04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2015-12-01 (Tue)
少し寒くなったかな・・とは思いますが  それでも南紀の今は海岸線なら半袖一枚で散歩できる暖かさ。
散歩がてら歩いていると・・ヽ(*'0'*)ツ ワァ花だ!!!!
道の下に見慣れない白い花が沢山咲いている・・・・
海岸へ降りて下から写してみました。
haiawayukisendangusa1

コシロノセンダングサ?と一瞬思いましたが こんなに花が大きかったかなあ?
最近 この仲間ぜんぜん調べることもしなかったので・・
haiawayukisendangusa2

花弁が長くて・・垂れ下ったように見える・・
haiawayukisendangusa3

花の直径2,5~3cm。
haiawayukisendangusa4

花弁の数 これが一番多く8枚・・
だいたい4~6枚。
haiawayukisendangusa5

コシロノセンダングサと比較してみました。
上よりは 花弁が丸いです。

(コシロノセンダングサ)
kosironosendangusa

帰宅して調べると タチアワユキセンダングサというのがあり そちらは小葉が5枚複葉なのに対し、ハイアワユキセンダングサは3枚複葉とありました。
最初の画像で タチっぽい?雰囲気ですが 下部分が這う感じで 上半分からまっすぐ立ち上がっているように思えましたので”ハイアワユキセンダングサ”でいいのでは・・と思いましたが両者を分けないとするところもあるようです。
haiawayukisendangusa6

haiawayukisendangusa7


haiawayukisendangusa8

(ハイアワユキセンダングサ)
棘状の先端が 少し曲がっています。
haiawayukisendangusa9

(コシロノセンダングサ種子)
kosironosendangusa1

ハイアワユキセンダングサは1840年代に観賞用に日本に導入されたそうで九州南部、沖縄に増え続けているらしく要注意外来生物に指定されているそうです。

       ■ハイアワユキセンダングサ■キク科 センダングサ属

            道端、荒地、畑などに蔓延る。
            熱帯アメリカ原産の帰化植物  
              草丈  50cm~1m
               花期 1年中
| flower | COM(2) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。