08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-06-13 (Wed)

いよいよこちら近畿地方も去年より1週間遅れで入梅しました。
昨夜から、そして今もしとしと雨が降っています。
雨が続くと、庭の草木も野の花も一気に成長してくれるので楽しみだけれど、写真撮影が思うようにならないのが難点(´-ω-`)
(それでなくても私の画像はピンボケが多いのに)(^w^)



線路の敷き石の上に今年も”コマツナギ”の花が咲き始めました。
komatsunagi1


今年はもう”萩”とは、間違えませんよ~(* ̄m ̄)
komatsunagi2


これは昨日河原で写したのですが 河原の方が開花も早く1mぐらいに伸びていて同じ花でも元気良さそう...
あたり一面群生していました。
川風にピンク色の花の穂が揺れて いかにも初夏らしい風情を感じました。
komatsunagi3


マメ科の葉は 折り目があるからおもしろい...
komatsunagi4


■コマツナギ(駒繋ぎ)■マメ科

分布 日本全土、中国
河原の乾いた砂礫地や野原に生える落葉小低木
花期 7~9月
樹高 60~1m
花...葉の脇に淡い紅紫色の蝶型の花をつける
葉...羽状複葉で、小葉を4~5対。夜になるとたたむ。

名の由来は
根が土の中に深く入り、馬を繋げられるほど丈夫というところから『駒繋ぎ』となったそうです。




昨日 河原にて...
久しぶりに行くと、河原全体にいろんな植物が青々と茂り初めていました。

????あれ?(・_・;?あれ??????・・と一度見て・・
もう一度振り向いて(苦笑)
”ママコノシリヌグイ”ではないぞ・・なのでした。
unagitsukami1


川岸に近い少し湿ったところに 赤い茎が良く目だっています・・
unagitsukami2


一番上に こんな花が。
花だけならばミゾソバ?ママコノシリヌグイ?となりそうです
( ̄∇ ̄;)
unagitsukami3


でも
下につく茎を抱いた細長い葉...
そして包まれるように2mmほどのかわいい花が咲いていました。
ファインダーを覗いていて あまりの可愛さにシャッター押すのも忘れて見入ってしまった私でした・・
unagitsukami4


茎や葉の裏の中央の筋に逆向きの毛が生えていました。
触って見たけれど、ママコノシリヌグイほど痛くは感じなかったので、浅い棘なんだろうと思います。
unagitsukami5


■ウナギツカミ■タデ科

分布  北海道、本州、四国、九州
花期 4~6月
草丈 20~30cm
水田、荒地 に多い一年草

アキノウナギツカミとよく似ていますが、小型で、春咲き。
茎には短い刺が下向きに生える。
葉は互生。
アキノウナギツカミより葉幅が広く、矢じり形で茎を抱く。
枝先に10数個の花をつける。




| flower | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する