08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-05-18 (Fri)
在る所には 在った~第2弾( ̄ー ̄ふふふ…
林道の脇。
以前山歩きで 出かけた先でも見ていましたが、画像が揃わず放置していました。
こんななんでもない所にあるものなのですね((笑))
細い枝の 葉のつけ根をよーくご覧になって下さい・・

kagikazura1


(葉です)
kagikazura2


これは少し前に写した画像です・・
新芽の出初めた頃で、枝は四角形でした。
kagikasura5


今日見つけたツルには、新しい緑の鉤と茶色に変色した古い鉤。
kagikazura3


近づいて見ると...こんな感じ。
kagikazura4



■カギカズラ■アカネ科

常緑のつる性木本で、若い茎は四角。
分布 房総半島以南の山林や浜辺の林に自生する。
6~7月頃、葉腋の真上に花柄を出し、その先端に黄緑色の小花が集まった直径2cmほどの球状の花序をつけます。
葉腋には小枝が変化して出来た釣り針状に湾曲した鉤があり、他の植物にからみついて伸びます。

”カギカズラ”を調べていると、漢方薬として紹介されているサイトが多くその方面では名の知れた漢方薬だったのですね。
夏から秋にかけて鉤を採取して 日干しにしたものを釣藤鉤(ちょうとうこう)と呼び、高血圧や頭痛、めまい、子供のひきつけ、疳の虫に用いるのだそうです。
え?あんなものが??(^w^) って感じですが..

山に行くとたくさんのつる性植物に出会いますが、先日のアメリカネナシカズラのように 他に寄生して命を繋ぐもの。
このカギカズラのように 鉤を他の植物に引っ掛けて命を繋ぐもの。
それぞれ生命を守るための手段があるものなんですね。
とても興味深いものです。
そろそろ花もつき始める頃なので、観察を続けてみたいと思っています。








| つる性 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する