FC2ブログ
11≪ 2018/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2017-11-09 (Thu)
キイイトラッキョウの咲く環境はこんな環境です。
雨量が多いといつも岩の高いところまで冠水。
以前ここに降りて歩き出したとき、パカッと靴底がはずれて辛かったことがありますが、靴をはいててもつんのめりそうな岩盤は裸足できつかった・・・(〒_〒)
kiitorakkyou1

この周辺一体の岩と岩のちょっとした隙間に生えます。
もちろん今回の台風でも結構増水したと思いますがキイイトラッキョウは固い岩盤の中に根っこがあるので流される心配はありません。
むしろそういった環境がキイイトラッキョウにはあっているんでしょうね。
kiitorakkyou2

10月後半が見頃かな・・なんやかやで来るの出遅れました。
kiitorakkyou3

ぱっとみ 畑ラッキョウとよく似ていますが、”スモールサイズ”と思って頂ければ。
図鑑では1本の茎に10~15個の花とありますが ここではほとんど7~8個程度。
kiitorakkyou5

kiitorakkyou6

ほとんど終わりかけで、唯一のつぼみが1株。
kiitorakkyou7

他のラッキョウと区別する大事なポイント。
キイイトラッキョウの歯牙(シガ)ほとんど目立たないか、ないものもある・・・・
ってどっちかして~!!と言いたくなります(笑)
でも ヤマラッキョウ、イトラッキョウなど他のラッキョウはこちらにはないので、間違うことはありませんね( ̄▽ ̄)。
kiitorakkyou9

花弁は濃赤紫色でよく目立ちます。
雄しべの長いこと。
kiitorakkyou8

全国で4県分布していますが”紀伊”とつけられたのは 紀伊半島が最初だったのでしょうね。

■キイイトラッキョウ■(紀伊糸辣韮) ヒガンバナ科 ネギ属

 ・草丈15~30cmの多年草
 ・環境 渓谷の岩上、岩と岩の間
 •分布 和歌山、岐阜、愛知、山口
 •花期10~11月
| flower | COM(2) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。