05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-02-19 (Mon)
tagarasi1


■タガラシ■きんぽうげ科
田辛・田枯・田芥子(たがらし)
花期 4~5月  日本全土

名の由来には、田に生える辛味のある草だから田辛という説。
繁殖力が旺盛で田の中に はびこって稲を枯らすから田枯という説があります。
田や溝に普通に生える越年草。

tagarasi2

(花と果実)

tagarasi3

(葉)
葉は互生。上部ほど葉が短く 3深裂し裂片の幅は狭い。
さわった感じ、ほとんど無毛のようでした。

tagarasi4

(茎)無毛

春一番が吹き荒れ、ひと雨降ったあと。
野原の草花も 訪れた春に心地よさそうに咲き初めました。

いつものように花探しをして帰り道。
生活用水が 海岸に流れ出している砂地に咲いていました。
あまり綺麗な水ではないのに、こうゆう場所に育つギシギシやハマダイコンも、条件が良いのかな...
他で見るものより、何故か?すくすく育って大きいんですよね。
ギシギシなんかは、ちょっと茹でて食べたくなりそうなほど青々と茂っているんですよ。

ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノハッ…キツネノボタン?!
と、思ったら、
ではなく”タガラシ”なのでした。
キツネノボタンの果実は 金平糖のようだけど、これは、楕円形をしています。

ozisan


(ホラ吹きおじさん・・ありがと)

いつも出かける高台には 畑を作っている方が沢山いらっしゃいます。
そんな所で 2~3mmしかない小さな畑の雑草を 腹ばいになり、寝そべって写真を撮っていると、(;一ω一)一体 何してるんだろう???
のような顔されることもあったりするのです(苦笑)

ある日どこからか 聞こえてきたホラ貝。
一体、どこで誰が?とずっと気になっていましたら・・
この小父さんだった(;^□^)…
ここで畑をしながら、息抜きにホラ貝を吹いているんだそうです(笑)

先日もう少しで蕾が開きそうな雑草を この小父さんの畑で見つけた時。
あつかましいとは思いながらダメモトでお願いしてみたんです。。
”すみません・・この蕾が咲くのを見たいから・・このまま置いてほしいんですが・・”って。
小父さんはにっこり笑ってうなづいてくれましたのでε-(´▽`) ホッ
聞く所に寄ると かつては、この小父さんも花の写真を撮るのが好きだったらしいのです。
今日出会ったら、”畑の葱坊主も写せば かわいいよ・・”と教えて下さったほど。
ホラ貝小父さんに感謝、感謝。





| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する