05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-03-17 (Sat)
野山を見渡すと目につく若草色の葉。
ドライフラワーの素材にも使われる私の大好きな実のひとつ。
”ヤシャブシ”

”ヤシャブシ”と覚えていたのですが、調べて見ると”オオバヤシャブシ””ヤシャブシ””ヒメヤシャブシ”
種類があるようなのです..

oobayasyabusi1


(雄花?が垂れ下がっている)

oobayasyabusi2


この枝は 雄花ばかりかな...

oobayasyabusi3


(ドライの実)これをリースに使いますが・・
長さ2.5cmで、直径2cmぐらい。

この中から ポロポロ零れ落ちてきたのが・・

これ↓

oobayasyabusi4

(茶褐色の固いもの)果鱗7~8mm

oobayasyabusi5

(翼のような種子)5mm弱

■オオバヤシャブシ■大葉夜叉五倍子
カバノキ科 ハンノキ属

ヤシャブシの中では最も早く3月はじめには花を付けます
南関東から紀州の海岸沿いの山地に生える落葉小高木。
黄色の雄花序を付けるが、ヤシャブシやヒメヤシャブシに比べると雄花は太くて短い。
雄花の上に付く雌花からは、丸い果穂が育つ。
葉は名前のように他のヤシャブシより少し大きい。

枝先から葉→雌花序→雄花序の順につく。
雌雄同株。3~4月、葉が出るのと同時に開花します。
雄花序は太くで弓形に曲がり垂れ下がるので目立ちます。
葉 互生。長さ6~12cm、先端は鋭くとがる。
ふちには鋭い重鋸歯があります。側脈は12~16
果穂は長さ2~2.5cmの広楕円形
果鱗は長さ8mm位の扇形。


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ

| | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する