枚輪生状についています。
teisyousou2

これは まだ若い葉でしょうか。
とっても綺麗で 手触りが ビロード風。
teisyousou3

花時期になると なぜか折角の綺麗な葉に 虫食いが目立つのもありました。
昆虫のせい?それとも花にパワーが注がれるの??
teisyousou4

そのあと別の場所で いくつか花がついているのを発見。
でも1株・・
続けて出会うと 人間って 欲望が出ませんか?・・(群落はないのか・・)なんて笑
最初の”ありがとう”は (゜〇゜;)なぬ?????ですね。

キッコウハグマやコウヤボウキ・。。 みんなそっくりですね♪
でも こんな独特の葉をしたものはテイショウソウだけかな・・
2cmほどの白い花が 横向きに数個つきます。
teisyousou5

ラッピングリボンのようにクルンクルンで可憐な花。
風が吹くと 回る風ぐるまのようです。
『可愛い』と『綺麗』の両方を持ち備えているように思います♪

teisyousou6
teisyousou7

* テイショウソウの名の由来は・・図鑑にはなく ネット検索での引用ですが
   禎→「おめでたいしるし」、祥→「おめでたいことの前触れ」で
 葉の斑紋をめでたい前兆と考え、”禎祥草”と書かれた所もありましたがはっきりしないようです。
  
 ■テイショウソウ(禎祥草)■キク科 モミジハグマ属

       山地の林縁に生える多年草
        草丈  30~60cm
        花期  9~11月
  分布  本州(千葉県以西、東海道、近畿南部)、四国
| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する