07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-06-07 (Thu)


お散歩に来て下さる皆様に画像のトラブルで大変ご迷惑おかけして御免なさい・・でした。
FC2画像アップトラブルが やっと修復されたようです・・
”しばらくお休みします”と報告しておいて・・
(・ω・)……ン?休む間がなかった・・(_△_;〃 ドテッ!
でも、画像が1日1日増えているので、思いのほか早く改善されてホッとしています。



今まで出会ったイチゴの中で一番『葉』の大きなイチゴ。
私の生まれた里では お祭りやお祝い事の時、この大きな葉を木箱に敷いて箱寿司を作ったりするので、一番親しみのあるイチゴ。
hourokuichigo4


(直径23cm..)
他の葉でもいいのに、この葉を利用したのは 葉が大きいことと、棘が比較的少ないから???(よく解りませんが)昔の人の知恵だろうと思います。
hourokuichigo8


葉の裏は白く葉脈が目立つ...
hourokuichigo5


(托葉)葉の付け根にできる突起状のもの。
hourokuichigo7



花は 他のいちごの花とよく似ている...
直径3cmの5枚の白い花びら。
いちごの花って おおよそ、和紙のようにしわしわっぽいのが多いように思います・・
hourokuichigo1

hourokuichigo3



やや太い枝で、棘があります・・
そして どんな大きないちごが出来るの?!・・(笑)
と思えるような膨らみ・・
hourokuichigo2


いちご発見。
hourokuichigo6


■ホウロクイチゴ■焙烙苺(バラ科)

常緑低木
枝・・・2mぐらい
伊豆半島~沖縄に分布

ホウロクとは焙烙鍋のことで、上部の開いた浅い素焼きの土鍋。
イチゴだけを手で摘み取るとイチゴの真ん中が空洞になる・・
それを焙烙鍋に似ていることが名の由来。



| flower | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する