06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-05-11 (Fri)
近くの海岸。
防波堤越しに 何気なく海辺を見たら、ハマゴウの群生の中に、所々 オレンジ色になった部分がありました・・
それは遠目に見て 芝生が枯れているような色でもあり、コウボウシバが枯れてしまった?ようでもあり..」
砂浜の何箇所かに あちこち点在しています・・
ひとかたまりが 1m四方ほどの広がり。
不思議に思って近寄って見ると・・↓
amerikanenasikazura1


(・・。)?(?_?)なんだろう~~
こわごわ 少し接近してみました。

amerikanenasikazura2


こんなもの私は初めてです。
例えて言うならラーメンにも似ている・・
漁師さんの使う網にも見える・・、
これが植物だとわかるまで随分時間がかかりました。
この様子を見て 正直 ぞっ。
寒気がしたほどです( ((-。-) ))ブルブル…

この海岸は ハマゴウの群生地。
昔と比べると砂利浜もうんと幅がせばめられてハマゴウはじめ、植物たちも減ってきているといいます。
そのハマゴウが 苦しいと悲鳴をあげているではないですか・・

amerikanenasikazura3


amerikanenasikazura4


もやしの先っぽみたいな”芽”もあるようです・・
絡まったひもの中に見える これはもしかして 花が咲く前の蕾?!
でも、根も葉もないのです・・
amerikanenasikazura5


植物かもしれない・・そう思う反面 奇妙な物体としか思えなかった・・

調べてみると...

■アメリカネナシカズラ■ヒルガオ科 ネナシカズラ属

北アメリカ原産の帰化植物
葉緑素を持たない寄生植物。
河原・放棄畑・荒地の草原などで植物を覆って黄色の群落を形成する
花期 8~9月 多数の白い花を咲かせる。

地面で発芽すると、糸状の茎を長く伸ばし、どんな植物にも巻きついて、付着した所から吸盤を出し栄養分などを吸収。
その後 自分の根は退化して「根無し」カズラに。
そして幾つもに枝分かれし、周囲の植物から養分を吸い取り花を咲かせ、果実もつけて繁殖する・・
とんでもない厄介な植物だったのです・・

最近 花調べをしていて、あまりにも帰化植物の多さにおののいているのですが、海岸でも同じように、帰化植物が我がもの顔に 勢力を伸ばし初めていたのです・・
今はわずか一握りのものでも、何年後かにこの植物でこの海岸が覆われる景観を想像するだけでも怖くなりますよね・・
明日にも除去しなくては・・と思っています。

| 寄生・半寄生植物 | COM(6) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する