09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-05-01 (Tue)
道沿いのガードレールの下で..。
(゚◇゚)あ…ポピー~(ずっとそう思っていた)汗..

少し前に海岸の砂浜にも1本咲いていた・・
園芸種がそんなところに咲いてることがとても不思議だったのですが、あえて気にも止めずにいたけれど・・
道端や生垣の中,コンクリートの隙間など結構見かけるので・・
やはりこれは雑草?(?_?)

nagaminogesi1


花の色も人目を引きますが・・
まん中にある柱頭も大きくて個性的。
花の時から 種子の存在感がある花ですよね。
nagaminogesi2


(左)花が散ったあとに円筒形の種が残る。
(右)これから咲くツボミは 下向き。
nagaminogesi4


葉も茎も毛深い・・
nagaminogesi3



(古い歌ですが・・)
♪かぐや姫の歌に『雨に消えたほほえみ』と言う歌がありました。
(ちょっとマイナーかな)苦笑・・
この花見ると 想い出多きこの歌くちずさんでしまう私。
今 サイトでも流しています...(*^-^*)

『雨に消えたほほえみ』

不思議なひとだった
長い髪をしていた
あの日の夕暮れは 雨が降っていたよ..
あなたは 黙ってた
ポピーの花びらが あなたの足もとに
静かに舞い落ちた..
あの日からあなたは 帰ってこない
そんな別れを 僕は今までしたことがなかった

悲しいひとだった
ほほえみが淋しくて
あの日の夕暮れの雨に消えていった..
あなたの忘れ物 一冊の詩集と
僕の心の中に ささやいたサヨナラ
あの日からあなたは 帰ってこない
そんな想い出を 僕は今日の雨にみつけたよ

■ナガミヒナゲシ■ケシ科

ヨーロッパ原産の帰化植物
分布 北海道~沖縄 
都市部の空地、道端などに生える。
花期 4~6月
草丈 15~60cmぐらい
茎や葉には毛が多い
花径 5cm
つぼみの時は下向きで開花時に直立

■ひと口メモ■

これは『アツミゲシ』と言います。
atsumigesi


渥美半島で発見されたことが名の由来。
高さは約70cm程度、全体的に毛が少なめ。
つぼみは下に垂れ、咲く時には直立。
咲き方はナガミノヒナゲシと同じですが...

アツミゲシは 『あへん法』で許可なしの栽培は認められていません。
もし周囲で 見つけた際は警察・保健所まで通報なさって下さい。




近くにある 土手で・・
この か細い小さな花 ヒナギキョウ。
昨日のニワゼキショウたちの中に交じって咲いてます。
草丈は そこそこあるのですが、茎が細く花も小さく・・
土手も風がよく吹く...(イヤ(*ノρ))
hinagikyou2


そして 出かけ先の 河原の岩の間にも咲いていました。
河原はもっとも風がきつく 座り込むこと・・40分(;一_一)
それに加え 日差しが強くなり 紫外線も気にしつつ・・
とうとうやまない風に くたびれ・・
hinagikyou3


少しだけ 持ち帰って庭で撮影ε-(;-ェ-A ハァ。。
無風状態の場所で写してみましたが色がイマイチ飛んでしまってます。
少しでも、ヒナギキョウの可憐な表情伝わればいいのですが・・

hinagikyou4


あるがままに風に揺らめく
ヒナギキョウ

その細い体に ひとつだけの
あどけないほほえみ

瑠璃色の小さな君を
抱きしめたい...

■ヒナギキョウ(雛桔梗)■キキョウ科

分布 関東地方以西~琉球、朝鮮・中国・東南アジア・オーストラリア
花期 4~8月
草丈 30cmほど 
野原、河原、芝生の中などの日あたりの良い場所。

長い柄の先にキキョウにそっくりの花が咲くのが 名前の由来。
瑠璃色の小さな花は 枝先に一個ずつ咲く。

| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する