06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-04-21 (Sat)
昨日 少し遠出した林の中で・・
今まで見た事もなかったこんなもの。
見慣れた『ウラシマソウ』とは色も姿もぜんぜんちがう・・
緑色なので ウラシマソウよりは気味悪さもないかな・・と
sawayakaな?後姿にそう思いました|電柱|ー ̄)フフ
(少なくとも これをよく観察するまでは)

muroutennnansyou1


そして肝心の上蓋を開けて お顔をのぞく・・

muroutennnansyou2

muroutennnansyou3

(゚-゚〃)(。。〃)ウンウン 釣り糸も出てないし 中もすっきりした感じV^^

そして カメラで茎をとらえた瞬間w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!

muroutennnansyou4

muroutennnansyou5

シャッター押す手がガタガタ震えてました・・大汗・・
どう見ても蛇の脱皮~ヾ(゚0゚*)ノ
背中がゾクゾク、体中がチキン肌(((p(>◇<)q))) ブルブル
じっと見てはいられないくらいのこの模様。

そして 辺りを見回すと・・ギョエーーー!!!(((((( *≧(エ))ノノノ
これをご覧になって下さい~
高さ150cm以上~誰かさんと寸法と同じではないですか((笑))
この大きさが 周囲にたくさん。
まるで壇上のカラオケマイクが杉林の中に いっぱい立ってる感じ。

muroutennnansyou6

いつも歩く林の”ウラシマソウ”ばかり見ていた私にとって、信じられない光景に包まれたのでした。

■ムロウテンナンショウ(室生天南星)■
サトイモ科

高さ25~100㎝位
花期 5~6月
本州(中部、近畿、中国)に分布しています。
山地の林内の少し湿り気のある所に自生。

花をつつむ仏炎包の内側が白くざらつく。
仏炎包の中の付属体(マッチ棒状のもの)先の方が細くくびれ、先に玉が乗っているように見える。
テンナンショウ属は地域によっていろいろな種類があるそうです。













| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する