05≪ 2018/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2017-11-03 (Fri)
前回のジンジソウがある谷と平行している谷。
心配していましたがこの谷は 新たな崖崩れもなくほっとしました・・・

和歌山県南部のみ、数箇所の渓谷にしか存在しないお気に入りの”クルマギク”(^_-)v
高い崖の上から垂れ下るように 長い花柄を伸ばして咲く姿は何度見ても素晴らしい♪
kurumagiku3

”ノギク”は種類も多く、識別も困難ですが当地産ノギクだけは部分的な画像まで出さなくても解るのでラク(笑)
クルマギクの魅力は 全体の姿。
細い細い線形の葉・・少し風が吹いてもゆらりゆらり・・
なんとも言えない風情。
実際ご覧になったら きっと \(・o・)/ワア! !!!となると思います。
kurumagiku1

大切な植物は 毎度ネットin撮影・・・・(苦笑)
雨嵐にも耐え抜いたよ!とでもいいたげにネットから顔出して咲いています。
花の最盛期は10月半ばごろなのでそろそろ今年も終わりかけ・・
動物の食害にはあいませんが ネット撮影は味気ないです・・。
kurumagiku4

”クルマギク”の名前の由来とされているロゼッタ葉。
この葉からクルマ???(と思うのですが・・)未だ納得しがたいネーミング。
kurumagiku7

kurumagiku5

 ■クルマギク■キク科 シオン属

 草丈  30cm~1m
 和歌山県南部渓流沿いのみの 岩盤や崖に垂れ下がるように生える。
 花期 8~10月
      
| flower | COM(2) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。