07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-07-28 (Fri)
 山地の車道沿いで今一番多く見かける”キヨスミギボウシ”
ウスムラサキ色で大きめなので風にあおられ涼しげだけど 他の野草に囲まれすぎてあまり気づかれない存在。
この時期はどこも草刈り草刈りで 撮影もそれより早く行かなければ・・と気をもみます。
ここも もうすぐそこまで草刈り作業がせまってきているから これで見納め。
kiyosumigibousi1

側溝のそば・・草に覆われていますが後ろは岩盤でしょうか。
足を踏み入れるとマムシでも居そうなぐらい草が深く茂っている・・
数年前の私はこうゆうとこ平気だったのですが(苦笑)近頃はマダニのこともありちょっと臆病。
kiyosumigibousi2

下から咲き終わっていく様子。60~70cmはあるかしら。
kiyosumigibousi3


kiyosumigibousi4

光沢のある綺麗な葉ですが 昆虫が食べてしまうようで かじられているものが目立ちます
葉先はとがっていて基部は心形、縁は波打つ。
葉の片側に支脈が8本以下がめやす。
kiyosumigibousi5

漏斗状花は淡紫色で長さ4~5cm。 
kiyosumigibousi6

苞はボート状
kiyosumigibousi7
     
    
  このキヨスミギボウシは低地に多く見られるので全国分布だと思っていたら
      地域限定品だったのですね。

       ■キヨスミギボウシ■ ユリ科  ギボウシ属

       環境 山地の湿った岩場や林縁に生える多年草。
       草丈  30~60cm
       花期  6~7月
       分布 本州(関東、東海、近畿)
       千葉県清澄山で最初に発見されたことが名前の由来。
| flower | COM(4) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する