05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-05-24 (Thu)
以前、シロツメグサやオオキンケイギク、ヒナツメクサなどが咲いていた造成地の土手に..
いつのまに?
背のたかーーーーーい紫色した花がひょうひょうと風になびいていました・・
yanagihanagasa1


かなりきつい傾斜地で、よそ見していたらまっさかさまに下の道路に転落に為りかねないようなそんな足場にふらふらしながら・・(苦笑)
そばまで行きました。
1.5m高さで、紫がかったピンク色の3mmほどの花が 長い長い茎のてっぺんに咲いています・・
yanagihanagasa2


海をバックに・・よく映える?
ですが、高い所に花が咲いているので海からの風でゆらゆら・・
足もとふらふら・・目まいがするような感覚((|||__ __)/オエーーー
yanagihanagasa3


枝はとても硬くて ■形。
毛が多く 触るとザラザラ・・
yanagihanagasa4


■ヤナギハナガサ(柳花笠)■クマツヅラ科
別 名 3尺バーベナ

北アメリカ原産の帰化植物
生育地 道端、荒れ地、線路沿い
花 期 7月~9月
草 丈 1m 以上
花...3mmの紅紫色の花が集合して咲く  




同じ場所・・
この写真だと、土手の傾斜 伝わりそうです~ね?(左部分)(笑)
タンポポ?オオジシバリ?ヾ(ー。ー ヾ)ちがう~
草丈50~60cmぐらいありました。
butana1


花だけだと、誰が見てもタンポポですよね・・
butana2


キク科は ガク部分が大切と言う事なので・・
butana3


葉はとても毛深くて、茎も太かった~
1本の枝から分岐して枝を出してそこに又花をつける様子。
butana4


■ブタナ(豚菜)■キク科

ヨーロッパ原産の帰化植物
荒れ地や野原、造成地に多い
花期 6~9月
花の直径 2.5~3.5cm。
草丈30~70cmほど。
 
花茎には葉がつかない
茎の所々で分岐しその先に1つの頭花をつける。
地表面にロゼット状の葉を円形に広げる。
葉...両面とも毛が多い。
花...多くの舌状花からなり、花粉が放出された後に雌しべが延び柱頭が2つに分かれる。

1930年頃 札幌と神戸で帰化が確認され、その後全国に広がったとされます。
名の由来は 神戸で確認された際の命名でフランス名の”ブタのサラダ”を訳したもので 札幌では”タンポポモドキ”と命名されたそうです。

| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する