06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-05-25 (Fri)
今時期 林の中はどこを歩いても この花・花・・
全国分布だと思っていたのですが 関東より西地域の分布だとか。
hanamyouga1


去年の私ならば・・茗荷と間違えていましたが(苦笑)
でも、よく似てるんですよね...
時期も 場所も茗荷と同じ場所でしたので。
ゞ( ̄∇ ̄;)ォィォィ(引っこ抜けばわかるって!)
hanamyouga4


蕾の頃は薄いピンク色で目立ちませんが・・
開花すると・・
hanamyouga2


紅白のツートンがお目出度い印象( ・∀・)
一見 蘭っぽくも見えました。
hanamyouga3


■花茗荷(はなみようが)■ショウガ科

分布 千葉県以西、台湾、中国南部の林の湿地
草丈 40~60cm
花期 5~6月
常緑の多年草
葉や茎がミョウガに似ていて花をつけるので花茗荷
花..ひとつの花茎に20~30個の紅白の花を咲かせます。
種...冬に長さ約1.5cmの楕円形の赤い実をつける。
ニッケイの香りを数倍強くしたようなきつい香りがするそうです。
又”伊豆縮砂”といって薬用にされました。




先日 松林を通りすがった時に、この群生..。
何故こんな所に?!
何故なら海岸の岸壁近くで、少し見つけていて 
いつ咲く?明日く?..なんてずっと観察していたのです(/ω\)
そんな時に、この大群┐(´∇`)┌
iyokazura1


そして、これは実家近くの農道で。
海岸植物だと思いこんでいたのに(´-ω-`)こんな山手にもあることをはじめて知りました。
カズラとは言え、あまり蔓が延びないようです。
iyokazura2


星型でクリームイエローの小さな花は 私のお気に入り(*^v゚)v
iyokazura3


■イヨカズラ■ガガイモ科
別名(スズメノオゴケ)

分布 本州、四国、九州、小笠原
海岸に近いやや乾いた草地や藪。
花期 5~7月。
草丈 30~80cm

上部の葉腋に淡黄色の花を多数つける
茎は直立しますが先端がツル状になることもある。
葉は対生。
上部の葉脇に直径約8ミリの淡黄白色の花を多数つける。
袋果は4~6センチの広披針形。
花が赤褐色の”クロバナイヨカズラ”と呼ばれるものもあるそうです。

『イヨカズラ』は 愛媛県の伊予で発見されたのでこの名がある。
別名『スズメノオゴケ』は牧野富太郎さんの資料によると”オゴケ”は麻糸を積みためる鉢桶のことで、本種の果実の形からの連想して名付けられたのだそうです。





| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する