08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-08-06 (Sun)
ときどき出会っていましたがよく見もせずに”アワモリショウマ”だとばかり思っていました。
アカショウマだったのですね(笑)

晴れているかと思えば突然雨が降るこんな(;´A`)ムシムシのとき、長い穂状の真白い花は見た目に清々しい。
低山地~少し標高のある崖などで見かけます。
akasyouma1

小さな枝があまり分岐しないためか 三角形ぽくすっきりした印象。
akasyouma2

akasyouma3

なかなかピントがあいません。(人´ω゚*)ごめんなさい。
akasyouma4

葉は3回3出複葉で楕円形。
先端は細く尾状に伸び、縁に不揃いの重鋸歯があります。
akasyouma5

まだ比較的上部についた若い葉。
赤みがかった基部は くさび形、またはやや心形。
葉の縁が赤いことについては手持ちの図鑑には記載されていませんが赤くないのもあったりもするのであまり気にしないでいいのでしょうか?
akasyouma6

(葉の裏)
akasyouma7

*当地に結構多く見られる”アワモリショウマ”
こちらでは渓流沿いの岩の隙間など いつも水が滴り落ちるようなところで見られます。
すでにエントリー済みかと思い ヨシ リンク!と思ったら・・・ら・・ら・・
まだだったのですね(汗・・)
アカショウマに比べると葉も小さく光沢がありコンパクト。
又来年のネタにいたします。
awamorisyouma1

■アカショウマ■ ユキノシタ科  チダケサシ属

   草丈40~80cmの多年草
   環境  山地のやや明るい林縁
   分布  (暖帯)本州(東北南部~近畿)、四国、九州
   花期  6~7月

| flower | COM(2) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する