07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-05-30 (Wed)
昨日 少し離れた薄暗い原生林の中を歩いてきました。
人の手の入らない林は、樹齢何百年と言う巨大な樹木が立ち並んでいて真っ暗闇~コワイ...

所々に ”神の域です・・立ち入り禁止”の案内も見かけます。
道は道ではなく樹木の根っこが足場を作っているという感じ。
聞こえるのは 谷水の音ぐらいでしょうか..

あいにくの天気で小雨がパラパラ、薄暗い原生林の中は少し不気味・・
空さえ見えない林... 足もと見て歩くだけで精一杯(^^ゞ

そんな状況の中で ふと足もとに白く浮かび上がった物体・・
(*>ω<)キャー!!
これです。
ginryousou1


10cmほどの高さで 白いガラス細工のような、ロウ人形のような・・
植物の本でチラっと見ていたあれなのか・・(?_?)
横向きに見ると ナンバンギセルに似たパイプ型。

そしてこわごわと、、正面から
ginryousou2


これは 花?(でも葉がないのです)
それとも きのこの仲間?

(もう少し接近して・・)下から覗きこみました。
カメラをズームにして覗けば覗くほど 不気味・・
まん中の目玉のようなものが こっちを見ている気がして(((*´0´*)))
ginryousou3


写真を取り終えて回りを見回すと・・
肩を寄せ合うように 生えるこの集団( ;´Д`)
これは もう終わりかけの状態のようで傷んでいる様子。
ginryousou4


■ギンリョウソウ(銀竜草)■イチヤクソウ科
別名 ユウレイタケ

花期 5~8月
分布 日本全土の温帯~暖帯域
   山地のやや湿った薄暗い林の中
草丈 10~20cm

~腐生植物~
光合成はせず、腐った落ち葉や木の枝などを養分にして育つ。
葉緑素を持たないので全体が白色。
葉は鱗片状で互生する。
茎の先にうつむいた白い花をつける。
花冠は筒状で3~5裂する。
雄しべは10本。
雌しべの柱頭は盤状に広がり、やや紫色を帯びる。

| 腐生植物 | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する