05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-01-07 (Sun)
nominotuduri

■ノミノツヅリ■蚤の綴り 
ナデシコ科

やっと見つけたーv^^これこそは は・こ・べ(こはこべ)?!
と思って喜んだのに・・ どうもちがう・・苦笑
道路の脇の草むらで、しゃがみ込み、ルーペで見て見ました。

直径7mmほどの花は ガクよりも短い。
茎や葉にやわらかそうな毛が少しありました。
花柱が3本←(ここでハコベかな~なんて思ったのでしたが)
茎は 這うような感じだけれど、まっすぐ立ち上がり、節目のところから枝が増えていくように見えました。
でも5 弁の花びらの先がウシハコベなどのように分かれていません。

「綴れ」というのは破れをつぎはぎした衣服ということで、小さな葉を蚤の衣にたとえたものということです
ノミノツヅリは全世界に分布する越年性の一年草。
道端や荒れ地に生育。
秋に芽生え、春には広がって株を作るようです。
花期は3月から6月。
まだ少し早いですが、暖かい土地のおかげでしょうね。


amerikafuuro1


amerikafuuro2

■アメリカフウロ■フウロソウ科

上のノミノツヅリに交じって咲いていました。
前からよく見かけていましたが雑草だなんて思ってもいませんでした。
園芸種にあるゼラニウムだとばかり((〃▽〃)
雑草とはいえ、フウロソウ科だから葉も花もゼラニウムによく似ているんですよね。
なのに雑草扱いされるのは ちょっとかわいそう・・(ノ_-。)ウゥ・・・

アメリカフウロはアメリカ原産の帰化植物。
昭和初期に日本で見られるようになったそうです。
インディアンはこれを下痢止めの薬草として使っていたとか。。。
同じ仲間にゲンノショウコがありますがゲンノショウコは秋に花咲くのに対して、アメリカフウロは秋に発芽、春に花咲き、6月種子散布して枯れていくようです。
種はゲンノショウコと同じようなので又ひとつ楽しみが増えました。
お神輿のように巻きあがりながら種子を飛ばすあの戦略((o(^∇^)o))ワクワクッですv^^

■息子たちが帰り、娘の成人式も終えて、ようやく今年もお正月が過ぎました..
思いも寄らなかった子供たちの優しさに触れ 嬉しくて涙をぽろぽろ流したお正月でした。

少々疲れ気味ですが それはそれで充実してたので満足o(*'~'*)o
今日から又、平常どおり花を求めて花に会い、戸外に春を見つけて楽しもうと思います。


| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する