06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-02-21 (Wed)
tsukusi

■スギナ■トクサ科

近くの土手に、やっとツクシが顔を出しました。
この”ツクシ”。
スギナの胞子茎で、シダ植物なんだそうです(びっくり)

ツクシが『花』でスギナは『葉・茎』。
どちらも同じ株でつながっているんですよね。
胞子とともに地下茎で繁殖し、春に胞子茎をだす。
この胞子茎を筆に例え、土筆となったそうです。
胞子茎が枯れると、光合成を行う栄養茎(スギナ)が伸びる。

以前スギナばかり沢山群生したのを見かけた事があったけど・・
そこにはツクシが何故ないの??
又、この逆のこともあって とても不思議だったのですが、・・
生える場所の養分が少ないと”ツクシ”が多く、
養分が豊富ならば ”スギナ”が多くなるんだそうです。
春 土の中からポコンと顔を出す姿が 人々に親しまれているツクシ。知ってるつもりでも、知らないで過ごしてきた事ってあるんですね..

enzi


そして・・・
この土手で 土筆を写そうとしている時、どこかのお爺ちゃんが通りすがってふと足を止め、
”おお~やっと土筆が咲いたか・・”と言いながら嬉しそうに覗き込み
しばらく一緒に話しをして和んでいましたら..
後ろの方から かわいい保育園児たちの声。
保母さんに連れられお散歩にやってきました。

『つくしと子供』これは、シャッター^チャンス~と思った私。
土手の下に降りて園児たちが来るのを待っていたのです・・
そうすると、保母さんが
”(゚◇゚)あ…土筆!”というやいなや 1本の土筆をポキン。
そしていわく、
”ほら、これが土筆さんですよー(/^o^)/。見てごらん”と言います。
(画像の保母さん、手に土筆)

一瞬にしてこの行動に私 シャッターチャンスをなくしてしまいました。
子供たちは、もちろん先生が手に持つ土筆を じっと見ています。
”春が来たから、土筆さんもうれしくてこうして出てきたんですよ~・・かわいいでしょう~”
と 語る・・語る・・

それを語るなら 摘み取らず 土手に土の中から顔出す そのままの姿、その小さな命の大切さ、尊さを子供たちに教えてあげてほしいと思うのは私だけでしょうか・・
こんな指導の仕方でいいはずありませんよね。
何だか、とても悲しくなりました...







| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する