10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-04-25 (Wed)
4月~5月 野山では 何故か白い花を咲かせる木が多い・・
少し前から撮り貯めておいた木々の白い花たちを載せることにしました。

■コガクウツギ■ユキノシタ科

kogakuutugi


東海地方以西、四国、九州に分布する落葉低木。
樹高 2m
谷筋などに生育
花弁に見えるものは萼であり、3~5枚。
名前はガクウツギよりも花が小さいことから。


長い間、ずーっと山紫陽花だと覚えていました(ノ∇ノ)
ウツギの仲間だったんですね・・
大好きな花です。

■ニワトコ(接骨木)■スイカズラ科

niwatoko


本州から南西諸島に分布する落葉の低木。
花期 4月~5月
明るい谷筋や林縁など
高さ 数m
果実 5月後半赤い実をつける

昔、骨折の治療にこの枝を黒焼きにして練ったものを患部に塗っていたことから、この名がつけられたといわれています。
又 茎を 節と節の間で切り取り、棒で突くと中の髄が出てくる。
これを乾かしたものがニワトコの髄(ピス)と呼ばれる。

■ミヤマガマズミ■スイカズラ科

miyamagamazumi1

miyamagamazumi2


分布 日本全土
樹高 人の背丈~5m程度
山地や人里近くに生育する落葉性低木
葉の先端は急に尖り、長さ5~15cmで葉脈にやや毛がある。
初夏 香りのある直径5mmの白い集合花を咲かせる。
秋に7mmほどの赤い実をつける。
遠くから見ると大きな花に見えますが 近寄ると小さな花の集まりが とってもかわいい・・

■イボタノキ■モクセイ科 

ibotanoki1

ibotanoki2


分布 北海道~九州、朝鮮半島にも分布する落葉低木。
谷沿いの明るい森林や林縁に生育。
花期 5月~6月
枝先に筒状の白い合弁花をつけ(6~7mm)先端は4枚に分かれている。 雄しべ2本。
葉は2~5cm
果実は長さ6-7mmで 秋に黒紫色に熟す。
樹液を吸って、白いロウ状物質を出すイボタロウ虫が寄生するところから付けられた名前だそうです。
イボタロウ虫からとれるイボタロウは、家具のつやだしのほか、止血、強壮など薬用に使われます。

■ハリエンジュ■マメ科
(別名 ニセアカシア)

harienzyu1

harienzyu2


一見 白いフジ?!
でもフジの花より房が短い・・ヾ(゚0゚*)ノ
国道沿いの海岸側に多く生えています。
全体画像が欲しかったのですが、あいにく海沿いは風が強くて(苦笑)
道路から眺めることしかできませんでした。
葉も 左手で抑え 右手でシャッター(爆)
(゚◇゚)あ…香りがとても良かったですV^^

高さ 15m
花期 5~6月
北アメリカ原産の帰化植物明治初期に日本にやってきたようです。
落葉高木。
砂防樹、街路樹として利用されています。
名は”エンジュ”に似て針のようなとげがある事から。

| flower | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する