10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-07-14 (Fri)
梅雨明けも間近かな?のじとじと湿っぽく薄暗い杉林。
こんなことに興味を持っていなければ この時期 この環境にまず来ないでしょうか(笑)
人の気配どころか 車は一日一台走るぐらい・・
しかもそれは郵便配達車だったり(='m')
sugibayasi1

道路下に広がる杉林を降りていくと小さな小川が流れていました。
sugibayasi2

ふと足元に見覚えのない小さな葉が点々と。
”ミヤマナミキ?・・うーん・・ちがう・・なんだろう・・でも・・ん~。。とひとりごと…( ̄。 ̄;)ブツブツ
miyamanamiki1

周囲気になって見回す・・
(散策していて こんな時 一番ワクワクしませんか。。)
結構広範囲に見られました。
なのに 川向こうにはぜんぜん見つかりませんでした。
miyamanamiki2

綺麗なんです・・・葉・・・とっても。
ベースが紫色で、脈が黄緑色。
でもミヤマナミキが脳裏からはなれない私・・似てる・・でも迷う ・・
以前覚えているものとは印象が違うので。
miyamanamiki10.jpg

開花したものがないか 薄暗い樹林の下をうろうろ。
苗はかなりあるけれど 陽ざしが入るような場所だけようやく咲き始めを見つけました。
あ~やっぱりミヤマナミキでいいのか・・と花を見て思いましたが 思えば思うほどこんな色変わりさんってあるのかな・・と。
miyamanamiki8

(茎の上部)
ルーペで確認したところ、ほとんど無毛。
少しまばらに毛がある程度。
miyamanamiki10


(葉の表)
葉は2.5cmほどで 薄い。
普通タイプのミヤマナミキの葉に比べると 丸みがなくて三角状の葉・・
そして紫っぽい色でなんだか違った印象。
miyamanamiki4

(葉の裏)ルーペで腺点も見えました。
miyamanamiki5

葉の色から シソバタツナミも検討しましたが これほとんど無毛だからやっぱり違う。
これ以上のことは素人なのでわかりません。
もしこのようなタイプのミヤマナミキに出会われたとか 何かご存知の方いらっしゃいましたらご意見お聞かせ下さい。

少し離れたところで 普通よく見られるミヤマナミキも花を咲かせていました。
(普通タイプ)
miyamanamiki9
miyamanamiki6



     ■ミヤマナミキ■シソ科 タツナミソウ属

   ・ 環境 山地の木陰に生える多年草
   ・ 草丈  5~15cm
   ・ 分布  (温帯、暖帯)関東地方以西、四国、九州


| flower | COM(2) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する