05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-04-14 (Sat)
toubana2


冬の頃から 土手沿いの石垣や日陰の湿地に蕾のままでずっと同じ状態で生えていました。
どんな花が咲くのだろう( ̄ *) ん?
長く待つ間に その存在を忘れていた(´▽`*)
気がつくと 段々になった花の先端にピンク色の花が咲いていました。
蕾全部が開かない小さなこの花・・
直径5mmぐらい(画像はこれが限度かな)汗・・

toubana1


こんな感じで咲いてます。
まとまって咲く姿は可愛いけれど、あまり目立たない存在かも。

■トウバナ〈塔花〉■シソ科

分布 本州、四国、九州、沖縄
花期 5~8月
草丈 15~30㎝の多年草

やや湿り気のある道ばたなどに生える
茎は根もとから群がって生え、基部は地を這う。
葉は対生、卵形~広卵形で浅い鋸歯がある。
花は唇形。淡紅紫色で 輪状に数段つく。
名前の由来は 花穂を塔に見立てたことから。




musikusa2


この群生は きっとお百姓さん泣かせの雑草では?((*´∀`)

musikusa1


近所の畑一面に。
タチイヌノフグリと一緒に生えていました。
所々に ”フグリ”のようなハート型の種がついているものもあったので、てっきりシロバナフグリ?(爆)なんて思いましたが・・
それにしても究極に小さい花です。

musikusa3

(この虫?)

画像はよくありませんが、たまたま写っていた小さな黒い虫。
ムシクサ(虫草)だから?

■ムシクサ■ゴマノハグサ科 クワガタソウ属

分布 本州・四国・九州
田圃、あぜ道、浅い水路などの湿った場所によく生育
花期 4~5月
草丈 20cm

茎は直立。
花の萼は4裂
2~3mmの小さな白花を咲かせる。
果実に「ムシクサツボミタマフシ」という昆虫が産卵し 虫こぶ(虫えい)を作り ふくれる(5~7月)
このことから、ムシクサの名前が付いたと言われています。
画像の中にある黒い虫が そうなんでしょうか・・


| flower | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する