08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-10-28 (Wed)
ここは一日ほとんど日陰・・時々木々の隙間から陽がさす程度でしょうか。
そんな薄暗い場所で出会いました。

花も沢山 咲いているんだけど(苦笑)あまりにも小さすぎ・・
三角状の葉が先に目が止まりました。
1m四方に マットのように地面に広がっている・・
離れたところに このような広がりがいくつかありました。

初めて見るものについては 手に届く範囲のものであれば 触れたり匂いを嗅いでみたりする癖があるんだけど・・
この葉の形って 刺さりそうな気配しませんか。(私だけ?)
ママコノシリヌグイやイシミカワなどと 科も属も一緒・・||-*) 
miyamatanisoba1

3~5cmの葉。
でも! 全草さわって見れば、ウソのように手触りがやさしい~すべすべ。
(^.^)>痛くも痒くもなし安心安全。
表に ”八”模様?の黒斑がおもしろい。
葉の基部は切形。
miyamatanisoba2

裏からのほうが エンジ色で模様がはっきりわかります。
miyamatanisoba3

(茎)図鑑では節のところ下向きに刺毛がある・・とありましたが私の画像ではちょっときびしいm(._.*)m
ルーペ使用で確認はできたのですが(苦笑)
長い葉柄です。
miyamatanisoba4

花柄も長い。
miyamatanisoba6

2mmほどの白い花が 枝の先に 2~3コ。
白いのは花弁ではなくガクで5深裂。
しっかり開花していないゆえに この小ささ/(-_-)\ ・・・ほとんどピンボケでこれ一枚がやっとでした。
miyamamamakona5
         

 ■ミヤマタニソバ(深山谷蕎麦)■タデ科 イヌタデ属

             山地の日陰に生える一年草
             草丈 10~50cm
             花期 8~10月
             分布 本州~九州  

| flower | COM(4) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する