10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-07-24 (Mon)
しばらくぶりのキノコエントリーです。
今年は雨が少なかったためかあまり見かけません。

今まで出会った中で いちばん大きな大きな”キノコ”です。
ファインダーをのぞいたら  =( ・_・;)⇒ アレ? 右後ろにも発見。
チャコールグレーのキノコって初めて。

ネット検索なので 自信はありませんが”ハイカグラテングタケ”ではないかと思います。

"ハイカグラ”とは「灰神楽」と書くようです。
(ことバンク参照)
=火の気のある灰の中に湯水をこぼしたとき、灰が吹き上がること。また、その灰けむり=
全身 灰パウダーに覆われたキノコだから ネーミングになったのでしょうね。

もし間違っていたらご教示よろしくお願いいたします。

周囲はシイやカシ・・・・クスノキなどで覆われている林内。
haikagura1

同じものだと思いますが こちらはまだ傘が開いていない。
2個とも高さ20cm強あります。
haikagura2

写し終えて 振り返ったら(*゚ω゚*)ん?ノラチャンが(テクテク・・
大きさの参考になるでしょうか・・とパチリ。
ニャンコの顔より 傘のほうが大きい。
haikagura3

てっぺんこげ茶色の部分は土が乗っかっていて、グレーの部分 灰をまぶしてかたまってしまった?みたいな・・
キノコも 専門用語あるんでしょうけど私にはわかりません。
haikagura4

さらにズームしてみました。
粉っぽいのでフーっとしてみましたが何も飛ぶ気配もなく。
haikagura5

柄の部分
haikagura6

そして気になって2日後。

ない!!!4分の1 欠けてる・・落ちてもいない・・
まさかニャンコが食べるわけないし、この付近 野うさぎがいるらしいからそっちかな?
haikagura8

傘は33cmにもデカくなっていまして・・再びオドロキ。
それにしてもこの断面見ると、食用になるのでは?とおもえそうに肉厚(゚0(;;:)
時間が経過しているのに真っ白ですもの・・
haikagura9

一番 不思議だったのは・・最初見た時ササクレだった柄の部分。
グレーのパウダーかかったみたい・・
一部 私が指でさわった部分 あとがついてます・・(-o-)/。
さらさらした感覚。
haikagura7

2日も経過しているのに 柄の部分も変色もせずに綺麗。
haikagura10

       ■ハイカグラテングタケ■テングタケ科 テングタケ属

           夏~秋に広葉樹林の地上に発生する大型キノコ。
            触れると、表面の灰褐色の粉が付着する。
| きのこ | COM(2) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する