07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-02-26 (Mon)
oobako1


oobako2

■オオバコ■オオバコ科

花期 4~9月 日本全土
花言葉 白人の足跡


路傍の雑草の代表格オオバコ(大葉子)。
漢名では「車前草」という。
車に踏まれたぐらいでは枯れません。
葉や花茎には踏みつけに適応できる丈夫な維管束が発達している。
維管束の周りには丈夫な繊維が取り囲んで維管束を守っています。
適度な踏みつけがあってこそ 生き延びることができる植物。
踏まれないような場所では 背の高い草に負けてしまうそうです。
学名のPlantagoは、「足の裏で運ぶ」の意味で 種は踏まれると粘液を出して靴の裏についてあちこちに運ばれます。

花は花序の下から順に咲いていきます。
先に白い糸状の雌しべが出て花弁が開き、咲き終わると雄しべが出てきます。
このように一つの花の中で、雌しべが受粉する時期と雄しべが花粉を飛ばす時期をずらしています。
これは自家受粉を防ぐ工夫と言われています。

雑草じゃないの~・・と思われるかもしれませんが(笑)
実際私もそうでした。
がしかし、こんな雑草でも”(*゚0゚)ハッ!!”と思わせる綺麗な瞬間があるんですね。
このそばにあった赤い花を撮ろうとして、それよりもこれに目を惹かれました(^w^) 。

suzumenokatabira2

これも雑草。 でも こんなに綺麗・・

suzumenokatabira1

よくあります..こんな場所。

■スズメノカタビラ■雀の帷子 
花期 11~7月

人家周辺や畑、道ばたなど、いたるところに生える雑草。
葉は線形で柔らかい。
淡緑色の小穂を多数つける。穂の長さ3~5㎜。

スズメノカタビラの名の由来は...
スズメは小さいことを意味し、カタビラは裏地のない単衣(ひとえ)の着物を意味しているそうです。
小さな うす桃色のカタビラ。
こんなに綺麗だとは思いませんでした。
みなさんの周囲にもきっとあるはず...
是非 覚えていたら一度立ち止まって見てほしい”花”です。




| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する