08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-07-09 (Mon)
知人に教えて頂いて”ホウライカズラ”を見てきました。
海沿いの林の縁...
最初どこにあるのか探すのに行ったり来たり。
花は葉の後ろに小さく、葉と言えば特に目立つ葉でもない。
houraikazura1


下から見上げるようにして写しました。
花の大きさはテイカカズラぐらいかな・・
咲き始めは 星型に開いているようですが、だんだんと黄色っぽく花弁の先端が後ろに反り返っていくみたい。
houraikazura2


無理やり((笑))枝をひっくり返してみれば・・
葉の脇に ひとつかふたつ花をつけるようです。
houraikazura3


海沿い5km余り歩いてみましたが、その場所一箇所だけしか見当たらなかったので、そう数は多くはないと思います。
知人いわく、花よりも秋のオレンジ色の実がとても綺麗だとか・・
これは是非もう一度その頃訪れなければ・・

2015年12月 果実は→こちら

■ホウライカズラ(蓬莱葛)■マチン科

分布 本州(千葉県以西)、四国、九州、沖縄
花期 6~7月  
果期11~12月

常緑のつる性で林内に生える。 
葉...単葉で対生 革質で光沢があり厚い
表面は濃緑色で無毛。全縁。葉先は鋭尖頭。 
花...葉腋に5弁の白色の花を1~2個つけて下に垂れる。 
5本のおしべは淡い黄色
果実...1cmで橙色に熟す

名の由来 珍しいつる性植物なので中国伝説の蓬莱山にちなんでつけられたそうです。




近くの土手。
下に降りようと、ススキの葉を払いのけようとしたら・・
ここにも(^w^) 蔓が絡んでいます。
その名もかわいそうな”ヤイトバナ(ヘクソカズラ)”
でもかわいいので好きな花のひとつです~
ちょっとしたススキのオブジェに見えました(v^ー^v)
hekusokazura1


花の中央に見える2本の白い糸はオシベなんだそうで・・
hekusokazura3


庭のモントブレチアも今 これにぐるぐる巻きになってますが、毎年必ず同じ場所に生えてくる健気さ。
増えもせず耐えもせずそこに咲いてくれる姿に幼少の頃を思いだしています...
花を 鼻のてっぺんに乗せて、何歩 歩ける?!
そう言いあって競い合った日暮れの帰り道。

ヤ・イ・ト・バ・ナ・
今 『花』に手をひかれ 気持ちはあの頃へ...
hekusokazura4


■ヤイトバナ■アカネ科
別名 ヘクソカズラ・サオトメバナ

分布 日本全土
草むら~森林など、場所を選ばずどこにでも見られる。
花期 8~9月
花 先端が5つに分かれる1cmの花
外側は白色で中心部と筒の内側は紫紅色。
外側には毛が密生
雌しべは2本で柱頭は花筒から出る
果実 5mm。はじめは黄褐色で冬に光沢のある茶褐色になる。
ドライフラワーやフラワーアレンジメントなどに利用されています。
| つる性 | COM(4) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する